« 二胡・シュウミンさんのコンサート、終了 | トップページ | 今年(2012年)第8回「地球まつり」は更にパワーアップ »

2012年10月 2日 (火)

「游弦コンサート」後の交流会に参加

Yuugenn_001  「游弦コンサート」終了後、演奏者を交えての

  交流会がそのまま同じホテルで場所を変え

  もたれました。その交流会の様子を紹介させて

  いただきます。

          演奏会を終えたばかりのお二人がそのまま

         会場に。全体で30人に満たない小さな集まり。

          それが却ってとても好かったです。

    企画して下さった、北海道国際交流センター池田さん、

    ありがとうございました。

P9300527   最初にちょっとだけご挨拶をさせて

  いただく機会がありましたので、私は

  「・・・恐らくお二人ともいろいろな場での

   コンサートを数々これまでこなされている

   ことでしょう。千人規模の事もあれば、

    一万に近づくコンサートだって大きな会場で経験されて

    おられることと思います。今日は多分その10分の1位の

    観衆なんですが、聴く側から言わせていただくと、今日の

    ような演者の息遣いが、弓の動きがすぐそばで見れる、

    一番遠い席にいたところでその演奏の姿がよくみえ、

    マイクを通さずに、ナマの楽器の音色を聴けるそんな

    演奏家を愉しむことができ、大変嬉しい。こうして見ると

    日本人は食べ物だけでなく、ナマが好きなようで・・・・」

     と、話させていただきましたが、私が言いたかったのは

    演者と聴く側の距離がとても近い、気持ちもそんな距離に

    ある打ち解けたコンサートが嬉しかったということです。

     そして、この交流会はご本人たちがすぐそばにいて、

    一緒にお話しできましたので、より打ち解けてとても和む

    会でした。

P9300529_4 それは多分、演奏後、お疲れになって

 いたでしょうに、辛抱強くわれわれの

 話に付き合い、全くの素人の的外れな

 音楽方面の質問にも根気よく答えて

P9300525     くださったお二人の愉しいお話が会場

     全体の雰囲気をそうしてくれたのだと思い

     ます。

      チェロ奏者の中条誠一さんは、この通り

     イケメンで、会場でもツーショット写真の為

                にあちことで引っ張りだこでした。

P9300532 

  こんな感じで。

  お二人ともご挨拶の中で、ハコダテの

  印象をお話になられてました。

  また、この交流会、留学生も参加して

    おりましたので、ときおりシュウミンさんの中国語も聞こえて

    きていました。

     更にはこの会には、二胡を習っているひとや、中国語を

    習っているひとなど、それぞれがそうした話題であちらこちら

    で笑い声の絶えない、集まりとなりました。

P9300521_3  いやいやいや・・・演奏会でもう充分に

  愉しませていただきましたのに、

  その後にすぐこんなに楽しい時が

 更に過ごせるなんて、とてもラッキーな

     一日でした。

    場を盛り上げ、お話にお付き合いいただいた、

    シュウミンさん、中条誠一さんのお二人の演奏家に、

    そして、すぐ次の予定が詰まっていて演奏終業後急ぎ東京へ

    戻らなければならずこの交流会には残念ながら参加していた

    だけませんでしたが、ピアニストの外川真里亜さん、

      素晴らしい演奏を、ありがとうございました。

 

     そして、このコンサートを企画し、函館日中に機会を与えて

    くださった、北海道国際交流センターHIFさん、

      ありがとうございました。

      代表して、お礼を述べさせていただきます。

      またこのような機会がありますことを願っております。

                            函館日中友好協会

     










|

« 二胡・シュウミンさんのコンサート、終了 | トップページ | 今年(2012年)第8回「地球まつり」は更にパワーアップ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「游弦コンサート」後の交流会に参加:

« 二胡・シュウミンさんのコンサート、終了 | トップページ | 今年(2012年)第8回「地球まつり」は更にパワーアップ »