« 相像シャン・シャン・相似シャン・スゥ・很像ヘン・シャンーそんなに、似てますか | トップページ | 欺騙チィ・ピィェン、上当シャン・ダンー騙す、騙されるについて考える »

2013年5月14日 (火)

一模一様イームゥイーヤン、 瓜二つ、について考える

     昨日、人違いをされたことについて書いた。

  暫くぶりでそうしたことがあった。これ、一人ではなりたたないので、

  勘違いしてくれる相手がいて初めて成立する。

   だとするなら、そのわたしに知り合いであるかのように声を

  かけてこられて方は、そのまま気づかずに今もわたしを

  わたしでない誰かと思い続けているのだろう。

    ××さんに会った、と。

   経験がおありなら、声をかけられたときの対応に結構困る

  ことは理解していただけると思う。

  何せ突然。こちらがその状況を認識するまで多少の間が。

  相手は思い込んでいるので、それをいきなり打ち消すのに

  タイミングがずれるともういけない。また、その途中にあって

  なお、こちらはこちらで、相手が本当に自分の知り合いでない

  ことを確認する作業と時間が必要。

    一体どれくらいの割でこうした勘違いされやすい人は

  存在するのだろう。一生に一度もそうした経験がないという

  方もおられるのでしょうね、きっと。別に羨ましくはないが。

Tnca8ivxwq では、その逆がないかを考えてみよう。

   わたしが誰かを人違いした時が

 ないか・・・、だ。ある。

  明確に記憶にあるのは二度だ。

   でも、いずれもこちらから声をかけるまでには至ってない。

    例一、は明らかにこちらがすぐに気付いた。あり得ない。

   何故かと言えば、わたしがアッ!と声を上げそうなくらい

   似ていた遠い親戚似の人は、もう亡くなっており、その人に

   あったのは中国・雲南省であったし、その点で直ぐに気づいた。

   わたしの勘違いであることに。

    雲南・昆明の某自由市場で会ったおばさんは、祖母方の親戚

   のオバサンに、一模一様イー・ムゥ・イー・ヤン、瓜二つ。

   本当のよく似ていた。背丈、体格、声、顔に刻まれた皺までが。

   思わずドキッ!としたが、数年前にそのおばさんは亡くなって

   いたし、何よりここは中国だ。あれで、場所が日本で、まだ

   存命だったときなら、どうだろう。でもオバサンがそんな市場で

   仕事をしてないのだから・・・場所で気づくだろうか。

      例二、こちらは日本国内。某ローカル線の飛行機の中。

   わたしが見かけたのは、友人のお兄さん。似てる。確かにそう

   だと思うが、どっか違うところもある。数席前に座っているその

   人に声を掛けようかどうか迷った。友人とは時折会ってるが、

   お兄さんとは何年かお会いしていない。挨拶すべきだろうか?

   顔も背丈もそっくり。この路線に乗っていても不思議はない。

Tncaivgt3z  結局わたしは声をかけなかった。

 正解だった。人違いだ。飛行機を降りてから

 荷物を受け取るにちょっと傍で様子を見て

   ると、声が違う、振る舞いが違う、もっと違うのはその人が

   関西弁で話しているのを聴いたから。

     声を掛けないないでよかった、と胸なでおろしたが、

   それにしてもこの二例とも、本当に瓜二つ。

     二つとも、ギリギリのところで難を逃れているが?

   もし、わたしがもう少しそそっかしかったり、積極的に話かける

   人であったなら、当然声を掛けていたかも知れない。

    冷や汗が出る。世の中、似ている人はいるものだ。

Tnca56pauz_2  一模一様の代表としてこうした

 双胞胎スゥァン・バォ・タィ 双生児の人たちが

 いる。とりわけ一卵性双生児といわれる人たち。

 中国でも時折目にした。一人っ子政策の中国。

    流石に双子は規制?できないので、こちらはおとがめなし?

    多分この人たちの一生って、勘違いされ放題??

     そうした人生にもまた興味ある。

Tnca1ns44t_2 始終勘違いされるなら、そんなことには

 慣れっこになって、すぐにそれは姐の

 ことですね、とか、それは妹ですよ、とか

 軽く躱せる?ようになるものなのだろうか。

    実はわたしは今でもその人違いされたことに何故か拘り、

    その声を掛けた人は今でも・・・・と思うと、

    ちょっと落ち着かない。

|

« 相像シャン・シャン・相似シャン・スゥ・很像ヘン・シャンーそんなに、似てますか | トップページ | 欺騙チィ・ピィェン、上当シャン・ダンー騙す、騙されるについて考える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一模一様イームゥイーヤン、 瓜二つ、について考える:

« 相像シャン・シャン・相似シャン・スゥ・很像ヘン・シャンーそんなに、似てますか | トップページ | 欺騙チィ・ピィェン、上当シャン・ダンー騙す、騙されるについて考える »