« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月30日 (火)

櫻花快要開了、歓迎大家来函館玩ル - 函館の桜も間もなく開花します

Sn20131190828551517f104758b5d1
  こちらは、中国太原市のボタン園。

 昨日お伝えしましたように中国も連休

 は只今真っ只中、旅行客がドット??・・・・

  でもないようですが、繰り出してます。

   〝五一〟小長假(この説明は昨日のブログをご覧ください)

   なか日です。各地観光地と言っても何故か、みなさんお行に

   なる場所はどの国も同じですが、偏りますね。

    混むところは混む。

     不動の?中国・北京・天安門広場と万里の長城は何時の

   休みも今回が初めて、という中国各地地方からの御登りさんと

   それを案内する地元に人で賑わってます。

     でも、やはり国外からの観光客の入りが悪いようです。

    多分、鳥インフルエンザの影響大なのでしょう。

     中国の方が“花”と言えば、ボタンか梅です。

   梅はもうとっくに終わってしまいました。先日の遅い雪は地域にも

   よりますが、梨の花に降り注ぎ、それはもう被害の事を気にしなけば

   綺麗な光景です。

     ボタンも綺麗です。

     中国で櫻の人気はなんせその数がまだ多くありませんので、

   武漢のあの有名なちょっと数が纏まって植わってるようなところを別に

   すればほぼ一本立ちのかわいそうな?櫻の樹が多いです。

Photo
 こちらは、これ見たってどこの

 櫻かは分からないですが、

 中国・大連からちょっと郊外へ

 でて、年配の方なら懐かしい名の

   旅順の手前にある櫻の樹です。

     もちろん日本人が植えたものです。

    毎年見事に咲きます。時期ともなれば、この場所とこの櫻を

   知っている人で賑わい?ます。とは言ってもここ、車を持って

   ないとちょっと公共交通機関を利用しては行きづらいとこです。

     何度も足を運んだのはもう数十年前ですから今どうなってます

   かね・・・。そう言えばその頃はまだ旅順は外国人に解放されて

   おらず、未開放地区なんてのがまだあったんですね、中国。

     それでもそこへ行ってたのは勿論お忍び?です。

     お忍び・・・と言っても外国人でなければ大丈夫なんで、日本人

   は見てはちょっと分かりませんから、それに中国語が話せればもう

   大丈夫ですし、週末ともなれば旅順観光を兼ね、花見も兼ねて

   足しげくこの花の時期は通っていたわけです。

     その時、思ったのは、

    どうも、この旅順だけでなく他の地でも櫻の咲くのを見てますが、

   なんでしょう、どうしてか理由は分かりませんが、どうしても日本で

   見るその櫻の花と印象が違うんです。

     櫻はやっぱり日本で見るに限る、とホントにそう思ってました。

     なんででしょうね・・・、なんか違うんですよ。

     数のせいばかりではないと思いますね。

     綺麗さがねちょっと違うんです。こちらに訴えかけてくる何か?

    も中国の櫻にはないわけです。

     これって、わたしだけの感想でしょうか。

    やっぱ、櫻は日本で見るに限ります。

     ということで、函館の桜間もなく開花しますよ。

    どうぞ、みなさん函館へいらして下さい。

      今日はあいにくの雨ですが、もうあがったようですし、

    この後は天気も陽気も好くなるようですので、このあと五月に

    入れば、函館は絶好の花見日和になりそうです。

     函館はみなさんの御越しをおまちしております。

      道南の桜の名所は各地いろいろありますので、

    ちょっと調べて貰えば分かりますが、見どころ沢山です。

      歓迎!!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月29日 (月)

2013年・中国的黄金周ホワン・ジン・ゾォゥ -今年は控えめゴールデンウィーク

   中国で普通に“黄金周ホワン・ジン・ゾォゥ”と言っちゃうと、

  これって、代表は“春節”の長期休暇を指してしまします。

   ですので、日本語に対応するこの5月のゴールデンウィークは

  今年なんかは三天(三日間)の小型?連休ですので、

   “五一ウー・イー”小長假シァォ・チャン・ジァ(小型連休)と

  言ってます。

Sn20131180749471517db59b2d6d21でその、カレンダーですと27日(土曜)28日(日)

は週休二日のお休みですので、これに

 29日の今日月曜日、明日の30日(火曜)を足し

  5月1日は、労働節ラォ・ドン・ジェ(万国国際労働者デー)はもともと

  が祝日ですので、三天サン・ティェン(三日間)がプラスされての

  小長假に入りました中国も。

   で、どうなってるか?ですが。

   上のクルマの渋滞はわたしがよく例に出す北京・三環(高速道路

   第三環状線)の渋滞の模様です。

    まぁまぁここは普段でもこんなもんですから、時間帯によっては

  こんなもんでしょ。

    国内的は鳥インフルエンザでちょっと出鼻をくじかれ、

   中国も近場?で過ごそう・・・の気分のようです。

    今年のわたしの注目話題は二つ。

   一つは全国各地の観光地での門票モン・ピァォがこぞって、

   上漲シャン・ヂァン(値上がり)。

    これ、かなり中国的でしょ。この時期にわざわざ?値上げ。

   人出が見込めるからでしょうが、この時期上げたら必ず不満も

   それだけ多く出るのは承知の上での値上げ。日本だともうちょっと

   この辺巧妙?に立ち回りそうですよね。でも、中国はそうした心配?

   はせずに堂々の?値上げが各地から届いてます。

   二つ目、この機会“五一小長假はクルマで出かける人が多い

   ようなんで、連休でもあるし、春のそうしたちょっと気分的に開放

   の時でもあるし、というので交通部は酒飲み運転取り締まり強化

   期間とすると発表。

    酒飲み運転厳しくとりしまるかんね~・・と言ってるのに、

   早速その網にかかる人が後を絶たない。

    まぁこれは日本でもあるし、人口比から言っても多いのは・・・。

   中国でも日本でもこんだけ駄目ですよ!!と言ってんの

   捕まる人は後を絶たない。最近中国もそれを逃れるためにかなり

   悪質が手が出始めてますよね。

    どんな手かって?・・教えない。教えちゃうとまた真似する人が

   出てくるから。

    ということで、みなさん交通安全にも気を付けて、

   楽しい黄金周・ゴールデンウィークをお過ごしください。

    オット!!連休中ではありますが、今日の中国語教室は

   ありますよ!!あ~~コレ最初に書けば好かったな・・・。

   今日の月曜の中国語教室ありますよ!!

   それからついでに来週の月曜5月6日も休みません!!

    と、もう一つ最初で触れた中国“春節ツゥン・ジェ黄金周”

   の統計というか結果が出てたのでここで更についでに紹介

  しときますか。関係ないと言えば関係ないですが・・・。

16478201646087059151n1
 どの数字も恐ろしいほどの

 数が並んでます。

  読み取れますよね。

  日帰りの人とか、一泊以上の

  旅行をした人とか、

   これに掛けたお金ですね、

  移動が空輸か鉄道か、 

  どれくらいの消費がされてるか

  なんかが読み取れます。

    さて、この“五一小長假”はどれくらいになるんでしょう??

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月27日 (土)

四川全省為地震遇難者黙哀 - 哀悼の日

Hbm1112190101301231   4月20日8時02分、

   四川省雅安芦山大地震から

   一週間目を迎えた現地は

   哀悼の日となった。

   この一週間、毎日このニュースを追ってきた。

   此処でもそろそろこの新聞シン・ウェン(ニュース)から

   離れ来週からは違う話題に入ろうかと考えている。

61849841511dcd67fc6c22921fe723bb1遇難者196人、

失踪者21人、

受傷者1348人、

被災者200万人余、

時間になると現地では

警笛がならされ3分間の

   黙とうがされた。

   もちろんこれで片付いたわけでもなく、今後もまだ現地では

  不安を抱えたまま暮らしているひとがいる。

   今朝、函館は雨。気温も上がらず寒いです。

   朝から強くも弱くもない雨が降り続いています。

   哀悼の日ととしてはふさわしいかもしれません。

115563277_title0h1

  現地で抱えている問題は

 いまだ続く余震、

 雨による増水とダムの決壊の

 おそれがありその対策、

   とまだまだ現地では寝ずの復旧活動が続いてます。

    これらはまぁその・・自然災害ですから如何ともし難い、

   というか全くの受身。

     今回この大地震で残念なのは、

   いまだにこの地震で不安でいる中、それを煽るデマが絶えない。

   それもかなり巧妙なデマが仕組まれ人々不安を駆りたてている

   者がいるという点、

     もう一点、

   こうした災害時でも国と国の関係が上手く行ってない時はその

   救済を差し伸べる手にもそれが関係してくるという残念さ、

    この二つ、あってはならないと思うのですが・・・。
 








| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月26日 (金)

四川芦川地震、明日27日全省哀悼の日とする・・8時02分

Hbm130420101010100231_2
  明日で一週間を迎える

   この度の地震、

  四川省が省として明日は

  全省・全国をあげての

  哀悼の日とする、と決定。

  明日、地震発生の時刻、8時02分全省で黙とうを捧げるとしている。

     現地ではまだ多少の余震はあるようですが、

   帳蓬ヂァン・パァン(テント)の中で、学校の授業も一部

   再開しました。

    水の問題もまだ多少あるようですで、道路はまずまず復旧し

   物流が確保できるようにもなりました。

    昨日書きましたように、何日も経て画期的に助かったという

   ようなニュースもない変り、死者数が急激に増えるということも

   なくなりました。

     このまま穏やかに明日の追悼の日を迎えることができれば、

   と祈ってます。

     今日はこの地震からの教訓?を見てみましょう。

    とりわけ今日、注目するのは、ボランティア活動についてです。

    志愿人员ヂィ・ユゥァン・レン・ユアン、 と言います。

    前回の08年のあの地震以来中国でもこうした災害時における

    ボランティア活動が根付いて、今回も多くの人が、ある人は

    現地に飛び、ある人は募金活動に、ある人は支援に、と

    ボランティア活動をしていますし、支えています。

Sl201311416120615178e5565bd601
  このことは、素晴らしいことだと思います。

 で、問題はこのボランティア活動を束ねる組織が

 次に必要なのですが、その兆しはあるもののまだ

   形になってません。これが欲しいです。ドット人が押し寄せて現地で

   その駆けつけてくれた人を効率よく振り分け、動かしてくれる中心

   となる組織・人が必要となります。

    その押し寄せる数も中国の場合は凄いのです。

    実は日本でもこうした組織のそのおおもと、と言いますか、

   ボランティアを束ねる組織がちゃんとしてるかというとそうでもない

   のです。でもまぁ何度かの経験を経てそれなりに機能するように

   はなってます。充分かどうかはまた別問題です。

     何せ緊急の時のそのもっとも急を要するようなときに、

     更にその都度の災害はその形態がそのどれもが違っています、

     地域も・時間も・季節も・規模も、違った中でどのような活動を

     ボランティアですから、集まった人の中でやるよりないわけです。

   また、普段からそのボランティアになれそうな人との連絡網というか、

   災害自体は全国民瞬く間に知れ渡ることにはなるでしょうが、

   そっからですよね・・・・

     現地に駆け付けれる人、駈けつけて人をどう束ねるか、

    誰が、どのように全体を見て配置できるのか、

    日本では行政も多少その準備はしてるようですが、準備万端!!

    とは絶対にならない。

     わたしが関係しているのは災害時の言語サポートの問題ですが

    これとても万全とはならないし、なりようがないのです。

     ここでは現地の問題です。

     駆けつけた人の整理をする組織が必要。

    多分それはもう中国の方が切実に感じておられるでしょうから、

    政府機関なのかボランティア団体が独自にそうした機構を持つ

    のかもありますが、いずれにしてもそれを持つことが急がれる。

Sl201311416120315178e553e58d41_2  とりわけ中国の方はこうした場合も、

  「ヨッシャァ!オレがやってやる!!」の

  男気??の人が多いので、組織だってやる

   というより、個々人の行動に走りがちですし、企業家や企業もまた

   自分のとこが・・・の宣伝活動??とも思われるようなそんな独走

   がお好きなようですので、それはそれとしてお気持ちとしては

   有り難いものの、効率的ではありませんので、

     この点が今後の課題となるだろうと思います。

     中国の例を挙げてますがなにもこれは中国に限らず、

   世界中の何処で何時、大災害が起きるかは分かりません。

  その必要性はおしなべて同じであることを銘記しなくてはなりません。

  



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月25日 (木)

四川芦川地震的一周 - 爆薬の正しい使い方

2013042007021   明日で一週間を迎える。

 もう日本の報道はどこもこの地震関係

 のニュースは取り上げていない、と思う。

   例の“72時間”をとうに越してそれでもまだ瓦礫の下に生存者は

  いないかと、一縷の望みを託して捜索は続いています。

   奇跡的に助かった!!なんてな話題が無い限りはこの努力は

  報道されることがないのでしょう。

    死者数がまた増えて196人、失踪者21人となりました。

    今日の中国中央電視台も流石にちょっと話題性が見つからない

  のか、それともこんな時にちょうど話題を提供して?くれて助かった

  のか、日本の閣僚靖国参拝問題を取り上げてました。

  何故か、タイミング良く?悪く?両国間はこうした問題が。

  国会議員の皆さんも、議員になると何故急にそんなに信心深くなる

  のか、日本の報道も誰が何処へ行こうか構わなければいいのに、

  閣僚が参拝!はニュースになるらしく、行く方の閣僚もそこに報道

  機関が待ってるのを知ってて、或いは、彼らがいるから行く。

    それが日本国内で報じられると、待ってました!!とばかり

  丁度好い??ニュースソースとして韓国・中国が飛びつく!!

   この繰り返しもうそろそろ飽きないんですかね・・・。

   さて、ここでの今日の話題は、まだ四川芦川大地震です。

Sn201311209082015175df047501c1 こちらが、地震で山から降ってきた大きな岩。

 ちょうど橋の手前に落っこちて、通行を妨げ

 この道しかない一本の道路を遮断しています。

   これ、かなりデカイ岩です。重機では動きそうにない。

   そこで、中国は軍がでますね、多分そうした特殊な部隊だと

  思いますが、そこがこの岩をまず爆発させて粉々にし、それから

  避けようということになりますよね、当然。

Sn201311209083715175df15673741  結果はこちら。

 爆破後、粉々になった大岩。それを避けて

 村人たちがようやくここを通れるようになりました。

    それでこの爆破の様子、時代ですね・・動画で見れるように

   なりまして、その一部始終を見ることができます。

     緊急事態ですからね、中国この辺はどうやってるんですかね。

  道路の部分では交通部という役所があって、そこにもまた特殊任務

  のそうした爆薬を扱う人はいるでしょう・・・きっと。

   更には警察だった道路の管理には関わってるでしょう。

   軍がその上にいるんですかね・・・この緊急事態に日本でもよく

  言われるそのお役所の縦割り行政ってどうなってるんですかね??

    そんなことより、

   この見事?な爆発技術?を見て私が思ったのは単純に

   先日のあの波士頓ボォ・シィ・ドゥン馬拉松マ・ラ・ソン

   のあのテロ事件。爆薬は正しくはこのように使われるべきでして

   人を助ける為に使うべきでしょ。

    同じものが正しく使われれば人を助けることができ、

   その同じものが人を殺害することにも使われる。

    これって、この爆薬の話だけではないですが・・・。

Sl2013113153618151778b72a2e141  そしてこのように感謝されるべきです。

  子供たちの手にしているダンボールに書かれて

 いるのは、

   「辛苦了! シン・クゥ・ラ!」 ご苦労様!お疲れさん!!
   「芦山永遠忘不了・・    」 芦山住民は永遠に忘れることはない・・

   「感謝 ガン・シェ」 などの字が見えます。









| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月24日 (水)

四川・芦山地震第六天 - 一週間になろうとしています

Yaanxin1
 20日発生のこの地震

 6日目を迎えました。

   現地はまだ、小さな余震が続いてます。

    その余震回数が余りに多いのでちょっと不気味ですが、

  まぁまぁそんな安心?の地震なんてなのは無いわけでして・・・、

  ここら辺が第三者的?です、十分それは自覚してます。

   おそらく被災地の方はそんな暢気?にはなれないでしょう

  そのことも理解しつつ、自然災害はコントロールできないので

  収まるのを祈るしかありません。

Sn201311107384515174788584da01 現地には無茶苦茶一杯救援隊も向かって

 ます。救急車の隊列ができてます。

  こんなに救急車出払っちゃって大丈夫か?

   と思っちゃいます。

     写真で見る限りこれはまだ山間の路でもありませんし、

   街の救急車のようですので、どこか少し大きな城市チャン・シィ

   (都市)の郊外辺りの様子で、これより先の山間に入った辺りで

   クルマが滞っているのを写したものと思われます。

     死者数は昨日のこのブログの時から一人増えて193名、

   失踪者25人と発表が変わってます。

    急激な増加はないようなので、一応の落ち着きは取り戻して

   いるのでしょう。

Sn2013110133842151737b628d14f1_2
 実際の被災地に近づくほどに山間の路は

 こんなですし、倒壊家屋も見られ、道路は

 人間の力では動かすこともできないような

  巨大岩石が行く手を遮っている映像を沢山見ることができます。

    奥の奥の方の村にはそうした支援の手が届くのが遅く、

   一週間ともなれば蓄えていた?食料も水も底を突き始めてます。

   でも、これもかなり必死の救援活動がなされてますので、時間の

   問題です。

    昨日紹介できなかった美談では

  08年あの汶川大地震でボランティアの人たちに支えられて

  助かったお嬢さんが今回はその恩返しとばかり現地に入って

  不眠不休でのボランティア活動しているとか、

   8歳の坊やが、道具もなにもないので、素手で2時間もかかって

  妹を瓦礫の下から掘り起こして助かったとか、

    これまた映像で多数紹介されています。

    今日の私の注目ニュースは、

   どの位置かはちょっと分からないのですが、

   震源地にほど近い?100年を越した古民家がこんどの地震では

   なんの被害もなかった、というその家ですが、

    確かに梁も太いのが入ってるのでしょう、でも外観ほんとに

   ナントもないのです。

    つまり、あの地域でもキチンとある程度建物に対する予防の

   耐震性のなにかがあれば今回のような倒壊は免れた。

    確か08年の地震の時も書いたと思いますが、中国の地震、

   建物の壊れ方がホントにぺシャッとなるような崩れ方で、レンガ

  作りでハリもなく積まれてるだけだと倒れた時に空間ができない。

    ハリや補強のスジカイや柱からできる空間がない。

    それで圧死、あるいはほんとに下敷きになり動けない。

   日本の地震で倒壊した家は何かしら空間があるし、木材で

   できているので、上からの押される力も違う。

   但し、中国では心配の要らない倒壊後の火災が、日本では逆に

   一番怖い、という隘路はありますが、いずれにしてもこれから

   急には出来ないでしょうが、建築に当たってのそうした注意は

   必要です。それが国で定まる建築基準法で縛るべきなのか、

   ちょっと論議が必要です。

    取敢えず公共の建築物からはこうしたものを取り入れて行く。

   とりわけこうした地震発生多発地、四川・雲南から始める必要が

   あると思います。


   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月23日 (火)

四川芦山7・0級強烈地震 の その後と教訓

Yaanxin1   芦山地震と言ったり、

  雅安地震と言ったりしてます。

  統一性がなくて申し訳ないですが、どちらの地名をカンムリにするか

  の「名付け」が確定されておらず、ここでも二つが入り乱れてます。

    昨日もお伝えしました、先週土曜日20日に発生したこの地震、

  日を追うごとに、どの地震災害もそうでしょうがその入り口の混乱は

  多少落ち着きを見せ始め、それとは逆に今度は最初は入らなかった

  現地の状況が一挙に情報として大量に流れ込んできています。

   昨日お知らせした段階で、

  死者数188人、失踪者数25人、受傷者数11460人が今朝は

  死者数192人、失踪者数23人、受傷者数11470人に。

  倒壊家屋7万軒あまり。

Hbm1304010201020301011  こういう事が起きると、ずっと中国報道を

 見ているものですから、日本の報道を余り見る

 気にする時間がないので、日本ではどう報道

 されているかが手薄?になりますが、

  その中の一つ、被災地の物資不足問題。

   これは、日本に限らず国外に指摘されるまでもなく中国はもう必死

  でやってます。現地の地形が様々な要因がこちら側から見れば遅い、

  とかもっと早くとは言えても、それはもう現場が一番切望してるでしょう。

   間もなくこの問題は解決します。大丈夫です。

   多少の遅れはあってもすぐそばまで水・食糧は行ってます。

   これより問題は、医療関係の現地に入って初めて分かる輸血血液

  のその必要な型だったりが心配です。助かるべき人が助からない

  という状況は避けたい。これも現地が今必死で取り組んでます。

   ニンゲン一日二日ひもじい思いをしても災害の時はしょうがないでしょ、

  それを余り大げさに取り上げる必要はないと思う。

   実際日本だって、この狭い?日本だってあの3・11の時数日孤立

  した地域があったわけで・・・。

    昨日、ちょっとパンダ話題を振りましたが、どうやら大丈夫?な

  ようで、パンダも落ち着きを取り戻してるようです。

   もう一つ、日本で報道されてるかどうか?

   同じ動物関係で話題を取り上げておくと、今回は犬が大活躍。

  前回の教訓もあって大勢?の犬を救援隊が現地に入れてます。

  おかげで発見が早く助かってる人がかなりいます。

   ありがたいですね。でもこれもこの日の為に日頃から訓練を

  積み重ねていたおかげです。結局災害はその日の為に普段から

  いかにその準備を怠らなくしていたかが大きくその後を左右する

  と言えると思います。

   災害自体は未然に防げません。なった時どう対応するか、です。

   日本も他人事ではないので、今回も学ぶことが多いと思います。

Sb20131110915461607191_2 

 この地震に見舞われた地方はもともとは

 こんな美しい風景のところなんです。

   現地は今日は雨が降り出しました。

   テント暮らしの被災者のみなさんは大変だろうと思います。

  また雨は余り強くないですがそれでもよく言われる二次災害にも

  気を付けて貰いたいと思います。

    この美しい風景と穏やかな暮らしは、必ず戻ります。

    ひるがえって、日本ですが。

  日本もあの東北の美しい入り江に囲まれた町・町が壊滅的被害を

  受けました。つい先日のことです。

   でも、何が違うか。

   地震の災害だけであったなら、必ず元の風景は取り戻せます。

   どんなに時間がかかっても、美しい風景と穏やかな暮らしは

  いつか手にすることができるでしょう。それ自体も大変なことなの

  は分かりますが、そうやって人間は暮らしてきました。これからも

  そうやって自分たちの子供が孫がその暮らしを受け継いでゆく

  ことでしょう。

   でも、日本が違うのは。あの災害は自然災害じゃなかった。

  「原発」の問題がなければ、被災地は今頃はゆっくりでもその

  被災前の穏やかな姿を見せ始めていたはずです。

    でもそれが出来ないは、・・・・。

  いま中国の災害報道に接していて、あの3・11も「原発」の

  問題を抱えることなく、純粋に自然災害・地震の問題であった

  ならどんなにか救われたかと思う。

  日本は、その反省なくまたぞろ同じ過ちを繰り返そうとしている。

   確かに今日あたりから中国中央放送はまたぞろ被災地に

  おける“美談”を放送し始めています。

    でもこれもまた打ちひしがれる被災地に人たちにとって、

  遠く離れてどう手を差し伸べていいかも分からない多くの

  同国人にとって、この“美談”は必要なのかも知れません。

   それがわざわざの“美談”だと知っていてなお、です。

   それ位悲しみが大きいということの現れと私は見ています。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月22日 (月)

四川雅安発生地震のその後

Hbm130420101010100111_2
  先週・土曜日の朝に起きた

 この地震、まだ名前が正式?

  に決まってませんが、「芦山地震」と言ったりしてます。

  まず、最新情報としては、先ほどというか今日月曜日の朝にも

  大きな余震があったようです。5.4級。

   かなり危険な建物があるので、当然非難している人たちは

Sn2013111074814151747abec88a71 このように(ここは学校の敷地を利用してます)

 外でのテント生活を強いられています。

 この地震関係のニュースは日本でもそれなりに

  報道されますので、ここでは日本で報道されている以外のところを

  少し紹介しましょう。

   土曜に発生して、今まさにそのよく言われる“72時間”の問題で

  懸命の捜索活動がされているところです。

   時間を置くに従って、漸くその全容?らしきものが見えてきました。

   電話(ケイタイ)も通じるようになりました。

   道路はまだです。所謂県道なんですが、各地で寸断。

   河を使って寸断されている部分を避けて物資の搬入や救援隊が

  まず入れるようにしてるようです。

   救援物資の輸送にはめどがついていてるようです。

    被災者の数や、倒壊家屋の数などなど数的なものが入ってくる

  ようになりました。でもまだ不確定です。

   いま政府がやっているのは道路の問題などもあって被災地に入る

  人・団体・機関を制限しています。

   先の地震でもそうでしたが、先ずは道路の確保を、被災地までの

  路をどうつなげるかに苦慮している状態です。

    ここでいま問題になってるのは、

   ボランティアの問題。前回の地震以降中国でも一度こうしたことが

   あると全国からボランティアが駆け付けるようになっています。その

   個個にやってくる人への対応を、前回の学習もあってボランティア

   統括部隊を作ってそこで一括管理しようとの動きです。

    これは国内のボランティアの動きで、国外からの救援の話は全て

   外交部がやってるのですが、ここでは暫時全ての他国からの物資的

   人的援助を断ってます。国内で足りている点と、それを受けるとまた

   それに人手が取られるという面での隘路があります。

     この点ではもう一つ、マスコミへの対応です。現地からナマの

   映像を伝えたいマスコミとそれに対応する部署との間でちょっと・・・

   や、国外のマスコミも入ってきますので、この対応にも苦慮してます。

     こっからはわたしの個人的な印象ですが、

   前回、08年の四川でも地震の経験もあって、今回変わったのは、

   一つは全体的に落ち着いてるという印象ですね。

   ただこの落着きは慣れているというだけの、“慣れ”の問題だと

   ちょっと“慣れ”過ぎて怖い。これは中国に限らず日本にも言える

   ことですが、“慣れ”は慌てないという好い面と、緊張していない

   その事が逆に作用することもあるので、難しいですが・・・・報道

   含めて“慣れ”てきてるなぁ・・・との印象が。

   無論受け手のこちら側にも“慣れ”の問題はあるのですが。

   最近続いてますからなね、大きな地震が。

    前回は無かった点では、その後学習したのでしょう、被災者への

   精神的ケア―を言いだしてます。これは前回はまったく顧みられ

   なかった部分での進展?と言えます。

    とりわけ被災した子供たちへの精神的な擁護を取り上げ実際

   専門家の派遣もしているようです。

     もう一つ、まったく問題にもされませんし、

   中国報道でも余り出てはこない問題は、

    今回の地震とそれに続く余震、それに先の08年の時の経験?

   もあって、現地は大熊猫ダァ・ション・マォ(パンダ)の生息地でも

   あり保護地区でもあるのですが、あのデカイ体でかなり臆病者の

   パンダにかなりの影響があるようです。

    またまたパンダ救出大作戦?なんてな中国ならでは番外編??

   が展開されるかもしれません。

    パンダ協会?の動きはどうなってるのかは調べてません。

    この辺までニュースとして出てくるようになれば現地は相当

   落ち着いたと言える状態になったという証明になるでしょう。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月20日 (土)

中国式相親シャン・チン ー 中国式お見合い

   速報です。このところ続いてますが、今日20日朝8時

  今度は四川省で地震が。7・0級。重慶が揺れました。

  被害その他はまだ、第一報が入ったばかりではっきりして

  ません。震源地は四川省・芦山付近と言われてます。

Sn201310815002715170eb8b5ea2d1 今朝は道央も雪が降ったようですが、中国も

 各地から雪の便りが。それをお伝えしようと

 思っていたら、またまた地震のニュースです。

雪の方は輸送などで多少影響が出てるようですが、

  この時期の雪、春の雪ですので、水分の多い最後の雪と

  思われます。それでも各地通勤の足をうばわれ、咲き始めた

  花に雪が降り注いでいます。

  各地から滅多に見れない美しい?雪景色が寄せられてます。

   今日の中国××式・・話題は、中国式お見合い。

   中国式相亲ヂォン・グォ・シィ・シァン・チン

   さいごの この字は、の簡体字です。これでお見合いの

   意味です。

Tncayilrn9  「中国式結婚」・「中国式離婚」 と中国式××

 のテレビドラマが社会問題となるくらい人気を

 得ました。

 その途中の?「中国相親」がそれほど話題に

 ならなかった?のには何か訳が??

 中国もいまだんだん都市部が顕著なのですが晩婚化に入ってまして、

 そうした息子・お嬢さんをもつ親にとっては頭の痛い問題です。

  ということは社会問題としても認識されているとは思います。

Tnca2dqtnm
 これまたどの国も変わらない部分は、その

 親が将来を案じて、子供たちの結婚を急ぎ、

 本人たちはそれほどでも・・・という図式が

  中国でも同じように見られるようです。

   テレビドラマ「中国式相親」の話は別にして、中国のお見合い

  日本と決定的に違うのは、日本ほど堅苦しくない、という点でしょう。

  多分今でもそうだと思いますが、これから季節が好くなり、日曜の

  各都市にある公園などでは朝によく見られるのがこの

20110612_10612331 「中国式相親」

 朝の公園で、適齢期?の娘・息子を持つ

 親たちが手に手に、自分の子供たちの条件?

 を書いたメモの様なものと、写真を持って

  集まり、その条件に合った、或いは条件に近い、相応しい?相手は

  いないものかと声を掛けあい、それが上手く行けば、翌週でも同じ

  そこで本人たちが会うか、最近では小洒落たお店での待ち合わせ

  となります。

    この条件、というのが面白い。

   日本だと絶対こうはならないだろうな、と思えるまだ見ぬ未来の

  連れ合いに対する、こちら側からの遠慮ない相当な高望み??

  が主流です。

    身長は××以上で、年収が××、・・・の三高サン・ガォは

  もとより、先に言うことはみ~んな言っておこう!!との

  ここが「中国式」。

    ひるがえって、自分のことを紹介する際もこれまた、

   日本では考えられない、謙虚?というコトバなどどこへやら

   自分は、美人で・・・性格がよくて・・・の好いことづくめの

   売り込みは、本人が書いてるのかその親が書いてるのか、

   書き手はいずれにしてもこれまた日本ではないな・・・・という

   美辞麗句が自分の為に用意されています。

  片方がこうだ、ということはないので、双方ともにこれですので

   結婚前に自分の要求するものは全て余すところなく求め、

   相手に売り込むべき自分の美点?も多少は誇大でも言うべきことは

  全て言っておこう、というわけです。

   ですので、日本と決定的に違うそのお見合いは、

  お見合いというより、条件の出し合い。

  最初に互いの求めるものを全て知る。そっからがスタート。

  日本の最初は何も分からず、徐々に知って行けばいいさ・・・とは

  対極にあるかも。

    結婚斡旋会社的なものも多くなりつつあります。

   こちらはお金を取っての紹介ですので、よりその要求が過激に

  なりそうに思えますけど、さて、どうなんでしょうか。

    いずれにしても、本人にその気がないのに・・・・の

  この「中国式相親」は別に中国でなくとも上手く行かないのは別に

  中国でなくとも同じでしょう。

   日本だって以前の様な正式な?お見合いの数は減ってるようです。

   中国もこれからはあんな公園での遣り取りはなくなるのでしょう。

    実はもう一つ、中国には、

   男女比率がちょっと偏っているという問題も。

   それと何と言っても結婚に先立ち、先日来問題にしてる、“家”の

   問題ですね。これは何もお見合い結婚に限らず、恋愛中のお二人

   にとっても、大問題でしてこれを何とかしなくては。

    まぁ、「相親シャン・チン」はその先の問題だと言えなくはないの

  ですが、その先の“家”の問題はここでも大きく影を落としてるんです。

   「中国式相親」はまだ晴れた日の公園などで見られて楽しいですよ

   機会があったらどうぞ中国の朝の公園へ。

    更にこれのもう一つに、新聞紙上に自分の「征婚ヂェン・フン」

  (求婚広告)の欄があります。

    小さな記事で、小さな活字で、ビッシリ上と同じように自分の紹介

   と求める相手を書いてるだけですが、これなかなか面白いのに

   遭遇で来たりして楽しいです。こちらも機会があったら中国で新聞紙

   を求め、ご覧になってください。








| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月19日 (金)

中国式報道新聞 - 変わる中国の報道

Sn2013108074449151708571d358a1 どうも毎日のように地震のお話をしてるようですが、

 これは偶々であって、別に何か意識してるわけでも

 なく、一昨日・昨日とまたまた地震があって、今度は

             中国が揺れました。

   恐らくこれ、日本では報道しないでしょうから、ちょっとだけ紹介?

  しておきますね。昨日の地震、中国・雲南省というところの田舎。

   地名を聞いても私も分からないので、洱源アール・ユァンという

  ところらしいですが、あのプーアル茶の、アールはこの字でして

  は元来、雲南省のあたりを指す地名なんですね。余談ですが。

   それは兎も角、一昨日夕方6時に地震があり、田舎ですので

  高い建物なんかはないので、そう大きな被害はないようですが、

  それでも家屋の倒壊などもあり、1万人強が避難してるようです。

  12万人くらいが被災したとされています。そのテント生活の写真

  が上の画です。

   地球は生き物だな・・・、というのを感じさせられるこの数日です。

    さて、今日の話題の中国式××は、

Image9 中国式報道新聞 バォ・ダォ・シン・ウェン

 報道は同じ、新聞はこれでニュースの意味です。

 この方面の変化はここ数年で著しいものがあります。

   中国の報道も変わりました。変わらざるを得なかった。

   この大きな要因は勿論、ネットですね、インターネットによる影響が

   大きく作用しています。

    もう一つは情報の分野では、世界がますます小さく?なってきて

   います。遠く離れた場所のニュースもすぐ近くのように伝えられる

   時代に入りました。

     また、この報道の世界そのもののが他の国を見習う?ようにも

   なって参りました、ですので大きく?変わりました。

    例えば今朝も、中国中央電視台のニュースでは、

  (スミマセン!ちょっと何処だったか注意して見てませんでしたが)

  工場排水と排気の影響で、近くの養豚場のブタさんが大量(×万頭)

  急に死んで・・・環境庁役人のお出ましニュースをやってましたし、

    昨日は、四川省のある町での交通事故のニュースを取り上げ、

  ひき逃げ事件ですが、確か轢かれた人亡くなってはいない、

   もう一つ、酒酔い運転で一旦逃げた人が、現場に娘を忘れて?

  逃げたんで戻ってきたところを捕まえたニュース等等・・・・

    ですね。

   何が言いたいか、というと、これまでは中央電視台のニュース

   では、こうした些少のことは取り扱われなかった。今は、ある

   意味余り庶民には知らせたくないニュースも流すようにはなった。

   なった・・・。なったが、無論まだ示威的要素は感じられる。何を流し

   何を取り上げるかは、まだまだ、こちらの知りたい事が素直に?

   流されているとは思えない。でもこれ、程度の差はあれ日本だって

   いえることでしょ。

     前にもお話してますが、

   日本における中国に関する報道は、どっかちょっと歪んでます。

   同様に、中国における日本の報道も同じくらいかそれ以上に

   歪んでいます。歪んでいる原因は、そのかけているメガネ?に

   あるのか、気持ちの方にあるのかは分かりません。恐らくその

   両方でしょう。

    また、正確さ?にも欠けています。これも故意かも知れません。

   またまた、余談ですが、今朝の日本のテレビ。途中から見てるので

   前後はちょっと何の話題だったのか・・・。中国で新しい政権が誕生

   してから贅沢禁止令のようなものが出ていて軒並みレストランの

   売り上げが落ち込み、中国の経済成長率にもそれが影を落として

   いる、との報道。

   多分これ、先日来書いてる「光盤行動」(食べものを残さない運動)

   のこと言ってるんでしょうが、贅沢は禁止してないし、レストランが

   暇になることはないし、中国経済はそんなことでは揺るぎませんし、

   食べ残しを無くす運動はこれ自体は好いことですし、どう間違って

   どこがどうなって、こんな報道になるのでしょ。

     おっと、結論を急ぎましょう。

      「中国式報道新聞」の中国たる由縁は何か?

    それはまだまだその重きの最たる要因が、

    知りたいことを知らせるのではなく、知らせたいことを知らせる

    にある基本姿勢?が変わってないところにあります。

     「日本式報道」は、どれだけ皆の関心を呼ぶかにともすれば

    優先され、それが関心を呼ぶようにも工夫?されたりもします。

    「中国式報道新聞」は、主体は向こうにあってみる側に無ない

    ので、主体が何を知らせ何を伝えたいかが全てです。

     そうは言っても、最初に書いたようにその主体をも揺るがす

    力としてネットや他からの情報にも多少影響されるようになった

    ということです。

    最近では時折あの夜7時の中国中央電視台のトップニュース

   は、自国のトップの政治家が何処かの国の訪問者を歓迎とか

   訪問してるとか、政治的会議があったとか、

     そっから入る。つまり新聞紙で言うと、一面は必ずそうした

   政治面であったのが、変わってきました。これも必ずしもそうした

   ニュースでなくなってきました。

    画面が地味・・・?との不評も時折耳にしますが、

   私はあれでいいんじゃないかと。日本のいまのニュース番組、

   総じてあれは純粋にニュース番組とは言えないです。ちょっと

   演出が過ぎると思いますので、変わって欲しい部分と変わらずに

   いて欲しい部分のその微妙な手の入れ方はこの問題に限らず

   悩ましい所です。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月18日 (木)

中国式地上げ? - 中国式強行迁徒

  昨日、巴基斯坦バァ・ジィ・ス・タンの地震のことを書いてたら、

 夕方になってからの相次いでの日本での地震で今度は日本が

 揺れました。

   んん~ちょっと揺れすぎ。もっと穏やかに願いたい。

   中国は昨日は黄砂が酷かった。砂嵐と言ってますが、内陸

 各地では砂嵐が吹き荒れ、先が見えない状態だったようです。

1163058120130044040401 今日は中国でまだ燻っているというか、

 今後ずっとこの問題、後に残るでしょうが

 住宅の問題ですね、前にお知らせたその

  新しく取り入れた“税”の問題のその変革に伴う右往左往で

  中国はまだ大変です。

    これ、分かりますよ、一般庶民にとってはどの国も同じ。

  住宅の問題は一生の大問題です。これを解決しなくてはどう

  にもこうにも人生設計が・・。一生で一番大きな買い物ですしね。

    ここは同じなんですが、違うのは土地は自分のものになり

  なりませんので、おしなべてどこの家もみな、中国の“家”の

  問題はイコール上物の話となります。

   その上物も基本一軒家ではありません。集合住宅。

    では、土地なんかは関係ないかというと、そうはならん。

  誰もが便利な所に住みたい。利便性も環境も買いたい。

   だから高い所はますます高値を呼ぶ。

   一方行政側では、都市の整備や遅れてきた車社会に対する

  道路や、インフラの整備に自分たちでできる土地利用を優先

Main2013041208403033310468650701 させたい。必然、邪魔な?

“家”は出てくるし、作られては

困る場所も出てくる。

 そこで引っ越しをして貰いたい

のだが、そうは言っても長年?

そこに住みなれた人や、そこで

   生きることしか考えていなかった人たちには寝耳に水の引っ越し

   話で、さてどうしたものか・・・はどの国も同じ。

    でその“土地”はお持ちになってないのですが、その“権利”は

   お持ちなんです。まぁまぁその違いはあったも日本と同じ様な?

   現象はあって、“地上げ屋”さんの登場となる。

    ところがこの“地上げ”の正式な?訳はいまだない。

    厳密には日本のその“地上げ”と違いますし、これまでそういう

  概念のものがなかったので、突然の“地上げ”は急で言葉の方が

  間に合ってない。あるんですよ、間に合わせの?訳は。

   “地上げ屋”というそのお仕事??の人の名称を一応考えた。

   それは有るんですが、それもまぁ正確?には日本のそうした

   人たちとはちょい違うんですが“転がして”値を上げるというその

   部分は同じ。

Sn201310008101115165ff631197b1 ここに巨額の金が動くのでどうしても、そうした?

 人たちが群がってきます。そんな悪徳?業者も

 いれば、悪にも徳があるくらいですから、反対の

  善徳業者だっているはずですし、お役人にだって悪徳役人もいれば

  必死になって自分の都市を良くしようと駆けずり回り、住みよい街

  づくりに骨身を削っている担当役人だっているはずだ。

Sn2012361165723150dc0d73381981 この辺のお話は時折事件となって社会化しその

問題が浮き彫りになってますし、ドラマでもかなり

の数この問題がテーマとして取り上げられてます。

   それ位社会問題かしているということの証明です。

     それで、前にここに書きましたように、最近

   中国式××、の言い方を中国では好くするようになりました。

   これは、自分たちのやっていることが、他所とはちょっと違うぞ!

   と中国の人自らが気づき始めた現れですね。

     ということで、今日は「中国式地上げ」として見ましたが、

   中国の人はまだこういう言い方はしてません。わたしが勝手にそう

   言ってるだけです。

     「中国式地上げ」は、ではどこが「中国式」か?というと、

   問題はその“土地”が個人のところにはない。これは歴史がそうして

   るだけで、このことで良い面もあるし悪い面もあるがそれはまた別の

   問題。

     このことで何が「中国式」になるかというと、

     この“土地”の問題。地上げの問題。

    上手く行ってるうちはいいが、ひとたび不味いことになると、

    その不満はすぐに土地所有者=政府に目が行くというのが、

     「中国式」なわけです。

    そしてこの“土地”の問題というやつはなかなか上手く行くことが

    少ないのであります・・・・。だから大変だ!!










| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月17日 (水)

中国経済成長予測を下方修正ーそれでも7・7%

Sn20131060801171516de64d63a891
  昨日は、

  巴基斯坦バ・ジィ・スゥ・ダン パキスタン

   が揺れた。 この画は卡拉奇 カ・ラ・チィ で建物から外へ出て

   地震の怖さを確かめている人達。

     7・8級の地震と中国報道は伝えています。

     昼間?だったせいか混乱は避けれたようですが、それにしても

   相当揺れたようです。この報道日本では余り大きくありませんが、

   それは矢張り日本人被害者がいなかったせいでしょうか?

    昨日の報道で中国関係では

    「中国成長7・7%に減速」

    が大文字で踊ってました。

    減速してなお、7・7%ですからね、日銀まで巻き込んでどうにか

   2%成長へ乗せようという日本政府にとっては夢のような?話です。

    中国のいまの苦しい所は、そのよく言われる不動産バブルですね

   実際は中国では不動産というより、〝房子ファン・ズ〟“家”のバブル

   ですが、これをなんとかコントロール?したいのですが、これって

   日本でもそうですしどの国も一度はこの問題に直面しますが、どの

   国もその政府が対策をうつにしても、その対策は大概後手に回り

   更には時にその対策案がバブルを逆に助長するなどして、早い

   話上手く行かんのですよ。

     だから、いくら日本が先輩面してバブルは・・・ねの話をしても

   実際の経済の活動は、まぁあるところまで、行き着くところまで

   行かないとどうやら止まらないもののようです。

     そうかといって何も手を打たなくて好い、という意味ではない

   ですよ。ですがその手は上手く行くかどうかははなはだ心もとない。

     値上げラッシュですね中国。

     デフレ日本政府としてこれまたよだれが出るほど羨ましい。

102d1
 来月から?だったかなタクシー料金

 も値上げになるとのことで話題に

 なってますが、その割に消費は

 伸びていないんだ、との報道です。

    そういえば、先日もここで書いた

    「光盤行動」(食べ残しをしない運動)何かも実施してみたら

   予想以上に外食産業の部分で影響が出たらしく、何をやっても

   大きく人数の多い国はそのひとつひとつの動くに対する影響が

   これまた大きく大変です。

    更にここへきて、H7N9の鳥インフルエンザがこのあと

   経済に影を落とすことは必至でしょう。

     でもまぁ・・・全くの門外漢から言わせていただけるなら、

   経済がそんなにこちらの思惑通りに順調に伸びるなんてな

   そんな時代はそうそうは無いわけでして、それなりにいつも

   何かしらの問題は抱えてますし、こちらが願った数字通りには

   事が運ばないという、こちらの方が普通?のことだとわたし

   なんかは思ってるのですが、違いますか?

     そんなそんな経済学者の思ったように世の中運ぶんなら

    経済学者なんかいらない??

     って、どういう理屈これ・・・

    ということですよ。

     

     

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月16日 (火)

昨天、开始讲课了! ー 始まりました!中国語教室

Sn20131050741041516c901006ee01
  美国 メェィ・グォ アメリカ

  波士頓 ボォ・シィ・ドゥン  ボストンの

  馬拉松賽 マー・ラァ・ソン・サィ マラソン会場で

    発生爆炸事件 ファ・ション・バォ・ザァ・シィ・ジェン 爆発事件、

    の新聞シン・ウェン ニュースが伝えられております。

Sn20131050614221516c7bbeba77d1 まだ、詳しいことは何も発表されておりませんので、

 ほぼその事実のみ、が報道されております。

  テレビクルーなどもゴール付近にはいたようですし

カメラマンが相当近くにいたようですので生々しい

   映像が多数、ネット上でも飛び交っております。

    これで、今後のまた馬拉松マラソン大会の運営上の安全問題

  が大きく取り上げられることになるのでしょうか。

 

    さて、昨日も書きましたが、

  昨日、4月15日月曜日夜、函館日中中国語教室が開講となりました。

   会場で初めてお目にかかったみなさん、これから一年どうぞよろしく

  お願いいたします。

   最初のご案内とご挨拶のところでも申し上げましたし、

   このブログでもたびたび教室に関する考えを既に何度も書かせて

   いただいておりますので、その点はもうそれで足りていると思います。

   このブログのちょっと前の方の日付を見ていただけますと、

   書いております。

P4150642_2 今日の申し上げるのを忘れたのが1点。

  今月最終月曜日、29日は祝日ですが

  教室はお休みとなりません。

  4月は最初に二週休んでますので、

   29日の講座はあります。どうぞよろしく。

    5月の予定は来週分かりますので、教室でお伝え致します。

   というように、このブログを時折みていただくと、何かと連絡

   その他多少は中国語の訳にもたちますので、どうぞ時折は

   覗いて見ていただくことをお薦め致します。

P4150644_2 早速昨日後半は2クラスに分かれての

 授業を始めております。

 劉先生との授業は如何でしたでしょうか?

  日本語もお上手ですし、その他何か

  中国のことで興味があることがあったなら、どうぞ授業に差し支え

  無い程度であれば、いつでもお尋ねください。

    もう一点。

  昨日も挨拶の中でお話させていただきました。

  ただいま、「函館日中友好協会」では新会員の加入を募って

  おります。中国に関心があり、中国との交流に興味があれば

  どなたでもご参加いただけます。

   受講生ご本人はもとより、友人・知人にそのような方がおられ

  ましたら、どうぞご紹介ください。

    更に、教室の受講生が協会会員になっていただますと、

  受講料の割引特典などもございます。

    また、毎週お会いできますので、同じ会員でも教室に通って

  こられている会員さんがより身近に感じられます。

    どうぞ、この機会のご一考いただいて、「函館日中」の活動を

  支える一員となって、今後いっしょに活動してみませんか。

    参加お申し込みはいつでもお受けしております。

   どうぞよろしくお願いいたします。

   人数が沢山増えたならまた何か新しい事業が出来ると思います。

  その為にも、ただいま精力的?に募集しておりますので、

  どうぞこの機会に一緒に仲間になって、一緒に活動を!!

   みなさまのご参加をお待ちしております。

    また、このブログをご覧になって、

   「函館日中」の活動を応援・支援してやろうではないか!!と

  お考えの企業や個人の方で、資金的援助、寄付をしてあげよう!

  とのお申しであれば、是非お願いいたします。

    この場合の援助は遠く離れていても可能ですので、

  函館に限らず、このブロブまたはホームページをご覧になって

  活動を支持・支援していただける方はご連絡ください。

    今年の活動にいよいよ本格的に入りました。

  つぎ、留学生との交流は、多分6月

   野外交流会になると思います。

   また新しい留学生もお見えになってるようですし、

   楽しみです。

   では、昨日がスタートです

   これから毎週月曜どうぞよろしくお願いいたします。

   これから教室を見学してみたいという方、お受けしておりますが

   必ず事前にご連絡をいただけるようお願いいたします。

        2013年4月16日

              函館日中友好協会



  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月15日 (月)

学习的敌人是自己的满足・・・是吗?ー学習の敵は満足することにある?

Tncahjyqpr
   いよいよ今日(4月15日)から

  函館日中友好協会・中国語教室

  2013年度第25期が始まります。

  何度も書いておりますが、

   どうぞよろしくお願いいたします。

    もうこの教室始めて、25年にもなります。

    中国の毛沢東というエライおじさんは、こう言ってます

     「学习的敌人是自己的满足,

      要认真学习一点东西 ,

       必须从不自满开始。」

     読めないですよね、初めての人は・・・

  ちょっと長くなるので読みは置いといて、意味は取れますかね?

   見慣れない字が幾つか出てますが、これが認識できれば

   もうほぼ意味は取れると思います。

    学は、学の中国簡体字です。

    同じく、人はという字がこうなります。

    真は、真という字ですが、意味はまじめに、の意味

    一点は点数ではなく、ちょっと、の意味

    东西は、これで もの をさします。

    必须は、近いですが、必ず・・の意味で

    は、従の字から発してますが、~から・・の意味です。

    开始の开は始の開です。

    といったことをこれから習うわけですが、こんな難しい

    話をいきなり習うわけではありませんよ。ご安心ください。

      これらを踏まえてもう一度上の文をご覧ください。

     「学ぶことの敵は自分が満足してしまうことにある。

     どんなことでも真剣に学んでこそ得られるものであり、

     自己満足することなく謙虚さをもたなくては学べない」

     というのが私の訳です。

      これもいろんな訳はあるでしょうが、言いたいことは

     学ぶことに満足はいなよ、と常に謙虚に学びなさい、

     と言ってるのでしょう。

Tncaedpu15  まぁまぁ字の問題なんかもあるんですが

  私がこのエライ人の文を持ち出して

  言いたかったことは多分?

 字の問題はすぐに慣れます?心配

 要りません。何せ漢字ですから。

   こちらはホント日本人にとってはありがたい。

    問題は実は発音なんですが、ここでは発音の問題を

   取り出せません。何故ならこれは画面で字を見ているから

   です。ですので、中国語学習をお勧めしてるのは、この

   音をつかまえる為に一緒に勉強しましょうよ、とたびたび

   呼びかけております。

    こちらは足を運んでるうちに音の世界にすぐ入ります。

    この画面上でもう一つ指摘できることがあります。

    その為にこの毛沢東という人の例が好かったかどうか?

   自信がありませんが、

    最初の行のように、「勉強の敵は・・・」というような

   この言い回しですね。彼が特別そうした言い回しが得意?

   であった点は認めるにしても、「勉強」にも「敵」を求めちゃう

   そうした発想法と言い方の違いが“文化”だと思って下さい。

 

    この言い回し、発想の違いが“言語”を習う上でもかなり

   影響しています。

    それは“言語”を習うだけでは身につかず“文化”も一緒に

   学んでいただきいと思っています。そして、この教室がそうした

   面を出来るだけ取り入れながら進めていけるよう努めて参り

   ます。それには、長く足を運んでいただく必要があります。

    どうぞ今年もよろしくお願いいたします。

Tn5

  教師初日ですので、

 初めての方もおいでになります。

 毎回そうですが、多少駐車場が混みあい

 そうですので、間隔を空けずに駐車して

    下さい。

     最初に簡単な要望や説明、

     講師の紹介があります。

     あとは2クラスに分けての初回の授業となります。

     初級の方、今日から早速使うかどうかはわかりませんが

     テキスト・NHKラジオ中国語講座をお忘れなく。

     中級のみんさん、これまで使っていたテキスト暫時使います

     お持ちください。

      では、今夜から

    お会いしましょう。 どうぞよろしく。

                       函館日中友好協会




 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

学习的敌人是自己的满足  是吗

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月14日 (日)

どこでもお湯がついて回る中国が羨ましい

   ヒトはみな普段の自分の習慣から逃れることはできない。

  普段の暮しでは、逃れるなどという気はないし、もしろその

  習慣に縛られる。

    例えば飲み物がそうだ。

    アルコールを別にして、普段自分が飲んでいる飲み物、

  飲み方にこだわる?

    外へ出るとその事を否応もなく意識させられる。

    ちょっとした集まりで外へ出てきていて、

  困っているのが、会場にはお湯がないということだ。

   茶葉と容器は持ち歩いてるので、湯さえあれば私は自分の

  飲み物を賄う?ことができる。

    これが中国だと、何処へいこうとお湯は付いて回る。

Photo こちらは中国の列車の中の給湯器。

 移動ちゅでもこうだから、会議の会場などは

 必ず給湯器はあるし、お茶のサービスがある。

  これには中国の“水”事情があることを

   割り引いても、とってもありがたいサービス。

     ところで、いつ頃から、日本はこんなに冷たい飲料を

   取るようになったのだろう。

     冬でも冷たいものがずらっとならんだ自販機が、

   その自販機がまたずらっとならんでいて、

   どれもこれも冷たいお茶だった。

    多分日本の住宅事情と関係してる。

     事務所の誰かに頼めばそりゃお湯はあるでしょう。

     ですが、自由にお湯を汲んでいいばしょはない。

   それも、カップ一杯のほんのちょっとのお湯があれば

   わたしはそれでいいのだが・・・。

    お湯を一杯いただけませんか、が言えず

   自分の飲みたい飲み物も飲めず、

   会議にも身が入らないさんざんな日だ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月13日 (土)

準備完了、お待ちしていますー都安排好了

   今週の中国語は、準備が整いました、の言い方、

  都安排好了 ドゥ・アン・パィ・ハォ・ラ

   です。

   これは、「どう例の件進んでる?」等と訊かれた時は、

  「都安排好了!」とこたえれれば、これで、

  「準備完了」「すべて整っております」の答えになります。

Tncahjyqpr中国語教室受講生のみなさん、

来週月曜からの教室の準備も

  都安排好了!!

 準備が整いました、どうぞみなさん

   また来週からよろしくお願いいたします。

    そしてまた、今回新しくお申込みになられたみなさん、

   月曜からどうぞよろしくお願いいたします。

     只今、函館を離れております。

   ですので、今日・明日は電話でのお問い合わせの方は

   留守電になっております。

    恐れ入りますが、

    お名前・ご住所・電話番号を留守電に入れておいて

   ください。

     既に案内資料をお送りするのは間に合いませんので、

    恐れ入れいます、直接会場へいらしていただけますか。

     月曜午後6時40分には会場にわたしがおります。

     学校の職員駐車場にお車を駐車して、クルマを降りて

    校舎へ向かいまして右側守衛さんのいる入り口から

    お入りください。

      スリッパ上履きをご用意下さい。

      2階図書室にわたしがおりますのでお声をかけて

    いただければ、留守電に吹き込んでさえいただければ

    こちらで名簿その他は準備しておきます。

    昨年度から続けて受講のみなさんは慣れてますので

   この点は問題ないと思います。

     では

    星期晩上見!

                          函館日中友好協会

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月12日 (金)

ブランドバックの意味するところ?- 名牌儿提包代表什么?

   人は色んなところで、色んなものを見ていますが、

  ある人にとっての関心事はその主体にあるのではなく、

  その細部にあるということは往々にしてありますね。

   そしてその細部にこだわる人たちは、何時でもどんな場でも

  そのこだわる細部が決まっていて、ある意味こうした人たちに

  とっては、何がどんな場面でもその本筋には関係なく、関心事は

  それ一つしかないということですね。

    何のお話をしているかというとですね、

   最近立て続けにある話題に接して、へぇ~そうなんだぁ・・・と

  ちょっと感心させられた?ことがありました。

Sb2013770816498494541  

  それは女性のお持ちになるハンドバック

  提包ティ・バォ について、

  それも、ただの?提包ですとそう話題にも

   なりませんので、名牌ルミィン・パァル ブランド もののやつです。

   一つは、先ごろ行われた中国のあの大きな会議。人大レン・ダァ

   第12期全国人民代表大会(全人代)に来てた、女性議員の

   その多くが揃って、いわゆる誰でも知っている名牌ルブランド

   もののバックを手に提げて・・・が目立っていたという話題。

     古奇 グゥ・チィ  グッチ

     普拉達 プゥ・ラァ・ダァ   プラダ

     路易・威登 ルゥ・イ ウェィ・ドン  ルィヴィトン

   を提げて颯爽と登場の女性議員をこれまた丁寧に?その

   手元のバックだっけ写して紹介してる人がいる。

    多分、この方、会場に入れたんですからジャーナリストだと

   思います。そして多分、中国の報道関係者ではなく、また

   アジアにもこうした視点の報道関係者は少ないと思います

   ので、わたしの独断と偏見だと、ヨーロッパの報道者か社

   だと思います・・・かなぁ・・・。

    まぁそれはどうでもいいんですが、

   その、相当数の写真を見て、成るほどね!! と、

   本当に中国の議員の人たちもこんなバックをもってるんだ!!

   というちょっとした驚きと、

    一方で、これは中国だけ非難?できないです、日本だってそう

   ですから、結局こうして外国のブランド製品がもてはやされる

   ことになるんだぁ・・・とのちょっとしたガッカリ感?があった

     その数日後、

    次に接したのは、この会議のあと、习近平国家主席の

   最初の外遊で、夫人を伴って最初はロシアへ向かったんですが、

   そこでもまた、その夫人の持つバックが話題になってました。

    ですが、こんどは違いました。

    何が違うかって?それは、外国製の名牌の手提包 ではなく

   国産性だったということですね。

    映像でそれを目にした中国のご婦人方がそのバックに注目、

   たちどころにその製造メーカーが取沙汰され、

     それがまた話題になって、それと同じバックを求める為に

   注文が某メーカーに殺到する騒ぎになった。

     どうもそのバックは特注で、そのメーカーが発売してる

   ものとは多少理違うらしいのですが、それでも似た型のもの

   は今は生産が追い付いてないらしい。

     それで、一番最初の入り口のところに戻ります。

   この例はたまたまバックですが、要するに何時でも何処でも

   あることにしか関心のない人たちは、時にこうして本筋とは全く

   関係ないところから思わぬ指摘をしてくれて、

     そっから違う面を見せてくれるという利点はありますね。

   それは認めます。認めますが、それにしても

    会議の取材に行っても、外遊の取材に行っても、

   それを取材しないで?バックばかり見てるというのもまた

   可笑しなもんでしょ。

     で、今回気づかされたことは・・・何か??

   それは、みなさんが個々にお考えになればいいことで、

   わたしが、とやかく言うことではありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月11日 (木)

「15日開講の中国語教室の受講生募集」-函館新聞社様、ありがとうございます。

001_2
  昨日の、地元紙

   『函館新聞』にも

 函館日中友好協会

 中国語教室の案内

   記事を掲載していただきました。

   函館新聞社様、ありがとうございます。

   何度もご案内は申し上げておりますが、

  いよいよ来週月曜からのスタートとなります。

  どうぞ、お申込みお急ぎください。

Tncag2upv8  何かを学ぶということは実は

 とても楽しいことなんです。

  学校教育ではなかなかその辺が

 上手く伝わらない、というか受け手の

 若さも?あって、学校を出て初めて

   そうしたことに気付くことがあります。

    ですので、このところ各大学でも社会人の方の

   受講が増えている傾向にあります。

    そうした方を拝見していても、なるほど自分で学ぶ

   楽しさを見つけ出して取り組めば、そのことでますます

   興味が湧くものなのだということを知らされます。

    わたしはよくこのことを最近のマラソンブームになぞらえて

   お話をさせていただいております。

    どのマラソン大会も人気で、先日も札幌開催の北海道マラソン

      因みに中国語でマラソンは、 馬拉松 マァ・ラァ・ソン

   が、申し込み初日でたった一日で定員に達し締め切りとなりました。

    その殆どが所謂市民ランナーです。ではこの人たちは学生の

   頃から運動が得意な人やスポーツをやっていた人たちかというと

   実は意外や意外、学生の頃は、駈けっこなんか大嫌い、とか

   体育の時間をどうサボるかを考えていた人が多いんですね。

    それが学校を離れ、それぞれに始める切っ掛けはあるでしょが、

   ある日、走ることの楽しさを何かで知るわけです。

    学生の時だって、社会人になったって、走ることに費やす

   エネルギーは同じですから、走ることは辛いことのはずなんです。

   まして若ければ体力でカバーできますから、社会人になり年を

   重ねれれば重ねるほど条件的には好くないはずなんです。

  ましてや馬拉松などという42.195㎞を走りきるなどということは。

    それが楽しいという。

    競う必要はないので、自分は自分の目標なり、自分の満足の

  為に自分なりに努力しそれを達成する喜びに魅力があるのでしょう。

    自分から申し込んで、札幌まで足を運んで、ある人はわざわざ

   東京マラソンに、いやいや世界中に足を運んでまで走る人が

   増えてます。

   ここに、その人にとって楽しさとは何だろう、というヒントがあります。

   もう一つは、自分は学生の頃はあれが苦手だったな、というその

   事が、学校ならでは教えに有ったかも知れません。

   他者と競ったり、成績の為の学びはどこかでその面白味を

   殺してしまっているのでしょう。

   或いは年齢を重ねるごとに自分の興味が変わり見えてくる、

   ということもここからは分かります。

     何が言いたいかというと、二つ。

   一つは、何事も先ずは初めて見ることです。

    自分に合うか合わないか、自分の今の興味でどれだけのこと

    が出来るかは初めてみなくては分からない、ということです。

   いま一つは、

    楽しみは他人が与えてくれるものではなく、自分で自分なりに

   自分から創り出し育てていかなくてはならない、ということです。

     この二つです。

    興味を持ったなら先ずは初めてみることをお薦め致します。

    ご連絡をお待ちしております。

Tnca2nmwec

      電話(0138)51-0041

    まで、どうぞ。

                  函館日中友好協会

  





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月10日 (水)

もうそろそろ無理でしょ!ー 中国式道路横断法

Sb2013991001487333121  中国へ一度でも行かれた方なら

  フンフン・・・と肯いてくれるあの

  危険極まりない、中国式道路横断法

  への厳罰?が決まって、それが実施されることとなった。

    各地でその動きはあって、浙江省で先日、

  昨日から北京で、それがスタート??

    どだい、規制しなくともそろそもうあの

  みんなで渡れば怖くない!!方式の横断は無理な時代に

  入っている。それに渋滞がひどく、その渋滞を招いている面

  もあるので、ここらで一掃?となった。

   それは十分に理解できる。遅いくらいだ。みんなあれはもう

  そろそろ・・・と思ってる、思ってるが自分が守るかというと、

  そこはまた別問題。

      中国式过马路 ヂオン・グォ・シィ・グォ・マァ・ルゥ

   と言ってますが、

     中国式××が、ここのところ中国の人は気に入ってる

   ようですね。頻発する中国式××、中国式離婚とか・・・。

  多分、自分たちのやってることが、他の国とはちょっと違うんだ

  ということに気付き始めたんでしょうね。

   そのことに気付いたうえで、自分たちの方法というかやり方は

  ある時はこれでいいんだぁ~という矜持であったり、ある時は、

  これ、なんとかしなくちゃぁ~、の反省だったりの、中国式××

  です。

    で、今回はその道路横断のやり方ですが、以前はもう

  めちゃくちゃというか、まるで自由奔放。勝手放題。

    だいたい、道路の真ん中に、交差点の真ん中に平気で人が  

  立ってましたからね。また、クルマを運転する側はそれを器用?

  に避けて右に左にハンドルを取りながら、の運転でした。

   流石に事故も増えましたし、先ほど申しましたように渋滞の原因

  にもなりますので、ここはひとつ厳しく対応しようではないか!と

  なりました。

    ただ守れ~~!!と言ってもそうそうそれで長年の習慣?が

   直るわけでもないので、北京ではそうした違反横断者には10元

   の罰金を科すと言ってますよ。

     これ、日本円では140円くらいの額ですが、いやいや・・・

   中国では、ただ路を渡っただけで違反して10元とられるのは

   痛い!!かなり痛い!!

     それに、ただ?渡っただけなのに・・・・ 更には、

   わたしだけじゃないのに・・・   10元は・・・・ 重いかも。

   いやいや額よりも何よりそれを守る気があるかどうかですよ。

   考えて見れば中国の彼らは生まれた時から??ず~っと

   あれでやってきたわけですよ。子供の時から親に手を引かれ

   スィスィと?クルマを縫って道路を渡ってた。

   信号が赤だろうが、一応それは点いてるだけで、クルマさえ

   躱せれば渡ってよかったし、それが腕??だった。

    逆に渡れないやつは、ドンくさかった?わけでしょ。

   それを急にあんたちのやってることは実は違うんだ!!

   と、言われてるわけですが、分かってるのかなぁ・・・。

    日本へそれを学びに来る、

   「道路横断学習ツァー」なんてのはどうですかね・・・

    ちょっと費用が掛かり過ぎの様な気がしますが。

   でも、どっかで学ばないと。

     自分たちのやってることがちょっと違っていることを

   どっかで先ずは知らせないと駄目ですよね。

    規制強化初日の混乱もあまりなく北京は過ぎました。

   さてさて、これからどうなるか?

  次、行った時の中国の大都市の道路横断がどうなってるか

   楽しみだなぁ・・・。見てきたら報告します。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 9日 (火)

「留学生の指導で中国語を」受講生募集記事掲載ーありがとうございました、北海道新聞社様

Sn2013980734201516353fcf31481_2  今日は、世界中をこのニュースが、

  駆け巡っています。

  “鉄娘子” 撒切尓夫人去世

    サッチャーさんの漢字表記は

   撒切尓 sa1 qie4 er3  サー チェ アール

   “鉄の女”の方は、“铁娘子 tie3 niang2 zi3

   ティェ ニィァン ズ” と言ってますが、ここで言う

   “娘子”は、中国語では若い娘さんのことではなく、

   “娘”は、一般には母親を指し、その年代の婦人を

   指す敬称となっています。

  ということで、これも中国語の勉強ですが、昨日もお伝え

   しました。また、昨日は北海道新聞「みなみ風」道南版

   紙上でもこの受講生募集の記事を取り上げていただきました。

   北海道新聞社さん、ありがとうございます。

001_2


    Tnca2nmwec函館日中友好協会・中国語教室

              2013年度の受講生を只今募集しております。

   お申込みお急ぎください。

   新聞をご覧になって早速お申し込みをいただいております。

    お申込みありがとうございます。

   こちから案内の文書を発送しておりますので、どうぞ今少し

   お待ちください。

     詳しい内容はそちらに記載されております。

Tncaiodziu  初級の方は、どうぞ書店でご自分で

    NHK中国語ラジオ講座テキスト

   『まいにち 中国語』4月号 420円

  をお買い求めになり、ご持参ください。

   こちらのテキストは月刊でこのあとも

   引き続き、毎号お買いもとになってお手元に準備されるよう

 お願いいたします。(テレビとラジオがあります、ラジオの方です)

    初級はどのテキストを使っても必ず先ずはピンインと言って

   上の表にあるような発音の勉強から入ります。

    これは、どのテキスト、どこの中国語教室に言っても必ず

   ここから始まります。

    その点で、NHKのテキストは、放送と連動して音がとれますし、

   徐々に中国語に慣れてゆくという面でも、初級のテキストはこの間

   ずっとNHKラジオのテキストを使用しております。

   多分、4月号から9月号まではこのテキストを使うことに

   なると思います。忘れずにお求めください。

    時間がありましたら、毎日月曜から金曜までの朝8:15分からの

   放送か、午後10:30~の再放送、日曜には纏めての再放送も

   されておりますので、どうぞ聴いてみてください。

001_3 中級クラスの方のテキストはこちらになります。

  朝日出版刊、『We Can!中国語 中級』

   定価2400円。

   一年間使います。授業の始まりの数回は

  前回、劉先生が使っていたテキストを使い、

   復習も兼ねて、残っていた部分を仕上げ、その間に中級班

   を選択された受講生のみなさんにはこのテキストをこちらが

   纏めて出版社に発注いたします。

   テキスト購入申し込み用紙が回っていきますので、そちらに

   お名前をご記入ください。

    全28課の短い会話文で構成された、初級段階を終えられた

   方のテキストです。ですので、今年新しく中級に入ってこられる

   方には丁度いいレベルかと思います。

    授業時間の三分の二か二分の一はこのテキストを使っての

   授業となります。

    また、中級班はこのテキストの他にこちらが用意した刷り物や

   CDなどがあります。これらを使っての更にもう一段上のレベル

   の授業を後半の時間を使って行います。

    これらの教材はこちらが用意し費用もこちらが負担致します。

Tncaedpu15  ご要望その他がございましたら、どうぞ

  ご遠慮なく授業中でも結構ですし、それ以外

  の時間でも結構です、いつでもおっしゃって

  ください。

    昨日も申し上げましたが、楽しい授業を

    目指しています。

     学校の授業でも同じことを言ってますが、楽しい授業は

   教師だけが頑張ってもだめでして、受け手もまたそれに一緒に

   なって目指していただなくてはなりません。

    あと、一週間です。

    お申込み、お問い合わせの方はお急ぎください。

    電話 (0138)51-0041  へどうぞ、

    メールでのお問い合わせは、hakodatekai@msn.com

         で「中国語教室」と書いていただければ、メール添付でも

    発送が可能です。

    では、15日お会いしましょう。

                          函館日中友好協会

   















| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 8日 (月)

新年度・中国語教室準備の為、授業は来週から

Sb2013961003002808681
 H7N9禽流感 の その後はまだまだ予断が

 なりません。今のところ感染患者の数のみが

  大きく取り上げられ中国でも報道されております。その経路と

  今後のワクチンの問題に話題が移るにはあと少し時間が必要

  とされるということでしょう。

   中国も懸命に対応してますが、心配はこの“鳥”の問題に

  限らずですが、中国はまだまだ“人”と“動物・家畜”の距離が近い

  です。“鳥”はペットとして飼われているものもまだ多いでしょうし、

  市場では普通に生きた“鳥”が売買されてますし、写真のように

  素手で取り扱う人も多いですしね。

    徹底するにもなかなかに大変です。

    さて、今日は月曜ですが、「函館日中友好協会」の

  中国語教室は只今、新年度スタートへ向けての準備の為今日の

  授業はお休みです。来週からのスタートとなります。

   どうぞよろしくお願いいたします。

   ネットで受講お申込みの皆様へは既に郵送でご案内を差し上げて

  おります。お手元に届いている申込書にご記入の上、来週月曜日

  15日にどうぞ、会場へいらしてください。お待ちしております。

    ちょっと遅くなっておりますが、多分?一両日中に地元新聞紙上

  でも、この教室のご案内の記事が掲載されると思います。

    そちらをご覧になってのお申し込みを待って、ご案内を差し上げ

  ます。これをご覧のみなさんで、ご友人・知人に中国語に関心をお持ち

  の方がおられましたら、どうぞこの教室を推薦して下さい。

6097712_141608061265_21 昨年来、両国間の関係がかんばしくない状態ですが、

 そうした時でも、相手の文化やそうした考え方を知る、

 理解する上でも言語は大きな働きをします。

  こうした機会だからこそ、これまでよく分かっていると

 思っていた隣国が、意外に分かっていないこと、情報

 の量が国が近いと割と多いように思われているかも

 知れませんが、その量と実態がどれ程一致している

  かはまた別の問題でもあります。

    更に、両国間の関係で言っても、

   ケンカもいつまでもケンカしてるわけではありませんので、

   そのうちこんなケンカ?は終わるでしょう。そして数年後には、

   あぁ・・そんね時代もあったね・・・となる日が来るのですが、

   お隣の言語、それも日本語にこれほど色濃い影を落としている

  言語が面白くないはずはありません。

    
   そして、その面白さえ知ってしまえば、コトバを習う、学習する

  ということは、学校教育の言語教育とは違ってそう難しくもなく、

  楽しいことなんですね、実は。

    ぜひ、一緒に学んでその楽しさを共有しようでは

  ありませんか。

    みなさんの参加を心より歓迎いたします。

  いま、行こうかどうしようか迷っている方は先ずは一歩踏み

  出してみましょう。そうすればこれまでとはまた違った景色が

  目の前に展開されるはずです。

     「函館日中友好協会・2013年度中国語教室」

    ご案内はこちら→をクリック「茶館・隗かい 教室案内」

    お申し込お問い合わせ、お電話は

      (0138)51-0041 函館日中まで

    メールでのお問い合わせは下を↓↓ クリック

      函館日中友好協会・中国語教室

         欢迎你来参加我们学习班 !!

                  函館日中友好協会

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 6日 (土)

冥土の土産は何が好い?-帯到冥府的礼物

Sn2013950737081515f60247f8541   H7N9 で全く売れない鶏肉を前に

 手持無沙汰の売り子さん。彼女に責任は

 ないのですが、しょうがないよなぁ・・・当分。

  売れないでしょ。かなりの打撃のようです。

Sn2013940754031515e129b611a31  一方こちらは、「清明節」三連休を利用してどっと

 外へ出た人は渋滞に巻き込まれ、にっちもさっちも

 行かずの大渋滞に遭遇の図。

 おっと、この「にっちもさっちも」は面白い日本語。

  中国語はなんてんだ?ちょっと待ってください調べますから。

   寸歩難行 ツゥン・ブゥ・ナン・シン   か、

   成るほどね、一寸も動けないか・・・。

    今日の話題はこの「清明節」で、墓の前で燃やす「紙銭」

   ヂィ・チェンのお話はつい数日前にしました。

    その際に燃やさるのは、この「紙銭」(お金)だけではなく、

   冥土で死者が困らないように、或いは、死者が冥土でも

   快適で?ありますように、この世では叶わなかったようなもの

   を、この際??一緒に燃やして送ってやるんですが、この

   品物(冥土の土産)は、時代とともに変わって・・・ていうか、  

   時代を反映していて面白いのと、季節もの?ですのでこの時期

   を逃すと紹介できないので、今日はそれを紹介しましょう。

Sb2013921125001515ba10c6396e1_4 これがその王様とかやんごとないお方の

 お墓であれば埋蔵品ですよ。玉だの金だの

 がざっくざっく、というところですが、名もなき

  庶民にはその欲望もずっと庶民的。

   ですので、まずはこうした家やその中の家電などが、喜ばれる。

   これを燃やして、冥土の土産とします。

Sb2013921124561515ba108a1d701_2 女性は死んでもオシャレに?困らないように

 こうした服装セットを。

  こんだけあればとりあえず大丈夫ってこと

   でしょうか。多分これの男性用もあるにはあると思いますが、

   あんまり売れないのかも。

Sb2013921124551515ba10766e7a1_2男性用はこちらでしょう。酒です。これがなくては

冥土の生活も楽しくないですからね。

 国内の白酒バィ・ジュゥはもとより名だたる洋酒

も並んでます。手元にある紅い色は酒ではなく

  煙草です。それも「中華」という高級たばこ。その上には最近中国

  でも人気のワインも取り揃えてますね。

Sb2013921124541515ba1060a31b1_2 こちらは、単品ですね。単品となればそれだけ

 で価値あるもの、こちらは料理。あの世でも

 贅沢に良いものが食べれるように?こちらは

  ツバメの巣のパッケージ。当然このバリエーションとして、何でも

  あります。フカヒレもナマコも上海蟹もお持ち帰りに成れます。

    多分今年あたりは、スマートホンとかアイポットとか、ケイタイ

   ツールのそれを作れば売れるんじゃないでしょうか。

    もう売ってると思いますが。

   こうした変わり種?としては、

    結婚する前に不幸にして?亡くなった男女用にそれぞれ、

   男性には妙齢の女性の、女性にはイケメンの男性のマネキン

   があったりするんです。

     でもまぁ・・・総じて言えることは、

   庶民の夢なんて可愛いものだ、ということです。








Sb2013921125001515ba10c6396e1


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 5日 (金)

「錦旗ジン・チィ」誉められもせず、感謝もされずー「わたしの見た中国」4月号

Sn2013930746021515cbf3ac098a1 H7N9禽流感の話題は違うところで見て下さい。

 昨日お話したように、暫く日本のマスコミはこの

 話題に時間を割くでしょうし、必ず取り上げて

  くれるはずです。

   ここで指摘しておくのは、中国も前回の教訓があって、それなり

  にしっかりやっています。発生したのはもうどうしようもないので、

  あとはこれを徹底して封じ込める、ということが大切なんですね。

  その意味では、徹底することの大切さと、徹底の意味を前回で

  学びましたので、やってます。実は中国、この徹底するという

  ことについてはやりやすい土壌を持ってますから、日本より

  やり様によっては徹底するんです。見ててください。

   もう一つ、日本も厳戒態勢に入ってますが、もっと深刻にかつ

  切実にこの問題を受け止めてるのは、実は台湾です。近年、

  大陸との往来が盛んになりまして、人・物の出入りが激しいので、

  台湾はかなり神経質になっています。まぁ、いいことです。

  慎重になるに越したことはありませんから。

   さて、今日の話題は、昨日が4月4日、ぞろ目の日でしたので

  いつも通り、茶館『隗かい』 ホームペジ上の ウェブ版

   月刊「わたしの見た中国」を更新したしました。今月号のテーマは

    「錦旗 ジン・チィ」誉められもせず、感謝もされず・・

   という題でお送りしております。いつも通り上をクリックしていただけ

   ますと、『隗かい』トップページとリンクしておりますので、そちらに

   飛んでいただいて、お時間がありましたら、どうぞご覧ください。

   ところで、この「錦旗 ジン・チィ」ご覧になったことがおありですか?

Imagecay27rly こんなんですけど・・・。文中にも書きましたが、あのいま

 やってる甲子園高校野球なんかで優勝したチームが

 貰えるあの優勝旗ですよね。あれ、もっちょと横幅が

 あるように思えます。中国のはちょとスマートですか。

  いやいやデザインの問題ですから、中国にももちょっと寸詰まりのが

  あったように記憶してます。まぁまぁ、とにかくこんな旗です。

   で、これって誰かさんに、多くは感謝したり、誰かさんの功績を称え

   たりするときに、団体なり機関が用意して差し上げるものなんです。

   見たことありませんか?ホラあの、高倉健主演で中国で撮った

   「単騎千里を走る」のあの映画でも出てきますよね。

    別に見たことがなくとも構いません。

    そんなんが先ずあるということでして、これが日本の

   「感謝状」や「表彰状」みたいなもんだとお考えください。

    それがちょっと派手目で大きくなってるんだと。

Photo その証拠にこんな、これでもかぁ~!!の

 「感謝状」「表彰状」を壁一面に飾られた

  どうよ!!の事務室に案内されたことも

   あります。

   ニンゲン、いろんなシーンで感謝されたり、褒め称えられ

  たりしますので、この書かれている文言もなかなかに面白い

  ものもあるのですが、今回はそこまで紹介できませんでした。

   わたしが書きたかったのは、こうした感謝され表彰される人は

  始終感謝され、誉められていて、

   わたしのように、生まれてこの方、一度も表彰されることもなく、

  偶には感謝なんかされてるでしょうが、そんな「錦旗」を贈るほど

  の感謝はされず、

    宮沢賢治がなりたいと言っていた、

   「誉められもせず・・・」の人は、彼はそうなることに努力がいった

   ようですが、わたしは努力せずとも、

   「誉められもせず、感謝もされず・・・」ですけど・・・

    を書いた。

     「表彰状」も「感謝状」も我が家にはないなぁ・・・

    ある家は一杯あるんですよね、これが。

   と言ったようなことを書いてみました。

    今月号ウェブ版「錦旗」です。

   いつもご愛読ありがとうございます。

   ご愛読にみなさんに、感謝状を贈りたいくらいです。

   わたしの感謝状なんか貰っても迷惑でしょうから、贈りませんが。

   今後ともどうぞご愛読ください。

                                  謝謝!!





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 4日 (木)

清明節 チン・ミン・ジェ です。ー 4月4日

Tn2    清明節 チン・ミン・ジェ

  中国にはこの死者をめぐる記念日?

  が三つありまして、

  全て陰暦(旧暦)ですが、冬至から数えて

  105日目の今日がその 清明節

  7月15日と10月1日があとの二つ。

    今日はとりあえず一族の墓参りをする。扫墓 サォ・ムゥという。

  前の字は掃除の掃の字の簡体字。

Tncalz4kvj そしてこの 扫墓 の時、有名なのが?

 墓の前で この日専用?に造られた

 ニセのお札を燃やす。

  紙銭 ヂィ・チェンと言います。

   燃やしたお金はあの世でなくなった人が使えるらしい?ので

   大量に高額の紙幣(ニセモノ)を燃やし供養する。

    この頃ともなると、「紙銭」のお店も現れる。

Sb2013801023011514bc0850bdc51_3 こちらがそうなんですが、積み上げられた

 超高額紙幣(この世には存在しない1万元

 札とか)は、あの世のインフレの酷さを表わして

   いるようです。

    こうした古い習慣は前にも書きました、日本でもそうですが、

   何かしらのその日だけの食べ物と一緒になっていることが多い。

    清明節は何を食べたろう・・・ゆで卵?だったかな??

Tncaphmwq3_2 そういえば、緑色の餃子を食べた記憶

 があるなぁ、何かいわれも言ってたが

 食べるのに夢中で碌に聞いてもいない。

  介之推(春秋時代の人)の故事だった

   ような、なかったような・・・。

    広い中国ですから食べるものも各地いろいろあるのでしょう。

   清明節のはなし、「虚擬掃墓」なんでばーちゃるなの・・

   と題して茶館「隗かい」、わたしの見た中国にも書いてますので

   時間がありましたら、上をクリックしてそちらもご覧ください。

     今年の清明節の話題を2点。

   一つは、この業界、葬儀を含めて墓を売るとか、この周辺の

    葬祭関連業界はいま中国では、景気が良いらしい。

    人々の暮しがお金を持ち始めそちらにお金をかける人が

    増えてきているという話題と、そこに努める大卒者が増えて

    いるらしい。

   もう一つは、時代と共に無縁仏が増えていると、寺の関係者

    が言っている。もう誰も何年もかまわないそんな無縁仏が

    多くなり、寺として一定期間を設けて対処すると言ってた。

     この時期ポカポカ陽気に誘われてみ~んな外へ出るんです

   よね。今日あたり中国はそうとうの人出が。

     わたしがこの時期になると気になるのは、

    清明節の頃のお茶のでき具合ですね、さて、今年はどんな

    でしょうか。

      










| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 3日 (水)

どうなる?PM2・5 - 超極小粒子状物質

Sn2013920745361515b6da005f871 
  H7N9 今後毎日のように聞かされる

  キーワードはこれです。

  昨日発表された中国の新型

   鳥インフルエンザの話です。

    恐らく、今後暫くは日本のマスコミはこの話題で繋ぐ?

   ことになるでしょう。

     昨日、早速この件での記者会見が上海市保健関係の

   お偉いさんが出て、やってました。前回の鳥インフルエンザの

   時の教訓もあって立ち上がりがなかなか早いです。

    この点では、あぁ~流石に学習はしんてるんだなぁ・・・と、

   思って見てました。

   さてさて、この新しい単語、H7N9の話題で持ちきりになれば、

  ついこの間の PM2・5 はきっと忘れ去れるのでしょうから、

Tncae30sym  その間を突いて?

  今日の話題は、 PM2・5 です。

  但し、これをどうしよう・・・というお話

  ではありません。

   そうではなくて、PM2・5 は日本のマスコミが流したもので

   そのまま中国でも使ってましたが、これは漢字圏には矢張り

   馴染まないので、ナントカこれに中国名を付けよう、という

   わけです。

     中国・全国科学技術名詞査定委員会 といういかめしい

   役所があるらしい。そこが只今検討中。

    現在は2案。「肺吸入粒子状物質」「超極小粒子状物質」

   か、で迷ってる。近く結論を出す、と言ってる。

Tnca1zrdye_2 まぁ、名称の方は何回か会議をやれば

 結論はですでしょう・・・そのうち。

 それより根本問題のこの大気汚染をどう

するかの会議も急いだ方がいいですよ。

    あぁだこうだ・・もあるでしょうが、日本の技術でも何でも入れて

   取敢えずは工場の排気から手を付けては如何でしょ?と

   思うんです。わたしなんかは思うだけです。

   これに日本のマスコミは先日来、黄砂が飛んでくるのも絡めて、

    「どうしてくれるんだぁ~・・なんとかせいや!!」

    キャンペーンをやってましたが、

    あれもやるのは構いませんが、あまり声高にしないほうが

   好いとおもいますよ。

    何故って?

    そりゃぁ、いま日本ではあれ以上にコワ~イものを

   世界中にばらまき続けているからですよ。今後も多分・・・・。

   先日も、福島であの原発敷地内の汚染タンクが満杯になったので、

   今後は汚染水の処理をした上で、海に排水を流すと東京電力

   は軽く言っちゃてましたが・・・。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 2日 (火)

中国 と エイプリルフール -中国与愚人節

Focus1
  ご存知、昨日、4月1日は

  エイプリルフールの日。

 中国では「愚人節ユゥ・レン・ジェ」

 日本語訳の、「四月馬鹿」も

  ちょっといただけない訳だが、中国語的には、

  ウソを言う方の人ではなく、騙される側の方の人の意味で

  こんな役になっている。

    元来、エイプリルフールは正しくはそうした意味らしいので、

  その点では忠実に訳されているのでしょう。

    この習慣?多分日本にもちょっと馴染まないが、中国は

  もっと馴染まない。

    騙されて、騙された方も楽しめる?何かがないとちょっと

  本気に怒られそうだ。

    ということは、騙される側にも騙されてなお、心にちょっと

  余裕?がないことには成立?しない。

    多分、今後も中国社会には余り馴染まないだろうと思う。

   もう一つ、大きな理由がある。

   それは、嘘は嘘でも、いま中国ではデマ・謡言ヤォ・イェン 

   困ってる。何かちょっとしたことでも、この謡言に影響されて

   多くの人がそれで行動をとる。

    また、その謡言が瞬く間に物凄い数の人に実しやかに伝わり

   それを真に受けた人がドット同じ行動へ駆り出される。

    その数がまた半端じゃないため、それを制御するだけで大変

   な労力を必要とするし、時に制御不能ともなれば、これまた

   成り行きによっては暴動が起きそうなくらい油断がならない。

    で、この謡言には政府もかなり気を使っている。

    その全てに対応することはできない。余りに数が多くて。

    でも、その主要なもの動きの多きものは監視の対象となる。

   そこへもってきてこの愚人節なんかでお気楽にウソなんか撒かれ

   たらたまったもんじゃない。

    でもそこは良くしたもので、普段から住民だってその謡言に

   振り回されているので、かなりの免疫性は持っている。

Sb2013861024488300611_2 そんな免疫力のある、中国の人だって、というか

 そういう社会だからこそ、その心の隙間のどっか

 に入り込む謡言に常に惑わされている。

  こちらは、3月の最後の日に起こったので、愚人節には関係ないと

  思うが、ガスが値上がりするぞ~との噂話?にドットその値上がり

  前に買っておこうという人たちが押し寄せ、ガス会社前は時ならぬ

  行列に。

Sb2013861024434950981 それが、どこかの都市一か所くらいならまだ・・・

 何故か時同じくして全国各地でその動きがあり、

 警備の人まで繰り出す騒ぎになった。

   結局それはデマで、ガスの値上がりなどはなかった。

   政府もあわててその部署の人が、値上がりなど予定してません!

   と叫んだ。叫んでもなお収まらない。

    つまり、信じて貰えない。この辺がつらい。

    そこへ、もってきて今日は4月1日だから

   どうぞ・・・、と言われても・・・

   そんな気にはならないでしょ、恐らく。

   だから、愚人節は中国に馴染まないし、

   これからだって多分定着しないだろうと思う。

     中国の人たちがほんとうに愚人節を愉しめる??

   日が来るならそれは大歓迎だが。









| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 1日 (月)

新年度スタート! 函館日中友好協会・会員募集中 !!

   4月に入りました。日本では新年度。

   ということで、わたしども協会も新しい年度を迎えました。

  昨日は、協会の総会。今日からは2013年度の活動となります。

  昨日出席の会員のみなさん、ありがとうございました。

  出席できなかったみなさんには、後日郵送で会議資料をお送り致します。

    昨年の、「函館日中」は忙しいというか、活動の多い一年でした。

  その分、会員のみなさんには何かと折に触れご協力をいただきました。

  その都度お礼を申し上げておりますが、改めてここでも、お礼を。

 

   昨年は、春に「周恩来と日本写真展」を開催。

   春ちょっと出遅れて、初夏でしたが、留学生との野外交流会

   函館市市制90周年でいらした天津の訪問団との交流会

   同じくこの関連の催しで「はこだてグルメサーカス」に参加

   「游弦コンサート」

   「地球まつり」

   「春節の会」と、続いていましてこの間に小さな催しがあり、

   これらの為の準備の期間と、終えてからの整理の期間やその為の

   会合などを含めたなら、ほぼ毎月何かで動いてことになります。

    加えて、通年の中国語教室も動いてましたので正にフル活動。

    恐らく、何処と比べるかにもよりますが、こんなに動いてる活動団体

   って、そうそうないと思います。

    動けば大変さもありますが、それ以上の楽しさもあります。

1515_20121025142524544310_21
  活動を支えるのは何といっても人です。

  ということで、今日は新年度を迎え、

  「函館日中友好協会」ただいま新会員の募集の

  お知らせです。

   道南・函館市近郊にお住いのみなさん!「函館日中友好協会」に

  参加し一緒に活動をしませんか?

    この協会は、中国に関心をお持ちで、両国間の友好にご協力

  いただける方であれば、どなたでも参加いただけます。

    活動は上のような留学生との交流や、中国語教室、友好関係

  活動への参加などが主なものです。

    会費は、月 1000円。(うち、本部費500円)

    会員になっていただけますと、日中友好の新聞『日本と中国』

    (月3回郵送)がお手元に届くほか、地域の機関紙、わたしども

    ですと「はこだて日中だより」(隔月)が届きます。

     協会主催の中国語教室、一般の方月 3000円が、

     会員の方は、月 2500円で受講できます。

    他、「函館日中友好協会」主催の催し、春の交流会や春節の会

   料理教室などは、基本無料で参加いただけます。

     他団体の友好交流活動や、上部・北海道日中の催し、本部の

   催しに参加できます。この場合は実費が必要となります。

     今年度も既に、夏に函館の地で、道日中友好協会婦人部の

   方との交流や、毎年行うレクの企画準備にかかります。

    会員が大幅に増えて、函館日中会員の訪問団を作り、

    中国訪問が実現するくらい、増えてくれないかな・・・と願って

    おります。

     皆様の参加をいつでもお受けしております。

     どうぞ、お問い合わせ、或いは見学にいらして下さい。

      お問い合わせ先:

     お電話・FAX (0138)51-0041

     メール      函館日中友好協会・事務局

        まで、どうぞ。

                       2013年4月1日

                        函館日中友好協会

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »