« 鄭@ は、読めませんよね、鄭愛他 君?かな?? | トップページ | 十八大报告:不让老实人吃亏,不让投机者得利 »

2012年11月12日 (月)

その後の、 莫言 モー・イェン

    あのあと、というのはご存知?ノーベル文学賞が発表され

  莫言が受賞した後のことですが、少しお伝えしましょう。

   彼の受賞は、その受賞の時に書きましたが、中国が初めて

  歓迎?したノーベル賞という意味で特異であり、記念すべき

  受賞だったわけです。

   もう一つ書いたのは、彼の作品ってそんなに万人向け?

  ではないので、何故彼がノーベル賞なのかは分かりませんが、

  万人向けでなかったところが良かったんですかねぇ・・と言うのが

  わたしの感想。

    で、その後の莫言氏、当然のことながらあれからはマスコミに

  登場する回数、画面に露出する回数がグンと増えて、受賞後

  なんども彼の語っている、インタビューに答えている様子が写し

  だされています。

    恐らく?中国の方でもかなり多くの人がそれまでこの作家を

  しらず、或いは作品を知らない人が相当数いると思います。

Photo ということで、急に有名なった方の常ですが、

 これまでそうそうは売れなかった彼の作品、

 爆発的に売れましたので、完売。

  書店は商機到来とばかりに、その作家の

   専用売り場を設けました。当然です。日本だって、文学と関係ない

   科学分野での受賞者でもその専門著作が急に売れるらしいでは

   ありませんか。浅ましい・・というか、好奇心旺盛というか、

    なんども申し上げてますがその彼の一般受けするとは思えない

   そんな作品が飛ぶように売れているようです。

Photo_2 出版社とすれば、いま売らなくては・・・

ということで増刷待ちですね、三日後に入荷

するので待ってください広告です。

  これぞ「莫言熱」モー・ヤン・ルゥ 

   熱はブームの意味。

    彼が住む山東省の片田舎も時ならぬ観光熱だとか。

    地元の名士となった彼は、いろんなイベントにひっぱりだこ。

    地元の催しに出てるだけも大変そうです。

     まぁこの辺までは予測できたんですね。

   それよりも、ここまでは一本道?というかこういう風に進むであろう

   ことは予定通り?でした。

     予定?と多少違ったのは、最初のところでお話したように何せ

   彼の受賞はこれまでも中国人でノーベル賞をとった、候補に上がった

   人はおりますが、全て?政府のお気に召さない人たちでしたので、

   今回はそのタガがありませんので、一気に弾けて、大変な人気?

   です。

     ご本人は「こんなのは一か月も続けば無くなるでしょ・・・」等と

   余裕を見せてましたが、その読みは間違いでまだ少し続きそう。

    それに、甘い蜜?に群がるように、彼の次の作品、

   彼の次の講演を求めて、恐らく中国に限らず世界中のメディア

   から彼のところに注文?が殺到しているでしょうね。

    いまきっと彼は矢のような催促を受けていると思うんですが、

   さて、その受賞後のお仕事や如何に?

   ということに期待しましょう。

    *******************

     お詫び

     今日は12日、本来ですと私のホームページ、

     「わたしの見た中国」は、11月11日更新予定でしたが、

     わたしの場合は、莫言氏とは違い、遊びに忙しく、ちょっと

     時間が足りずにまだ更新できておりません、申し訳ございません。

     一両日中に更新の予定ではありますが、まだ帰ってきてちょっと

     整理がつかない状態です。今少しお待ちください。



|

« 鄭@ は、読めませんよね、鄭愛他 君?かな?? | トップページ | 十八大报告:不让老实人吃亏,不让投机者得利 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: その後の、 莫言 モー・イェン:

« 鄭@ は、読めませんよね、鄭愛他 君?かな?? | トップページ | 十八大报告:不让老实人吃亏,不让投机者得利 »