« 新年度・中国語教室準備の為、授業は来週から | トップページ | もうそろそろ無理でしょ!ー 中国式道路横断法 »

2013年4月 9日 (火)

「留学生の指導で中国語を」受講生募集記事掲載ーありがとうございました、北海道新聞社様

Sn2013980734201516353fcf31481_2  今日は、世界中をこのニュースが、

  駆け巡っています。

  “鉄娘子” 撒切尓夫人去世

    サッチャーさんの漢字表記は

   撒切尓 sa1 qie4 er3  サー チェ アール

   “鉄の女”の方は、“铁娘子 tie3 niang2 zi3

   ティェ ニィァン ズ” と言ってますが、ここで言う

   “娘子”は、中国語では若い娘さんのことではなく、

   “娘”は、一般には母親を指し、その年代の婦人を

   指す敬称となっています。

  ということで、これも中国語の勉強ですが、昨日もお伝え

   しました。また、昨日は北海道新聞「みなみ風」道南版

   紙上でもこの受講生募集の記事を取り上げていただきました。

   北海道新聞社さん、ありがとうございます。

001_2


    Tnca2nmwec函館日中友好協会・中国語教室

              2013年度の受講生を只今募集しております。

   お申込みお急ぎください。

   新聞をご覧になって早速お申し込みをいただいております。

    お申込みありがとうございます。

   こちから案内の文書を発送しておりますので、どうぞ今少し

   お待ちください。

     詳しい内容はそちらに記載されております。

Tncaiodziu  初級の方は、どうぞ書店でご自分で

    NHK中国語ラジオ講座テキスト

   『まいにち 中国語』4月号 420円

  をお買い求めになり、ご持参ください。

   こちらのテキストは月刊でこのあとも

   引き続き、毎号お買いもとになってお手元に準備されるよう

 お願いいたします。(テレビとラジオがあります、ラジオの方です)

    初級はどのテキストを使っても必ず先ずはピンインと言って

   上の表にあるような発音の勉強から入ります。

    これは、どのテキスト、どこの中国語教室に言っても必ず

   ここから始まります。

    その点で、NHKのテキストは、放送と連動して音がとれますし、

   徐々に中国語に慣れてゆくという面でも、初級のテキストはこの間

   ずっとNHKラジオのテキストを使用しております。

   多分、4月号から9月号まではこのテキストを使うことに

   なると思います。忘れずにお求めください。

    時間がありましたら、毎日月曜から金曜までの朝8:15分からの

   放送か、午後10:30~の再放送、日曜には纏めての再放送も

   されておりますので、どうぞ聴いてみてください。

001_3 中級クラスの方のテキストはこちらになります。

  朝日出版刊、『We Can!中国語 中級』

   定価2400円。

   一年間使います。授業の始まりの数回は

  前回、劉先生が使っていたテキストを使い、

   復習も兼ねて、残っていた部分を仕上げ、その間に中級班

   を選択された受講生のみなさんにはこのテキストをこちらが

   纏めて出版社に発注いたします。

   テキスト購入申し込み用紙が回っていきますので、そちらに

   お名前をご記入ください。

    全28課の短い会話文で構成された、初級段階を終えられた

   方のテキストです。ですので、今年新しく中級に入ってこられる

   方には丁度いいレベルかと思います。

    授業時間の三分の二か二分の一はこのテキストを使っての

   授業となります。

    また、中級班はこのテキストの他にこちらが用意した刷り物や

   CDなどがあります。これらを使っての更にもう一段上のレベル

   の授業を後半の時間を使って行います。

    これらの教材はこちらが用意し費用もこちらが負担致します。

Tncaedpu15  ご要望その他がございましたら、どうぞ

  ご遠慮なく授業中でも結構ですし、それ以外

  の時間でも結構です、いつでもおっしゃって

  ください。

    昨日も申し上げましたが、楽しい授業を

    目指しています。

     学校の授業でも同じことを言ってますが、楽しい授業は

   教師だけが頑張ってもだめでして、受け手もまたそれに一緒に

   なって目指していただなくてはなりません。

    あと、一週間です。

    お申込み、お問い合わせの方はお急ぎください。

    電話 (0138)51-0041  へどうぞ、

    メールでのお問い合わせは、hakodatekai@msn.com

         で「中国語教室」と書いていただければ、メール添付でも

    発送が可能です。

    では、15日お会いしましょう。

                          函館日中友好協会

   















|

« 新年度・中国語教室準備の為、授業は来週から | トップページ | もうそろそろ無理でしょ!ー 中国式道路横断法 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「留学生の指導で中国語を」受講生募集記事掲載ーありがとうございました、北海道新聞社様:

« 新年度・中国語教室準備の為、授業は来週から | トップページ | もうそろそろ無理でしょ!ー 中国式道路横断法 »