« 函館日中・今日の中国語教室お休みです! | トップページ | “三峡ダム”の、やっぱりね。 - 果然是三峡大壩変成垃圾場 »

2013年7月16日 (火)

中国式避暑法 紹介

   本州方面は連日の猛暑だそうです。その話題が毎日。

  それを聞かされているこちらには全く現実感がない。

  気温の差もさることながら、この現実感の温度差?の方が

  大きいかも。申し訳ないが、まるでその感じが共有できない。

    絶えられない暑さ、というのも大変ですね。

    暑い地方のみなさん!どうぞ、涼しい函館へいらしてください。

 今日も、 朝は17度くらいしかありませんでした。日中は少し上がる

 でしょうが、それでも知れてます、また、夕方から日が陰ればグンと

 涼しくなりますので、快適ですよ!!

   避暑の一番の方法は、熱いところから逃れる。この手に限ります。

Tnca1xs8u6
中国・北京もそれほどの猛暑ということでも

ないようですので、日本だけですか??

それも関東地方が?

  中国は広いですから、避暑に最適の場所はいくらでもあります。

  ちょっと、山間に入れば温度はグンと涼しくなります。

   世界中どの国も同じですが、都市が熱いんです。都市自体が

  もつ熱で、気温を更に熱くしているといってもいいでしょう。

    そっから、逃れるのが一番の早道でしょ。

    とは言っても、誰もがすぐにそう出来るはずもない。

  では、では、大都市に住む人たちの熱波対処法はどんなのかを

  中国の大学生たちにその避暑法を教えてもらいましょう。

Tncac4fzux  ものを冷やすには、二つの方法があります。

  空冷か水冷かですが、中国の学生たちは

  もっぱら水冷を選んでるようです。

   洗面所の上にペットボトルに穴を開けた

  ものを吊るしてこれで、簡易のシャワーに

   しようというものでしょう。これ簡単でいいかも。

    大学はシャワー室利用時間なんてなのも決められていて、

  いつでもシャワーを使えるわけではない。となればこれですよ。

Tncapfzb40
こちらはそれならいっそのこと、洗面所に

水をはりその中に身体を浸してしまえば

水冷そのもの。もっと手っ取り早い、という

   ことでしょうか。

    余裕?で手機(ケイタイ)で何やら連絡などしてます。

Tncal195dv  とりあえず、もの周りにあるものを利用。

  暑くなれば当然水分をとる。その後に残った

  大量のペットボトル、これを利用しない手は

  ない。こちらは、そのペットボトルに水を満たし

  ズラッと並べてこれを下にしたベットを。

   水冷ベット。この上に寝ようというやつです。

    ペットボトル大活躍ですね。

Tncanzfrkk
  こちらは、その中間。

  手足首を水冷。

  でもこれ、かなり寝相がよくないと

 いけませんね。

   それに、この状態で寝れるのかどうかはちょっと・・・。

   あとは、彼らの避暑法の代表は、

   ひたすら脱ぐ。着衣を減らし、暑さを逃れる。

   上の写真のように、夏は短パン一枚の学生が大量発生。

   究極な~んにも身に着けないというところへ。

   その写真は残念ながらここでは紹介できないのですが、

   そんな恰好でコンピューターに向かってる。

   でも今の電脳は危険ですよ、カメラが装備されていて、

   いつ向こうにその姿が届いてないとも限らないですから。

   中国ももうそろそろ夏休みに入りますよ。

  ちょっとだけ、序でに中国の大学の夏休み風景を紹介。

   この時期、中国の大学は、特に有名大学は、夏休み期間、

  国内からの見学者、我が息子が入学した学校を見に、

  わが子を来年こそは入れたい大学を見学に、などなど

  一杯の見学者で大学構内は溢れてます。

    中国の大学生が帰省したりしていなくなるその隙間?

  に今度は、夏休みを利用した短期留学の各国からの

  留学生が来たりします。

   ですので、中国の大学、夏休みといえども賑やかです。










|

« 函館日中・今日の中国語教室お休みです! | トップページ | “三峡ダム”の、やっぱりね。 - 果然是三峡大壩変成垃圾場 »

コメント

ブラ 時計 セイコー http://www.hardyimplication.info/

投稿: 時計 セイコー | 2013年7月28日 (日) 00時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国式避暑法 紹介:

« 函館日中・今日の中国語教室お休みです! | トップページ | “三峡ダム”の、やっぱりね。 - 果然是三峡大壩変成垃圾場 »