« 2013年の春節聯歓晩会 | トップページ | 中国情報フリーペーパー、『隗報』第94号発行のお知らせ »

2013年3月 1日 (金)

趙本山「春節聯歓晩会」不出演に見る、退き際のよさー應該適時而退

    3月ですよ。

   中国でも3月に入って今日から、いろいろな新しい動きが。

  例えば、春節長期休暇も済んで一息ついたところで、各観光地では

  何故か?門票モン・ピィァオ(入場料)の値上げラッシュ?

  大丈夫なんですかね?何処とは言いませんが、150元も入場料を

  取って?一つは一般の中国の人の収入に合ってないでしょ!コレ!

  一家三人で子供料金があったにしても・・・。それに、悪いが、

  その門票だけの値がその“門”の中にあるとは思えませんけど・・・。

   北京は昨日は強風が吹き荒れ、その分空気は好くなるかと思い

  きや、その風に運ばれてきた黄砂で眼も開けられない、口も開け

  られない。北京では時折目にする頭からすっぽりスカーフを被っ

  て路行く、映像が流れます。

    3月、いろんな動きが始まってます。上に書いたように値上げの

  ラッシュです。入場料から、交通違反の罰則金やら、これまでは

  なかった自転車の酒酔い運転に対する罰金やら、油の不当投棄に

  関する罰則・罰金・・・などなど・・・たった一日月が変わっただけで

  なんでこんなに??

    み~んな3月になるのを待ってたかのようです。

T201350141558151246a1e4c2c51  まだ北国は雪のなか、昨日はいったん寒さ

 が緩んで雪解けがすすんだのに、今日はまた

 戻ってしまいました。悲しい。

  この画は、安徽省・宏村ホン・ツゥン。

   一昨年行ってきたばかりですが、そろそろあの辺は緑も芽吹き、

  暖かさも増してくるでしょうから、この時期にまた行って見たいなぁ~

  と思い、映像を調べてたらこの画が。んん~いいですねぇ~

  また行きたくなっちゃう・・・・・。

    昨日で、中国年末特番「春節聯歓晩会」のテレビ番組のお話

  は終えようと思っていたら、春節前にこの番組にふれて書いたその

  中に、この番組には無くてはならない?立役者、喜劇王、一番人気

  の趙本山ヂャォ・ベン・サン、出演辞退?問題があったが、あれの

  後を書け!とのお達し?がきた。

C20134707255811441801 そう言われてもなぁ・・・私は特にこの問題?

 に詳しいわけでもないし、熱狂的彼のファン

 でもないので、追っかけてその事情を知り

 たい、と思ったこともないし、日本人の私が

  思っている彼の面白さって、一体中国の人に伝わる何割ぐらい

  が私は分かっているか心もとないし・・・。

   な~んにも内情を知らずに個人的感想を述べるなら、

    一言でいえば、その退き際の良さ、ですよね。

      任何事情都应该适时而退!

   まだまだ一般の聴衆からの要望もある、あるどころか熱望され

  ている。恐らく彼が出る、出た、というだけでもう笑いは取れる。

  視聴率は稼げる。となれば周りは引き留める。

   その段階で、「出ない」という決断は、普通?難しいでしょ。 

   この番組に出ないからと言ってもうその喜劇役者として活動

  を辞めるわけではないんですね、ですから、一部言われている

  体力的な問題のみではない。

   他の番組の出演辞退ならこうも騒がれることはなでしょうが、

  それがあの「春節晩会」だけは特別なんですね。オバケ番組。

  そして芸能に携わるものなら誰も出たい。出る為に努力してる。

    それをアッサリ?(アッサリなのかどうかは自信がない)

  辞退するのは退き際が良い。

  最近、退き際の悪い人が多いのでなお目立った。

  そういうことでは、ないでしょうか、そんな感想で許して下さい。

   中国・春秋末期ですかね、範蠡ファン・リィ(日本語読みは

  どうなるの?ハン・レイ?)は余り有名じゃないか・・・

   陶淵明は名前ぐらいは・・・、更に漢詩では白居易とか、

  を持ち出すまでもなく、

   人間、退き際のよさは、心得たいものです。




|

« 2013年の春節聯歓晩会 | トップページ | 中国情報フリーペーパー、『隗報』第94号発行のお知らせ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 趙本山「春節聯歓晩会」不出演に見る、退き際のよさー應該適時而退:

« 2013年の春節聯歓晩会 | トップページ | 中国情報フリーペーパー、『隗報』第94号発行のお知らせ »