« バイク、バイク、摩托車、ひと、ヒト、人ー台湾 | トップページ | 今週の中国語、ありえな~い! - 不可能ブゥ・クゥ・ノン »

2013年11月29日 (金)

オートバイ・モーターバイクの想い出 ー 懐念的摩托車

   これで、摩托車モゥォ・トゥォ・チュゥ の話を終えようと思う。

 もともと、わたしはバイクに取り立てての関心もないし、況や

 その乗り手でもない。

   ですので、わたしのバイクに関する、それも中国との絡みでの

  そうした想い出は多くはないし、深くもない。

  そんなわたしでも、

   二つあって、一つは留学中に友人の友人のそのまた知り合い、

  という人がわざわざわたしを訪ねてきて、友人を交えて一席設け、

  その彼がわたしに言い出したのが、

    留学の身分でも、日本から自分用にということで、日本製バイク

  を手に入れる、輸入することはできないのか・・・?という

  質問と言うかお願いと言うか要請というか、そんなありがたくもない?

  お話をいただいて丁重にお引き取り願った。

     これで分かったのは。

    日本のバイクは、人気があるんだな、ということが分かった。

    因みにH社製のバイクは、中国では相当憧れの的であり、

   お値段も高いらしいということを知った。

U234102754478229410fm21gp01 いま一つは、

 いまでもありますかねぇ・・・。

 これナント言うのか判りませんが、

  バイクの白タク?みたいなもんです。

   つまり、普段は自分の自家用のバイクで、客をつかまえては

  タクシー替わりにどっかへ運ぶお仕事ですが。

   駅前や繁華街にバイクがたむろしてまして、

   勿論値段は行き先を言ってからの交渉次第ですが、

   タクシーよりはずっと安い。

   でも、中国ではタクシーでも怖~いのに、

   これはもっと・・・その数倍恐ろしい。何せホラ、運転が。

   更にこちらは生身。ヘルメットは渡されるが、それも形だけの

   ものだし、運転手のおじさんは、「もっとしっかりつかまれ!」

   と言うが、おじさんの腰に回した手がどうも・・・。

    それなのに、というかそんなことにはお構いなく、おじさんは

   「急がなくてもいいです!」というわたしのこころからの訴えには

   耳を貸さず、スピードを上げ車を縫うように車線変更を繰り返し

   目的地へ突っ走る。生きた心地がしない。

     そんな思い出の、バイクタクシー。

     滅多なことではわたしはだから乗らない。

    ある日、田舎の駅について、客待ちタクシーもタクシーの台数が

   すくないのか、出払っていない。バスでも行けるらしいが、行って

   来ての往復を考えると、バスの待ち時間も入れてちょっと帰りが

   心もとない。そんな駅前にもこのバイクタクシーはいる。

    ここはしょうがない。安全性を多少犠牲にしても・・・・。

    何せこの辺だと、外国人が泊まれそうなホテルもないだろうし。

    この場所に戻って更にまた、今きた大きな都市に戻らなくては。

    帰りの列車に乗る為には、時間が限られている。そんな時に

    乗ったそのバイクタクシーが今でも忘れられない。

     怖かった!運転手のおじさんは中国人にしては珍しく!!

    とても親切だった。親切だからと言って運転が上手いとか、慎重

    とかはならない。これがかなり派手!!「ヒェ~・・オジサ~~ン

    ヤメテ~!!」というわたしの声を楽しんでるかのようにおじさんは

    スピードを上げる。「帰りは何時の列車だ?」と聞いてくる。

   「午後の××です」とわたし。それを聞いたオジサンがまたまた

   スピードを上げた。エェ・・??わたしの行こうとしてるとこはそんなに

   遠い??でもオジサンとの交渉で決めた料金はたったの×元?

     最後までその真相は結局分からなかったが、いま思うに、

   あのオジサン、単にバイク好きのそれもレーサー系?の人だった

   のではないかと思う。

    あれが一番のおもいでだなぁ・・・と振り返っている。

    もう、ないだろうなぁあのバイクタクシー。よっぽど田舎に行きゃぁ

   まだあるかなぁ・・・、乗ろうとは思わないけど・・・・。

U427557909803132292fm23gp01
 ついでに、同じバイクでも

 こんなんのもあります。

  こちらはまた、上の例とは逆に

 めちゃくちゃ、ノンビリ走ってくれます

   そのノンビリさ加減が度を越していて、

    もうちょっと早くしてくんないと、間に合わないよ!!と

   こっちはこっちでそんな心配でお腹が痛くなります。

    どっちもどっち、だなぁ・・・。



|

« バイク、バイク、摩托車、ひと、ヒト、人ー台湾 | トップページ | 今週の中国語、ありえな~い! - 不可能ブゥ・クゥ・ノン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オートバイ・モーターバイクの想い出 ー 懐念的摩托車:

« バイク、バイク、摩托車、ひと、ヒト、人ー台湾 | トップページ | 今週の中国語、ありえな~い! - 不可能ブゥ・クゥ・ノン »