« 假離婚売房避重税 - あの手この手の税金対策 | トップページ | 月給は幾らあれば足りるの?-北京での暮し、幾らかかる? »

2013年3月13日 (水)

中国就職戦線 - 春節がすんだそのあとは、

68d1
  昨日書いたその・・・住宅取得に係る

 税の徴収問題ですが、恐らくこのあとも

 なんだかんだと右往左往するでしょうが、

  只今、ご存知のように中国は大きな会議をやってまして、そこに

  マスコミが殺到してます。その報道関係者の要求もあってだと

  思いますが、各部の代表がインタビューにそれぞれ応じてまして、

  そっからまた、その問題を喚起しようとの動きなんですが、

   住房城郷建築部の副部長?だったかが昨日、問題発言。

   昨日も書いたように見直すんですね、この辺の税のありようは。

  それは必要だと思いますよ。でも、ホラ!ついこの間出した政策を

  いまいまこの3月の中にすぐに手を入れていじるのは不味いでしょ。

  慌ててやると、またそれが・・・。何にしても、大変だ。

   この話は、そのうちまた・・・。

   話は急変しますが、やっぱ異常気象でしょ。

  欧州が酷いようですが、中国東北部もこの時期の雪は珍しい。

  欧州の雪は大雪で大変・・・というのは中国報道の受け売りで、

  今朝、中国の報道で、日本人のようにそんな天気の話題が重要で

  ない人たちが騒いでると、何事??と思ってしまいます。

    今日は、昨日の話題ともちょっとは関係してるんですが、

  お仕事のお話です。仕事と税は関係してるくらいの関係ですが。

 

    探工作ザォ・ゴン・ズゥォといいます。探すの字が、找こんなんに

  なっちゃいますが、この字日本に無いわけではないので、

    找工作。工作が仕事。好ハォ工作は、いい仕事と使います。

    更には、工作忙マン、とか、工作的地方ディ・ファン(場所)と

  応用して使います。

    中国以前は、分配フン・ペェィ工作(国家が仕事を分配)してた

  んですが(何時の話よ、古い!!と中国の若者に言われます)

  いまでは、全て、自分で找工作が必要。

    それで、意外に?知られてないのが中国のこの春節明けの、

  この時期が就職活動がもっぱら活発に行われる時期だということ

  ですね。

E2013551627501512b208622b131 まぁ・・・学生なんかはもうこの先の6月の卒業

 を見越しての、就職活動という面もありますが、

 それ以外に、一旦学校は出たものの、或いは

 ソンナントは関係なく、より好い就職先を探して、

  の人たちはこの時期動きます。就職情報新聞を真剣に見ているこの

  お二人もそうですね。

    各社もですので、この時期、日本の各企業就職説明会的なもの

  を、執り行います。これまたでかい都市ですと、一気に数万もの人

  が集まったりして、大盛況?となります。

    これって多分、民工ミン・ゴンと呼ばれていた所謂出稼ぎ労働者の

  ひとたちが、一旦春節で自分の老家ラォ・ジァ(実家)へ戻って、休み

  ますよね、この休みがまた長いんですよ一か月とか。そこで帰郷して

  の様々な情報とか、他の都市から同じように戻った人たちとの比較

  とか、はたまた春節でまたひとつ歳をとりますし、都市の物価の値上

  がり具合とか、様々振り返って、また同じ例えば建築現場に戻るか

  どうかの判断も含めて、新しい働き場所を探す、

    多分この辺がスタートだったんだと思うんです。

    それで、徐々にこの時期、そうした出稼ぎでなくとも、職員として

  働き口が決まってる人も同じ様に、春節休み、こちらはそんなには

  長く休まんでしょうが、それでも実家に戻れば実家での情報があり、

  実家の事情もあり、自分の事情もあり、かつ、春節ですから正月を

  迎え心機一転の気分や、新しい年を春を迎えて今の職場に不満も

  あったりして、春節後の新しい職場を探す人たちが・・・・

    などの動きでいま、だと思うんですね。

   更に毎年はないんですが、いま行われている「全人代」のような

  会議の動きなんかも実は、こうした人たちにも間接的には関わって

  いて、ここの動きでまた物価動向が変わり自分たちの給料や待遇

  が変わってきますので、今年の就職活動はいままさにそのピーク

  にあります。

   就職難のお話は前にもしました。

   就職希望者の数と、求人企業の必要数とが割合よく、ちょうど

  バランスがとれている時代というのはどの国もそんなないんです。

   そのバランスもマグレみたいなもんですから、何時の世も、

   就職希望者が余ったり、求人が追い付かなかったりの、

    アンバラの中でこの職を求める人と、人を求める企業はいる

   わけであります。

    そこがよく話題になりますが、

    就職の時期はあまり話題にならないので、その紹介を今日は

   しました。

    春に中国に帰国した留学生たちもいま、

    就職活動中です。

  いい就職先が、希望する就職先が、見つかることを願っています。



|

« 假離婚売房避重税 - あの手この手の税金対策 | トップページ | 月給は幾らあれば足りるの?-北京での暮し、幾らかかる? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国就職戦線 - 春節がすんだそのあとは、:

« 假離婚売房避重税 - あの手この手の税金対策 | トップページ | 月給は幾らあれば足りるの?-北京での暮し、幾らかかる? »