« 中国情報誌『隗報』第95号、発行のお知らせ | トップページ | 世界へ飛び出す若者から・・ - 『隗報』第95号より »

2013年6月26日 (水)

宣昌と三峡ダム、永遠の課題・治水ー「隗報」95号、浜さんの文より

Tn4 浜輝雄さんの、投稿文章は前号よりつづいて、

 宣昌イー・チァンという町に居られた頃の印象を

 つづった「中国レポート」。この号で4回目です。

  毎回興味深い話題が続いてますが、

  宣昌と聴いてすぐに、「三峡」を思い浮かべた方はかなりの中国通です。

   ということで、今回はその三峡にかかる、ダムを取り上げています。

Tn2
 人類にとって「治水」、川の氾濫や、逆に渇水から

 どう逃れるかはどの国にとってもある意味、永遠

 のテーマであります。

  そして、それはいまだに変わっていません。

   いわんや、中国ではその長い歴史の間、ず~ッとこの間、この問題に

   頭を痛めてきました。それは、これまた中国の歴史に詳しい方には

   お判りでしょうが、禹の国の時代から営々と今なお引き継いでいる

   問題でもあります。 「治水」これが上手くいくかどうかに心血を注いだ

   人たちがこの時代からいるわけです。

Tnca22v0ib
  そして、これまた有名な例の四川大地震で

 話題になったあの堰に掲げられている、「治水」

 の最終的極意は此処にあるだろう、というその

   額ですが、確かにあの堰は当時にあっては画期的だったのでしょう。

    で、今回の話題は更に近代になって、「治水」はその目的のみ

   ならず、ダムを利用してのその発電能力とか、また別の問題をも

   加味備えることとなりした。

Tn11 今でもあると思いますが、いったい、ダムって本当に

 必要なの?という考えですね。

  そんな考えを木端微塵に砕くダムがこれです。

 とんでもない、ダムなんです。「三峡ダム」は。

 そんじょそこらのダムとは桁が違いすぎます。

   中国にとっても百年(ホントはもっとそれ以上)の国家プロジェクト

   でした。わたしなんかは、一番最初にその話を耳にしたときに、

    ・・・つまり、三峡に長い長いダムを造る、・・・という話ですが、

   またまた中国的発想!!と半分は本気にしてなかったんですが、

   これが真面目に本気でやっちゃうとこが、これがまた中国。

Tncayh47th

 三峡下りは一度しかしていませんが、もうその頃

 から、ダムが出来たら・・・の話はそう言えばして

 いました。両壁の岩を指してあの辺までダムが

   完成すれば沈むんですよね・・・と。でも、その頃はまだまだ現実感は

   ありませんでしたが。

Tn9

 それがなんと!恐ろしいことに本当になって

 しまいましたよ。

  本気だったんですね!!

   もちろん、これだけのものですから、さまざまな影響がないわけが

   ない、というか、始まる前から分かってたというか、人は勿論ですが

   自然界にも、植物にも、周囲のすべての動物・魚類にも影響は

   出ていますし、今なおその調査をしている人たちがいます。

Tncab3n53n

  そうした影響がどう表れ、どんな問題が

 あるのかは、浜さんの文章

  「中国レポートⅣ」

    〝三峡ダム〟完成と国民が得たものと失ったもの

   をどうぞご覧下さい。

     『隗報』ご希望の方はご連絡ください。










|

« 中国情報誌『隗報』第95号、発行のお知らせ | トップページ | 世界へ飛び出す若者から・・ - 『隗報』第95号より »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宣昌と三峡ダム、永遠の課題・治水ー「隗報」95号、浜さんの文より:

« 中国情報誌『隗報』第95号、発行のお知らせ | トップページ | 世界へ飛び出す若者から・・ - 『隗報』第95号より »