« 中国・山西省・太原で爆発事件 | トップページ | これも!、自転車もありなんだぁ~  8888 »

2013年11月 8日 (金)

車体広告

Uhttp___newswinshangcom_member_fck_
  このところ続いていますこの問題、

  某ホテルから始まって、

  レストラン、デパートと

  連日の「わるうございました・・・」のお詫び会見。

  大変ですね。

    これ、中国でも報道されるようになりました。

  「食材造假 シィ・ツァィ・ズォ・ジァ」と言ってますから、

  謝罪会見で頻繁に使われている「誤表示」何てなのではなく、

  ハッキリ、「造假」ニセモノと看破されてます。

    しかも、日本のマスコミが好んで叩く、ニセモノ天国?

  中国からも指摘されてます。

    マスコミは叩く相手が変わっただけ。

   中国語的には、わたしはそちらよりも今回とは全く関係は

  ありませんが、この「食材」の使われ方に注意が。

   これって、「食材」は日本語取り入れてます。これまで中国語

  にはこの使われ方がなかったのが、これで大丈夫なんだ・・・と

  こちらに目がいきます。

    中国での一般的に「材料ツァィ・リャォ」は、

    日本語での「資料」にあたります。会議での書類の資料とか

    そんな使われ方が一般的です。

   それはさておき、

 

  さて、同じ?表示の問題でも今日はまたちょっと前に

  戻りまして、「車体広告」の書き残し、というかご質問に

  お応えしてちょっと、この話題をもう一度。

Bx333_11 

 結論から先に言いますと、

日本の「車体広告」が駄目?とは

言いませんが、なぜにその香港や

台湾や大陸よりも見劣りするか?

   という、ご指摘ご質問ですが、

   簡単です。日本のそれは「字」に頼りすぎてるからです。

Rbus31 「字」が多すぎます。

 「字」で何かを訴えようとしてますので、

 どうしても車体全体が文章で覆われ

 ることになります。

  となると、見る方はその「字」を追って

   読まされることになります。

    これだと、見てるんではなく、読んでるんですね。

Wrap021 「車体広告」ですから、

 書かれてる場所が「車体」ですので、

 クルマが移動することを基本考えれば

 こんなに「字」を主体にしちゃダメで、

   見てすぐわかる「広告」が望ましいわけですよね。

   文字による情報は、各人の呼んだ側のイメージにまかせる

   部分が多く、どうしてもボンヤリ、各人各様となります。

   「字」を最小限にして、視覚に訴えるそんした方が・・・と、先日来

   言っているだけでして、色使いなんかは日本人が好きな色を

   そのまま使えば良いだけのはなしです

    色が派手だから、目立って良い、というお話ではないのでして、

   そこは勘違いなさらないでください。

     日本の街にあった、色とデザインがあるはずです。

    ということで、答になってるでしょうか?

   そんな、「車体広告」の走る自治体がありましたら、

   どうぞ、お教えください。






|

« 中国・山西省・太原で爆発事件 | トップページ | これも!、自転車もありなんだぁ~  8888 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 車体広告:

« 中国・山西省・太原で爆発事件 | トップページ | これも!、自転車もありなんだぁ~  8888 »