« 裸退ルゥォ・トゥィ となるかどうか - 中国の指導者たち | トップページ | 中国の病院・医療制度は問題ありすぎ!-「わたしの見た中国」 »

2012年12月12日 (水)

ノーベル賞、授賞式 ー 莫 言的諾貝尓奨領奨典礼

N2012345020220150c623ac7fa991  昨日のノーベル賞受賞式の話題なんですが、

  ここでは、栄えある日本の中山教授の受賞は

 ほっておいて、ここでの話題は相も変わらず

 中国中心ですので、

    中国からの受賞者 莫言モー・ヤン氏の受賞の話題です。

    とは言え、実はあの映像世界中殆ど同じでして、みなさんがご覧に

   なったかどうかは分かりませんが、授賞式でのこの会場の引きの画

   は世界に発信され、同じなんですね。

     ただ、どの国も全部を放映するわけはなく、大概自国の受賞者を

   中心に報道しているだけの話です。

     中山教授の受賞報道をご覧になった方がちょっと注意して見てい

   れば、彼のこちらから舞台に向かって右手、彼の次の受賞者で紹介

   されているのが、その中国の作家、莫言氏です。

     ですので、中山氏を抜いた報道のあの画をちょっと右に振って

N2012345020225650c623b17b23b1_2 貰えればこんな画になるはずでして、ほらほら中山教授

 の隣に彼がいるでしょ。

  中山教授がステージ真ん中で、表彰されるあの画と

 全く同じ手順で表彰状が渡される画が中国では報道され

 ているわけですね。

  中山教授の次に、彼も同じ様に表彰状を手にしてから、三礼してましたね。

   彼、莫言氏については受賞が決まったその時にここにちょっと紹介も

     兼ねて、北海道に来たこともある、というようなことを書きました。

    そちらをご覧ください。かなり前ですが・・・。

      今回は文学賞ということもあって、彼は講演もしています。

N2012345081104150c67a18d323b1_2
そこまでは流石に中国でもそのまま報道されて

ませんが、写真ではその報道がされています。

 また、報道に当たっての各地・各界からの

   おめでとうメッセージもまぁまぁ、どの国もおなじですよ。

     折角ですから?違う点をちょっと紹介しましょう。

   一つは、日本でもどっかでは話題になっていて、わたしが知らないだけ

   かも知れませんが、中国この授賞式に当たり度々受賞が決まってから

   こっち話題になるのが、その奨金ですね。ハッキリ額を出して、この金

   どうするの・・・といった要らぬお世話の話がかなり横行してます。

   もう一つ、

     莫言氏がその授賞式に一体どういう服装で臨むのか、といった

   これまた要らぬお世話ですが、中国人として中国人民服が・・・とか、

   なんじゃかんじゃ煩いのです。何を着ていく話でかなり盛り上がって

   ましたが、なんでしょうね・・・。出発の時着ていた、漢字がプリントされた

   ワイシャツが好評?でしたけど、授賞式はあれ燕尾服と決まってんじゃ

   ないんですか・・・?それに決まっていないとしても他人の着ていく服

   に、更に言うならそんな中年のおじさんの服装にそんな興味あります?

   ワカラン!  この二つが、ネットで見ていて分からんのに加えて、

   日本ではこれはないので、まぁ面白かった。

     最後にサービスで?

   莫言のその受賞記念挨拶の文を、中国語学習者の為に

   下に写しておきましたので、どうぞジックリご覧ください。

   これ、宿題にしちゃおうかな・・・・。

    この最初のとこの原稿を「ホテルに忘れて・・・」の

    くだり、どっかでも聞いたような気がするなぁ・・・。

 晚宴演说

  尊敬的国王王后陛下,尊敬的王室成员,女士们先生们:

  我的讲稿忘在旅馆了,但是我的这个话记在脑子里了。

  我获奖以来发生很多有趣的事情,由此可以见证到诺贝尔奖确实是

  一个影响巨大的奖项,他在全世界的地位是无法动摇的。

   我是一个来自中国的山东高密东北乡的农民的儿子,

  能够在庄严的殿堂里领取这么一个巨大的奖项,很像一个童话,

  但他毫无疑问是一个事实。

   我想借这个机会向诺贝尔基金会,向支持诺贝尔奖的瑞典人民

   表示崇高的敬意,要向瑞典皇家学院坚守自己信念的院士们

   表示崇高的敬意和真挚的感谢。

   我还要感谢那些把我的作品翻译成世界很多语言的翻译家们,

   没有他们创造性的劳动,文学只是各种语言的文学,

   正是因为有了他们的劳动,文学才可以变成世界的文学。

   当然我还要感谢我的亲人、我的朋友们,他们的友谊他们的智慧

   都在我的作品里闪耀光芒。文学和科学相比较,的确是没有什么用处,

   我想但是文学的最大的用处,也许就是他没有用处。

      谢谢大家!

|

« 裸退ルゥォ・トゥィ となるかどうか - 中国の指導者たち | トップページ | 中国の病院・医療制度は問題ありすぎ!-「わたしの見た中国」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ノーベル賞、授賞式 ー 莫 言的諾貝尓奨領奨典礼:

»  底 辺 層 の く せ に 自 民 に 入 れ る 奴 っ て 頭 お か し い の か ? [【2ch】ニュース速報嫌儲版]
1 :番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です:2012/12/16(日) 00:22:05.63 ID:yf3cCSPq0● ?2BP(1001)自民なんてまさに強者だけが得をして、弱者が地獄を見る政治だろ2ちゃんのニートやフリーターが自民を支持してるのは本当に意味が分からんわ... [続きを読む]

受信: 2012年12月16日 (日) 03時00分

« 裸退ルゥォ・トゥィ となるかどうか - 中国の指導者たち | トップページ | 中国の病院・医療制度は問題ありすぎ!-「わたしの見た中国」 »