« 準備完了、お待ちしていますー都安排好了 | トップページ | 学习的敌人是自己的满足  是吗 »

2013年4月14日 (日)

どこでもお湯がついて回る中国が羨ましい

   ヒトはみな普段の自分の習慣から逃れることはできない。

  普段の暮しでは、逃れるなどという気はないし、もしろその

  習慣に縛られる。

    例えば飲み物がそうだ。

    アルコールを別にして、普段自分が飲んでいる飲み物、

  飲み方にこだわる?

    外へ出るとその事を否応もなく意識させられる。

    ちょっとした集まりで外へ出てきていて、

  困っているのが、会場にはお湯がないということだ。

   茶葉と容器は持ち歩いてるので、湯さえあれば私は自分の

  飲み物を賄う?ことができる。

    これが中国だと、何処へいこうとお湯は付いて回る。

Photo こちらは中国の列車の中の給湯器。

 移動ちゅでもこうだから、会議の会場などは

 必ず給湯器はあるし、お茶のサービスがある。

  これには中国の“水”事情があることを

   割り引いても、とってもありがたいサービス。

     ところで、いつ頃から、日本はこんなに冷たい飲料を

   取るようになったのだろう。

     冬でも冷たいものがずらっとならんだ自販機が、

   その自販機がまたずらっとならんでいて、

   どれもこれも冷たいお茶だった。

    多分日本の住宅事情と関係してる。

     事務所の誰かに頼めばそりゃお湯はあるでしょう。

     ですが、自由にお湯を汲んでいいばしょはない。

   それも、カップ一杯のほんのちょっとのお湯があれば

   わたしはそれでいいのだが・・・。

    お湯を一杯いただけませんか、が言えず

   自分の飲みたい飲み物も飲めず、

   会議にも身が入らないさんざんな日だ。


|

« 準備完了、お待ちしていますー都安排好了 | トップページ | 学习的敌人是自己的满足  是吗 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どこでもお湯がついて回る中国が羨ましい:

« 準備完了、お待ちしていますー都安排好了 | トップページ | 学习的敌人是自己的满足  是吗 »