« 2013年・中国的黄金周ホワン・ジン・ゾォゥ -今年は控えめゴールデンウィーク | トップページ | 中国的労働節ラォ・ドン・ジェ -中国のメーデー、デモはありません »

2013年4月30日 (火)

櫻花快要開了、歓迎大家来函館玩ル - 函館の桜も間もなく開花します

Sn20131190828551517f104758b5d1
  こちらは、中国太原市のボタン園。

 昨日お伝えしましたように中国も連休

 は只今真っ只中、旅行客がドット??・・・・

  でもないようですが、繰り出してます。

   〝五一〟小長假(この説明は昨日のブログをご覧ください)

   なか日です。各地観光地と言っても何故か、みなさんお行に

   なる場所はどの国も同じですが、偏りますね。

    混むところは混む。

     不動の?中国・北京・天安門広場と万里の長城は何時の

   休みも今回が初めて、という中国各地地方からの御登りさんと

   それを案内する地元に人で賑わってます。

     でも、やはり国外からの観光客の入りが悪いようです。

    多分、鳥インフルエンザの影響大なのでしょう。

     中国の方が“花”と言えば、ボタンか梅です。

   梅はもうとっくに終わってしまいました。先日の遅い雪は地域にも

   よりますが、梨の花に降り注ぎ、それはもう被害の事を気にしなけば

   綺麗な光景です。

     ボタンも綺麗です。

     中国で櫻の人気はなんせその数がまだ多くありませんので、

   武漢のあの有名なちょっと数が纏まって植わってるようなところを別に

   すればほぼ一本立ちのかわいそうな?櫻の樹が多いです。

Photo
 こちらは、これ見たってどこの

 櫻かは分からないですが、

 中国・大連からちょっと郊外へ

 でて、年配の方なら懐かしい名の

   旅順の手前にある櫻の樹です。

     もちろん日本人が植えたものです。

    毎年見事に咲きます。時期ともなれば、この場所とこの櫻を

   知っている人で賑わい?ます。とは言ってもここ、車を持って

   ないとちょっと公共交通機関を利用しては行きづらいとこです。

     何度も足を運んだのはもう数十年前ですから今どうなってます

   かね・・・。そう言えばその頃はまだ旅順は外国人に解放されて

   おらず、未開放地区なんてのがまだあったんですね、中国。

     それでもそこへ行ってたのは勿論お忍び?です。

     お忍び・・・と言っても外国人でなければ大丈夫なんで、日本人

   は見てはちょっと分かりませんから、それに中国語が話せればもう

   大丈夫ですし、週末ともなれば旅順観光を兼ね、花見も兼ねて

   足しげくこの花の時期は通っていたわけです。

     その時、思ったのは、

    どうも、この旅順だけでなく他の地でも櫻の咲くのを見てますが、

   なんでしょう、どうしてか理由は分かりませんが、どうしても日本で

   見るその櫻の花と印象が違うんです。

     櫻はやっぱり日本で見るに限る、とホントにそう思ってました。

     なんででしょうね・・・、なんか違うんですよ。

     数のせいばかりではないと思いますね。

     綺麗さがねちょっと違うんです。こちらに訴えかけてくる何か?

    も中国の櫻にはないわけです。

     これって、わたしだけの感想でしょうか。

    やっぱ、櫻は日本で見るに限ります。

     ということで、函館の桜間もなく開花しますよ。

    どうぞ、みなさん函館へいらして下さい。

      今日はあいにくの雨ですが、もうあがったようですし、

    この後は天気も陽気も好くなるようですので、このあと五月に

    入れば、函館は絶好の花見日和になりそうです。

     函館はみなさんの御越しをおまちしております。

      道南の桜の名所は各地いろいろありますので、

    ちょっと調べて貰えば分かりますが、見どころ沢山です。

      歓迎!!


|

« 2013年・中国的黄金周ホワン・ジン・ゾォゥ -今年は控えめゴールデンウィーク | トップページ | 中国的労働節ラォ・ドン・ジェ -中国のメーデー、デモはありません »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 櫻花快要開了、歓迎大家来函館玩ル - 函館の桜も間もなく開花します:

« 2013年・中国的黄金周ホワン・ジン・ゾォゥ -今年は控えめゴールデンウィーク | トップページ | 中国的労働節ラォ・ドン・ジェ -中国のメーデー、デモはありません »