« 羊肉料理といえば、これー羊肉串ルヤンロゥツァール | トップページ | はこだてグルメサーカス2013、始まりました。 »

2013年9月 6日 (金)

はこだてグルメサーカス2013年ご案内ー函館日中

001

 

 

  いよいよ、

 明日、明後日に迫りました

    はこだてグルメサーカス2013

     のご案内をいたします。

   地元の方は、地元新聞に連日掲載されております。

   このイベントの公式ホームページもあるはずです。

   いよいよ、明日からです。

   先ほど会場付近を通ってきましたら、もうずら~っとテントが

   並んでいました。

    何張あるんでしょう、白いテントがびっしりです。

    会場はそれぞれの色分けとして、上の図をご覧下さい。

   「開港都市と姉妹都市のひろば」 ピンク

   「翼でつながる東京・大阪・名古屋のひろば」 ブルー

   「函館と東北6県のひろば」    オレンジ

   「みなみ北海道ひろば」       グリーン

  と、色分けされておりまして、その色分けで配置されております。

    その配置が

002
このようになります。

この図ではちょっと

地元の人でないと

どこがどこやら・・

でしょうが、

  大丈夫、折角いらしゃるんですから、ぜ~んぶご覧になって

  ください。ブラブラ歩いても大した距離ではありませんし、

  店がずら~ッと連なってますので、覗いて見て歩くだけでも

  楽しいとおもいますよ。

    話題はそれますが、このブログの前の方でも書いてますが、

  本来、街はこうした楽しさを持っていたんですね、

  こう、ブラブラ歩きながらショッピングもでき、軽い食事もでき、

  疲れたらちょっと休む場所もあり・・・が街のもともとの形でした。

    街はそうしたところにできて、その形態が大きくなって都市

  となって、更に発展して行った経緯があります。

     何が言いたいかといいますと、中国が今ちょうどのその

  移りゆくその途中の段階にあって、先日何度か書いてますが、

  その中国の猥雑さ、というかごみごみごちゃごちゃしたところが

  魅力なんであって、近代化を目指す中国、それをブルドーザー

  で一気に新しいビル群にしようとしていますが、これって、

  結局はいまのような、賑わいを失なった町づくりに近づくこと

  になるのでは、と警戒しています。

    このグルメサーカスの会場となります、地元の人から大門と

  呼ばれるこの一帯は、かつてはそういう地域だったということです。

   なんだか、ごちゃごちゃ小さな店やら、小路なんかもいくつも

  あって、店と店が軒を連ねていました。

    それが、今や、ビルどころか空地だらけの一角となっています。

    グルメサーカス昨年は予想を上回る人出だったようで、

   一時この地域に賑わいが戻ってきたかのようです。

    それを今年もまた、やってみようとの試みです。

    一年のうちのわずかな日ではありますが、何にも手を打たない

   よりも、それが例え数日でも賑わうことはいいことです。

     そして、これがキッカケとなって違うまた催しなどで、

   或いは街づくりそのもののを練り直して、

     これまでの軌道修正がされるそうなればもっといいと

   思います。

     話を戻します。

    わたしども、「函館日中友好協会」は、

    ピンクの「開港都市と姉妹都市の広場」エリアに参加して

   おります。お立ち寄りください。

 Photo


  美味しい美味しい

  羊肉串ルヤンロゥツァール

   がお待ちしております。

     肉もたっぷりで2串 300円です。

   では明日会場でお会いできるのを楽しみにしております。

 

 

|

« 羊肉料理といえば、これー羊肉串ルヤンロゥツァール | トップページ | はこだてグルメサーカス2013、始まりました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: はこだてグルメサーカス2013年ご案内ー函館日中:

« 羊肉料理といえば、これー羊肉串ルヤンロゥツァール | トップページ | はこだてグルメサーカス2013、始まりました。 »