« 函館は今日も雨だった・・・ ー ♪ 泪的小雨 | トップページ | チョークで黒板に描かれる芸術 ー 黒板報ヘィ・バン・バォ »

2013年5月 4日 (土)

『島国チャイニーズ』-今週読んだ本、日中は何故理解しあえないか

001
  今週読んだ本、はこちら。

  『島国チャイニーズ』

    野村 進 著

     講談社発行

    2011年発刊

    定価1600円

   まず、軽くこの本の紹介を。

   こちらは月刊『現代』に2009年~10年に連載されたものに

  手を入れて発行されたものだそうです。

   連載当時は「チャイニーズ世界の旅」としていました。

   それは同じ著者の先に出版された『コリアン世界の旅』に続く

  ものとの位置づけだったのでしょう。

   因みに著者は、1956年生まれのノンフィクションライター。

    月刊『現代』連載中は読んでませんで、今回始めて手にし

  読みました。300ページ程度のハードカバー本です。

   余り細かに中身を紹介する気もありませんし、そういう場でも

  ありませんし、そのスペースもありません。

   いきなりですが、著者の「まえがき」の一部から入ります。

   ・・・・ いま中国と中国人に対する日本人のイメージは、まちがい

  なく戦後最悪である。

   2010年末に内閣府が発表した調査結果では、中国に「親しみを

  感じない」とする回答が77・8パーセントにのぼった。10人中8人

  までが、中国に親しみを感じていないことになる。逆に、日中関係を

  「良好」とみなしている回答は、8・3パーセントにすぎなかった。

   その理由は、21世紀に入ってから日中間に起きた出来事をあげて

  いくだけで、おおよそ浮かび上がってこよう。中国人留学生らによる

  福岡一家4人殺害事件、毒入り餃子事件、たびかさなる反日暴動に、

  きわめつけは尖閣諸島における中国漁船衝突事件および中国側の

  高圧的な対応である。これでもまだ8・3パーセントの日本人が日中

  関係を「良好」と考えているのが、はなはだ不思議なくらいだ。

   それにもかかわらず、日本に長期滞在したり定住したりする中国人

  の数は急増しつつある。法務省が発表した外国人登録者数によれば、

  在日中国人ならびに台湾人は2010年度で68万7156人を数え、

  在日韓国・朝鮮人を12万人以上も引き離して第一位となっている。

    ・・・・・

    それにもかかわらず、・・・は私の強調だが、まさにこの、

    それにもかかわず・・・なのである。

    著者の言う、「島国チャイニーズ」の「島国」は日本で、

   中国人ではなく、いま日本に暮らす「チャイニーズ」を訪ね

   インタビューし感じた事を纏めている。

    引用が長くなってしまったので、私の読後感は簡単に。

  どうもこの二国間は何時も言っているように上手く理解しあえない。

  多くはみなさんの持っている情報のその殆どがマスコミ経由で

  それを基に“中国人”を見ず、何処にもない“中国”という国の

  イメージを創り上げているところに要因があると考えている。

    誰も“中国”の事なんか知ってもないのに、誰もが“中国”の

  ことはもう沢山だ!というくらいの情報の中で暮らし、よく知って

  いるこかのように思い込んでいる。或いは、思い込ませられて

  いる。

    でも、これって本当は?“中国”という国に限ったことではなく、

  日本人は“美国メィ・グォ(アメリカ)”のことだってそうなんだが、

  そこは“ヨジレ”を感じさせずに過ごせて、

   “俄罗斯ウォ・ルォ・ス(ロシア)”ともなれば最初から理解の外

  と諦めて、違う対応をする、と使い別ける。

    世界中の国とそうやって折り合いをつけているのに、

   “中国”とは上手くゆかない。いや、上手く行かないことが普通の

  状態となってしまった。これはかなり不幸なことだと思う。

    そこを少しでも埋める手助けになれば、と思い私なりに、

   「わたしの見た中国」という形で発信し続けている。

   この本で取り上げられている、中国人俳優さん、日本の大学で

  教鞭をとる大学教授、芥川賞初めての中国人作家、留学生、

  中国人妻たち、、池袋チャィナタウンの中国人、

    でもここには、一番いま日本に多く滞在している、研修生や、

  日本で法を犯し牢獄に繋がれいる中国人や、地下生活者

  は出てこない。

   次作ではこれらの人たちにも話を聴いてくれることを期待する。

 

   

|

« 函館は今日も雨だった・・・ ー ♪ 泪的小雨 | トップページ | チョークで黒板に描かれる芸術 ー 黒板報ヘィ・バン・バォ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『島国チャイニーズ』-今週読んだ本、日中は何故理解しあえないか:

« 函館は今日も雨だった・・・ ー ♪ 泪的小雨 | トップページ | チョークで黒板に描かれる芸術 ー 黒板報ヘィ・バン・バォ »