« 函館日中・中国語教室・3月の予定、ご案内 | トップページ | 2013年・中国中央電視台『春節聯歓晩会』を見終えて、 »

2013年2月26日 (火)

「春節聯歓晩会」2013年中国・中央電視台を見終わって、

   今日の中国中央電視台朝のニュースでは、日本のこの大雪の

 話題を取り上げてました。結構詳しく報じてましたね、殆どが日本の

 報道をそのまま流すかたちでしたが、ず~っと東北地方の映像が

 流れてました。アレを見て、日本全体があんな感じなんだ~?と、

 勘違いする中国の人もいそうですが・・・・、まぁしょうがないでしょ。

  そんなもんです。我々が外国のモノを見ている眼も、我々が

 外国から見られている眼も。今日のお話はそれが前提です。

  先日の中国・中央電視台の正月特別番組であり、オバケ?番組

 でもある「春節聯歓晩会」を漸く見終わりましたので、

 その感想を少し書かせていただきます。

  始まる前にちょっと、この話題で何回か此処に書いています。

  また、この感想は当たり前ですが、全くの私の、それも国外で見ている

 中国人でもない者の個的感想であること。更には色々資料などを見て

 或いは周辺情報を見れば判ることなどもあるのですが、それらは無視

 して、純粋に?ただ見終わったばかりのこの番組の感想を書きます。

  ・・・・ということわり書きを入れておいて、

Tn2  「2013年春節聯歓晩会」は普通に好かった

 です。なんだ!日本語?どうも最近若者言葉

 に影響されてこっちの日本語も変ですが、

 好かった。どう好かった?をこれからお話します

  が、こういうと大概、何点?と訊かれますが、その点数はちょっと勘弁

  してもらって、何度か書いてますが、このオバケ(高視聴率などで)

  番組も曲がり角?に来ていて大変なんですね、その人気を維持し、

  その期待に応えるだけで大変、という事情はよく分かる。

  多分この番組、この年の放送が終わればもうすぐにも翌年の構想に

  入るような、そんな煉りに練った構想がされ、何度も何度も会議

  にかけられ、作られていると思います。

  それだけ、見ている人の数も破格なら、その期待も飛びぬけている。

   例えば、私なんかは毎年そのオープニング。始まってタイトルが出る

  までの映像の処理とか、構成なんかを毎年注目。ご多聞に漏れず

  近年はコンピューター処理が進み、グラフック造形とも組み合わせ

  何でも出来る。何でも出来るということは、良いようですが実は

  どうして厄介。分かりますかね、この理屈。

   で、今年のこの出だしのところの映像の処理もこなれてました。

  好かった。正月雰囲気と華やかさも盛り込んで。

   でもここはまだ、番組ではないのですが・・・。

Tn3_2 全体の放送時間も長い。こちらがそのメニュー

 なんですが、出し物も、歌あり、踊りあり、漫才あり、

 コントあり、雑技あり、演奏あり、手品あり、××あり、

 のちょっと見えてませんが、40種。

  こちらには、書かれてませんが、この演目とは

 別に楽しめるのが、司会者間のやりとり、というか演目紹介までの

 場の持たせ方、これも私は是非評価に入れて欲しい。

  中国のこの番組の司会者は、ただ単に人気があるとか、容姿が

  好いだけでは、絶対駄目です。話術、それも相当即妙の話術が

  求められます。司会者何人もいるのですが、その司会者同士の

  遣り取り、なんかも番組の成否に影響します。

   これも好かった。ただ、これは演目には入らない。

   全体を通して何が一番?と尋ねられたなら、

  私の推薦は迷わずに、どの辺でしょうね・・始まって1時間半も

  過ぎたころにこの番組自体は途中で日本のようにちょこちょこ

  CMは入らないのですが、コマーシャルが入りました。

   このCMが好かった。皮肉でも冗談でも何でもないですよ、

  勘違いしないで下さい。このCM映像の処理といい、春節を

  迎えバイクで広州あたり実家へ帰る集団をず~とこう撮ってる

  んですが、正月気分と、故郷で待つ人たちの期待と、我が家へ

  帰る人たちの喜びとが映像としてとてもよく伝わり、好かった。

  この映像永久保存版として欲しいくらいです。

   CMとしてもちょっと長めのものです。

   私の一押しは、これです。

   ・・・・でもこれもまた演目に入れることはできませんしね。

   長くなるので、明日またもうちょっと踏み込んで?

  この「2013年・中国中央電視台・春節聯歓晩会」のお話を。

  このタイトル長いですが、わざわざこう断ってるのは「春節晩会」

  は各局でやってまして、各地方ごとのこれがあるのと、この他に

  正月番組で様々な「晩会」番組が放映されてまして、そちらも

  見たものもあるのですが、全部は見きれません。

   それに一昨日はまた、「元宵節晩会」何てな特番もありまして、

  実はこれも好かったですが・・・きりがないので止します。

   では、明日は具体的その番組ひとつひとつ?についてを、

  どうぞお楽しみに。


|

« 函館日中・中国語教室・3月の予定、ご案内 | トップページ | 2013年・中国中央電視台『春節聯歓晩会』を見終えて、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「春節聯歓晩会」2013年中国・中央電視台を見終わって、:

« 函館日中・中国語教室・3月の予定、ご案内 | トップページ | 2013年・中国中央電視台『春節聯歓晩会』を見終えて、 »