« パンダが町にやってきた! ① ・・・それも、ハコダテに。 | トップページ | パンダが町にやってきた ③ー ハコダテ滞在70数日間 »

2013年12月24日 (火)

パンダが町にやってきた ② -何でハコダテに??

002
  函館にやってきたパンダは2頭、

 あとでその事に触れるが、

 主人公?をとりあえず紹介しときましょう

 といっても、そのうちの片割れだけですが、

 これがそうです。

   ジャィアント・パンダ 大熊猫 ダァ・ション・マォ

   「辰辰 ヂェン・ヂェン」と「慶慶 チン・チン」

   これはそのうちの「辰辰 (日本ではシン・シン)」

     この2頭がナンデ?ハコダテに??

   の答えはいたって簡単。

     昨日も書きました、イベントの「人寄せパンダ」として

   呼ばれたビックゲストなわけです。

     ここで、取り上げているのはその経緯なんですが、

   これが、もう一つの意味の「ナンデ?」です。

     つまり、これほどの大物?になるとそうそうは簡単に

   お出ましにならんわけですよ。

     国賓級ですからね、なんせ。

    昨日は、そのパンダがおいでになった?1988年という

   としの日本を書いた。

     バブルの匂いがし始めた日本は、光GENJIが踊り、

   国全体でも浮き足立ってきたそんな雰囲気のなか、

   某高級車が新しい車社会のステータスとして登場するなど

   これから続くバブルを盛り立てていた。

     一方その頃の函館は。

     この「青函博」がすでに取りざたされていてであろう、

   2年前、春、1986年。

     当時の市長、函館市第5代、柴田市長が突然の辞意を

   表明し、市長職から降りる。

     任期半ばで現職市長が、突然の辞職。

     このパターンは大概、外から攻められて辞めさせられる、

   のがその殆どだが、この場合はそれとは違い、かなり珍しい

   ケースで、ご自分からお辞めになると・・・。

      その辺の事情はこのパンダ話とはあまり関係ないので

   先を急ぐ。

     その後を引き継いだのが、

    第6代、木戸浦隆一市長。

      当時は、道議会議員だったかれが、地元に戻るかたちでの

    新・市長誕生となった。

      それから、わずか準備期間としては、2年を切って、

    このビックイベント「函館EXPO′88」を迎えることになる。

      無論、イベントの中身などは市長が直接指揮するよりも、

    事前に恐らくその準備委員会的なものが、作られすでに動いて

    いたことでしょう。

      でもこの時点ではまだ、パンダのパの字もでていない。

      イベントの柱を何にするかは悩ましい。

     青函博だから、それにふさわしい展示物がいい

     では、ふさわしい?展示物ってなんだろう??と

     関係者も頭を悩ませたはずだ。

      この辺からは絶対に、パンダにはこれない。

      なんのゆかりも関連性も見いだせない。

      当社はそうした、新幹線技術を見据えての、

    リニア・モーターカーを走らせよう、との計画があったことが

    窺える。これはもう、直ぐに、費用の面でとてもその

    イベントにかける予算の数倍を計上しなければならず、

    早々に立ち消えとなる。

      二番手はなにか、

     円高ニッポン、

    ご記憶の方もおられるでしょう。 当時話題になった、

    某生命保険会社がオークションで競り落とした

    名画、ゴッホの「ひまわり」が候補としてあがった。

     これも唐突?なんで青函トンネルにゴッホなの?

    てのはあるが、まだこの頃は迷走していたことがうかがえる。

     そっから、パンダへの飛躍と、

    パンダ計画?を打ち出したところで、何度も言うが、

    国賓級のビックなお客様、パンダを迎えるにはそうそう

    簡単なことではない。こっからもまた紆余曲折があったはず。

    でも、いまこうして描いているように

     ハコダテ市はパンダ誘致に成功するわけです。

    これは凄いです。

     凄くないですか??

     この話まだ続きます。

       

|

« パンダが町にやってきた! ① ・・・それも、ハコダテに。 | トップページ | パンダが町にやってきた ③ー ハコダテ滞在70数日間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90348/54363371

この記事へのトラックバック一覧です: パンダが町にやってきた ② -何でハコダテに??:

« パンダが町にやってきた! ① ・・・それも、ハコダテに。 | トップページ | パンダが町にやってきた ③ー ハコダテ滞在70数日間 »