« 函館日中友好協会9月の予定 | トップページ | 中国のゴミ問題 -垃圾的問題 »

2012年9月 4日 (火)

夏をのりきる冷たい飲料

     ヒャ・・ 。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。 ・・・とまだ暑いわけですが、

   みんさんの地域は如何ですか?

   函館は、この暑さに慣れないので、暑さそのものは・・・どうなの?

   それよりも湿気が多いですかね・・・北海道のカラッとしたあの

   夏は何処へ行ってしまったのでしょう。

      先週はそんな暑いさなかの冷菓の話題でした。

   ついでに?中国の冷たい飲み物についてもちょっと触れておきます。

   夏とえば、ビールですがアルコール飲料は今回はのいておいて、

   ソフトドリンクです。暑い夏中国ではどんなソフトドリンクがウケてるか?

   のお話です。

740d6ae2291c021787e80fa8eb2c5ff51以前中国はこの種のソフトドリンクの種類が

非常に限られてまして、それはやはり前に

お話した、冷たいものをとらない、という

中国人特有の決意?の成せる技で、余り

市場として成り立っていませんでした。

     ほんとうに限られた種類がそれも限られて場所で売られていたの

     から見れば、今は隔世の感があります。

       さて、そうなってみて、何が中国の人の口に合うのか、あるいは

     何が中国の人のこころを捉えているか、というと、

       これだ!というダントツの商品が見当たりません。

       ということは、どれも同じ様なものなのでしょうか。

       これは一つにはまだこの市場というか、中国の人の嗜好が確立

     されていない点にその要因があると思います。

 

      中国のこれまでの一般的な飲料といえば、お茶が代表です。

     で、このお茶を冷やして、或いは更にはもっと冷たくして飲むという

     その習慣がなかったので、ここに切り込んで今でも健闘しているのは

     実はご存知、日本のサントリーという会社です。

      ある意味、逆輸入とまで言われているサントリーのウーロン茶等の

     シリーズはかなり中国で健闘しています。

Photo
 そのあとに国産がそれに続けとばかりに、それに

 類似した商品が次々に発売されたのですが、どうやら

 あまり追いつかない様子なのは販売力の問題なの

 でしょうか。

   どうなんでしょう、この飲料メーカーというやつが、

 あまりそう大規模な設備投資もいらず、それほど複雑

      な製造工程もなく、技術的にもそう難しくない、となれば

        ときどき中国で見かける、へぇ~こんなのも出てるんだぁ・・・

      の怪しげな飲料が沢山ありますが、どんな規模の会社なのかも

      わかりませんし、初めてのものはその味も品質も分からないので、

      かなりの勇気?をもって買いますが、これまでのわたしの経験では

      そんな中で、これ当たり!というのはまだありません。

       せいぜいが、これまぁまぁ、か  これ、ありかな・・・レベル。
 

      ここにも個人の味覚の問題は当然入り込みますが、

      中国だから受けるものもあるわけですね。

      例えば、お茶なのにそのペットボトルは普通に?甘いとか。

      お茶の飲料に甘みを加えてます、そうすることで売れるらしい。

      買いたくないのですが、時に間違って、一番最初は知らずに買うこと

      になる。それを飲んで、何よコレッ!となるわけです。

 

      そういえば、わたしは日本でも余り好んで買わないのでなくとも

      全く気にならないのですが、炭酸系の飲料は少ないように思いますね。

      飲料についでに?健康をうたってるタイプの奴は最近の流行でして、

      飲むと健康になるという謡い文句なんですが、

      これってどの国の人も結構騙される・・・というか、どうぜ飲むなら

      そんなものを、という意味ですかね?ちょっと多くなってますね。

      で、この飲料世界もどんどん変わってきてるようですが、

     結局暫くはその消費者の動向というよりも、

     大手メーカーが大量に製造して、そのまま大量に市場に溢れたものを

     飲まされる?といえばいいのか、飲むことになる?と言えばいいのか、

     早い話が、消費者主導ではありえず、

       どちらかとえば、消費者は振り回されることになる事情はどの国も

     そう変わらないとわたしは思います。

      ただ、中国の問題はその振り回される?人の数が総体凄い数だ、

      という点と、口に入るものですから、もっとその厳しい規定があって

     然るべきとおもうのです。

       更にもう一点は、これらの商品が出回る、売れることによっての

      二次的に発生するごみの問題かな・・・それらが気になってます。

|

« 函館日中友好協会9月の予定 | トップページ | 中国のゴミ問題 -垃圾的問題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏をのりきる冷たい飲料:

« 函館日中友好協会9月の予定 | トップページ | 中国のゴミ問題 -垃圾的問題 »