« 「体罰」という名の「虐待」-中国も | トップページ | 中国的養老問題ヤン・ラォ・ウェン・ティーお年寄りに優しい国になれるか? »

2013年1月17日 (木)

首都・北京の高齢化が - 北京的高齢化

Imagecaaytwky_2  悠久の都、ペキン。

 そこに住む、1千数百万のうちの高齢者の

 割合が、中国の全国平均を大きく上回って、

   高齢化が進んでいる、との報告がされている。

   北京的高齢化 べィ・ジン・ダ・ガォ・リン・ファ。

 

    先日来、ペキンは濃い霧に見舞われ、周りの景色も見えない

   ほどの、乳白色の世界。そこに多くの老人が、それも独りきりの

   老人も少なくない、という。

     北京市の老年人口は、その全体の26%という報告。

    4人に一人が、老人。

    これは中国の他の都市と比べても全国平均を大きく上回って

   いる、とのことです。

Imagecabangzb 前に中国の高齢化の速度が、日本のそれを

 追い越す時期が来て、これはちょっと由々しき

 問題、というお話もした。

    今日の話は更に局地的。北京のみのお話なんですが、

   北京の人口を1千300万人としましょう。北京戸籍を持たない

   人とかいろいろややこしい問題もありますが、大体これくらい。

    で、高齢者をどっからにするかですが、60歳以上を高齢人口

   とみなし、これが大雑把ですが300万人。

     80歳以上が36万人。

     因みに、100歳以上のお年寄りも500人近くいるらしく、

   男女比ではやはり女性の方が倍以上。

     この100歳を超えられている高齢者には、毎月200元の

   高齢者手当てというのがあるそうで、

     90~99歳の高齢者が3万弱いて、こちらにも毎月100元

   の高齢者手当てなんてのがあるらしい。

    ま、そんなのはともかくとして、

    その約4人に一人が高齢者という計算になる、という。

    この傾向は2000年に突入して以降ずっと続いているもので、

   とくに2005年以降後半にはいって急上昇を続けている。

      これは、二つの要因がありまして、

    一つは例の国の一人っ子政策とのからみで、国全体の人口比

    グラフを見れば一目瞭然、その傾向にありますんで、ペキンも

    その例外ではあり得ません。

     次に、首都ペキンは概ねどの国も同じでしょうが、流入人口は

    あるものの、余り出て行く人がいない。特に中国での戸籍の様々

    な制限などもあって、一端ペキンに入った人は出ない。となれば

    そこで年を取るだけだ。

     このことで生ずる問題はあとはどこも同じ。

    高齢化に伴う、その施設の不足。

    高齢化に対応した都市設計の不備。

    高齢化とどう向き合うか、などなど・・・。

      悠久の歴史を感じさせる中国・首都・北京。

    この都市そのものも、相当古いがそこに住まいする人たちにも

    高齢化の波が。

     実はこの問題他人事ではない。

     社会制度が違い、その成り立ちが違い、文化も、歴史も違い

    ますが、日本とてこの高齢化の波は・・・。

     さて、その準備は出来てるのでしょうか?

     そう言えば、上に発表したような数字をつかんでその上で、

    その傾向を探り、何とかしよう、としているような、そんな

     「北京市老齢化委員会」みたいな部署が

    あるんですかね?東京都に??







|

« 「体罰」という名の「虐待」-中国も | トップページ | 中国的養老問題ヤン・ラォ・ウェン・ティーお年寄りに優しい国になれるか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 首都・北京の高齢化が - 北京的高齢化:

« 「体罰」という名の「虐待」-中国も | トップページ | 中国的養老問題ヤン・ラォ・ウェン・ティーお年寄りに優しい国になれるか? »