« 諾貝尓奨金獲得 ー  ノーベル賞受賞 | トップページ | 過剰包装について考えるー今月号、ウェブ版「わたしの見た中国」 »

2012年10月10日 (水)

ふたたび、ゴミ問題ー長期暇的垃圾

Photo  先日、中国のゴミ問題について、数日に渡って

  書きました。ゴミ問題そのものについてはそちら

  を ご覧いただきたい。

   今日またそのゴミ問題に立ち戻ってきたのは、

     この10・1国慶節・建国記念日を挟んでの中国の大型連休で、

     それがまた大きな問題となっている。またまたゴミ問題について

     書くが、ゴミ問題とは言っているが早い話が賢明なみなさんはもう

     お気づきでしょうが、これはゴミに問題があるのではなく、ニンゲン

     の方の問題であるわけではあります。

       連休中、中国はどこも凄い人出だったお話はこれまた書いた。

    その凄まじさは映像で見て頂ければ一番分かりよいのだが、有名?

    な観光地という観光地点はどこも人また人の賑わい?でした。

      で、人が出れば食べなきゃいけません。

      後楽の一つの楽しみはこの食べるにもあります。

      普段食べれないものや、その土地の珍しい料理を食べる。

      或いは単純に空腹を満たす為に食べる。

      いずれにしても、ニンゲン食べなくちゃいけません。

      食べればゴミもでる。

Photo_2 こんな具合です。

 こちらは、連休特設の食堂だと思います。

 向こう壁が例の青色ビニールシートですから

 普段はここ何もない場所に壁を作り、屋根が

     あるかどうかまではこの写真では分かりませんが恐らくない

     でしょうね。手前のテーブルがいやに明るいですし、鮮明な

     画像を見ればわかると思いますが、影が映ってますからこれ

     は、外の大きな空地を急ごしらえでテーブルを並べこの連休

     期間中の大食堂となっているのでしょう。

       食器は一応?あるようですが、これだけの人の食事を用意し

     提供するにはどんだけの厨房がこの後ろにはあるのでしょうか。

       厨房まで急ごしらえというわけにはいかないでしょ。

       更にわたしの心配はこれだけの人が食べ終わったそのゴミ

     と使い終わった食器を洗うだけの場所があるのか・・・といった

     心配です。どうなってんでしょうね、その辺のとこ。

Photo_3 また、一枚目の写真に戻ります。

 これだと、ほぼゴミの中で食事をしているような

 ものでちょっと耐えられないかもしれません。

   ここも野外です。使われている器が基本、

    使い捨ての紙のような容器のようですので、それらが全てゴミと

    なり散乱している画です。

      ゴミ箱がこの映像ではどこにも見当たりません。もっともそれが

    あったところで、そこに食べた後それぞれ入れてくれない事には、

    ゴミ箱は飾りになるだけですが。

     という意味で、最初のゴミ問題はニンゲン問題だと言ってます。

      わたしの中国での旅のスタイルは街をブラブラして行き当たり

    ばったりのところで食事をすることが多いので、勢いレストランでの

    食事とは限らず、こうした屋外の出店や屋台のもので済ますこと

    も多くあります。その際の一番の心配は衛生面。中国料理は基本

    火を通して処理されていますので、提供される料理そのものは

    その点では割と?安心なんですが、問題はそれをよそう容器です。

     外だとそれを綺麗に洗う場がない、ということです。この点で、

    使い捨ての一回限りの紙製や石油製品系容器が急激に普及し始め

    てまして、これだと安心?です。

     ところが、そうした面ではいいのですが、一方で大量のゴミを出す、

   という問題が。ゴミが大量に出ることも問題ではありますが、今日の

   テーマ?はその処理の問題です。

     それを上の写真が証明しています。

     折角?衛生面で幾らかましになったと思っても、これではまたまた

   そこらへんに捨てられたゴミが不衛生さを増してることになります。

     つまるところ、ニンゲンが何とかするより他に方法がないので、

   その処理をより軽減化するための、ニンゲン様の方の倫理観とか

   道徳観とかそうした目には見えないものを早く植えつけ育てる方に

   向かわないと無理ですね、この問題は。

     まさか、ゴミの問題を法で処理するというわけにはいかんでしょ。

    いや、しちゃダメですよね。何でも法で取り締まろうなんて考えると、

    そこにまたまた新たな問題を派生させることになるのであります。

     今回の連休でのゴミ問題、ある意味とてもよい勉強の場では

    あったのですが、どうでしょう・・・活かせるといいですがね、この

    長期連休ゴミ処理能力問題対策員会、なんてな長い題の会議

    が今頃持たれていることを期待してますが。







|

« 諾貝尓奨金獲得 ー  ノーベル賞受賞 | トップページ | 過剰包装について考えるー今月号、ウェブ版「わたしの見た中国」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ふたたび、ゴミ問題ー長期暇的垃圾:

« 諾貝尓奨金獲得 ー  ノーベル賞受賞 | トップページ | 過剰包装について考えるー今月号、ウェブ版「わたしの見た中国」 »