« 中国式相親シャン・チン ー 中国式お見合い | トップページ | 四川芦山7・0級強烈地震 の その後と教訓 »

2013年4月22日 (月)

四川雅安発生地震のその後

Hbm130420101010100111_2
  先週・土曜日の朝に起きた

 この地震、まだ名前が正式?

  に決まってませんが、「芦山地震」と言ったりしてます。

  まず、最新情報としては、先ほどというか今日月曜日の朝にも

  大きな余震があったようです。5.4級。

   かなり危険な建物があるので、当然非難している人たちは

Sn2013111074814151747abec88a71 このように(ここは学校の敷地を利用してます)

 外でのテント生活を強いられています。

 この地震関係のニュースは日本でもそれなりに

  報道されますので、ここでは日本で報道されている以外のところを

  少し紹介しましょう。

   土曜に発生して、今まさにそのよく言われる“72時間”の問題で

  懸命の捜索活動がされているところです。

   時間を置くに従って、漸くその全容?らしきものが見えてきました。

   電話(ケイタイ)も通じるようになりました。

   道路はまだです。所謂県道なんですが、各地で寸断。

   河を使って寸断されている部分を避けて物資の搬入や救援隊が

  まず入れるようにしてるようです。

   救援物資の輸送にはめどがついていてるようです。

    被災者の数や、倒壊家屋の数などなど数的なものが入ってくる

  ようになりました。でもまだ不確定です。

   いま政府がやっているのは道路の問題などもあって被災地に入る

  人・団体・機関を制限しています。

   先の地震でもそうでしたが、先ずは道路の確保を、被災地までの

  路をどうつなげるかに苦慮している状態です。

    ここでいま問題になってるのは、

   ボランティアの問題。前回の地震以降中国でも一度こうしたことが

   あると全国からボランティアが駆け付けるようになっています。その

   個個にやってくる人への対応を、前回の学習もあってボランティア

   統括部隊を作ってそこで一括管理しようとの動きです。

    これは国内のボランティアの動きで、国外からの救援の話は全て

   外交部がやってるのですが、ここでは暫時全ての他国からの物資的

   人的援助を断ってます。国内で足りている点と、それを受けるとまた

   それに人手が取られるという面での隘路があります。

     この点ではもう一つ、マスコミへの対応です。現地からナマの

   映像を伝えたいマスコミとそれに対応する部署との間でちょっと・・・

   や、国外のマスコミも入ってきますので、この対応にも苦慮してます。

     こっからはわたしの個人的な印象ですが、

   前回、08年の四川でも地震の経験もあって、今回変わったのは、

   一つは全体的に落ち着いてるという印象ですね。

   ただこの落着きは慣れているというだけの、“慣れ”の問題だと

   ちょっと“慣れ”過ぎて怖い。これは中国に限らず日本にも言える

   ことですが、“慣れ”は慌てないという好い面と、緊張していない

   その事が逆に作用することもあるので、難しいですが・・・・報道

   含めて“慣れ”てきてるなぁ・・・との印象が。

   無論受け手のこちら側にも“慣れ”の問題はあるのですが。

   最近続いてますからなね、大きな地震が。

    前回は無かった点では、その後学習したのでしょう、被災者への

   精神的ケア―を言いだしてます。これは前回はまったく顧みられ

   なかった部分での進展?と言えます。

    とりわけ被災した子供たちへの精神的な擁護を取り上げ実際

   専門家の派遣もしているようです。

     もう一つ、まったく問題にもされませんし、

   中国報道でも余り出てはこない問題は、

    今回の地震とそれに続く余震、それに先の08年の時の経験?

   もあって、現地は大熊猫ダァ・ション・マォ(パンダ)の生息地でも

   あり保護地区でもあるのですが、あのデカイ体でかなり臆病者の

   パンダにかなりの影響があるようです。

    またまたパンダ救出大作戦?なんてな中国ならでは番外編??

   が展開されるかもしれません。

    パンダ協会?の動きはどうなってるのかは調べてません。

    この辺までニュースとして出てくるようになれば現地は相当

   落ち着いたと言える状態になったという証明になるでしょう。





|

« 中国式相親シャン・チン ー 中国式お見合い | トップページ | 四川芦山7・0級強烈地震 の その後と教訓 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90348/51329091

この記事へのトラックバック一覧です: 四川雅安発生地震のその後:

« 中国式相親シャン・チン ー 中国式お見合い | トップページ | 四川芦山7・0級強烈地震 の その後と教訓 »