« 宿題が多すぎる - ウェブ版「わたしの見た中国」9月号 | トップページ | 宿題は何故減らないか »

2012年9月11日 (火)

何故、宿題がそんなに多いのかー何処でも宿題に追われる中国の子供たち

     中国の子供たちは、宿題が多い、という話の続きです。

   どれくらい多いかは、比べる対象と、一般的なその数値が分からない

   ので、比較対象が難しい。

    でも、わたしが多いと言っているその判断は、昨日も書きましたように

   中国では実によく子供たちが宿題をしている姿を街角や色々な場所で

   見かけた。これは日本では見かけることは少ない。

     日本の子は塾に行ってるが、あれは宿題とは全く別物。

Photoバス停のこの子は、バスを待つ間もおしいのか

一心に何かノートに書き写している。これじゃぁ

自分の待っているバスが来たとき乗りそびれて

しまうんじゃないと、心配になる。

Photo_3そして、バスに乗れば乗ったでこんな

感じで、座席を机代わりにしている子がいる。

横に座ってるのは保護者なのか、全く

の他人なのかは分からないが、少なくとも

何か気にしている様子はない。

   ということは、こうしたことが普段に行われていて、改めて気にする

   ほど珍しい光景ではないことを証明している。

Photo_4 もっとすごいのはこの子で、お父さんの運転

するバイクの後ろに後ろ座りして、多分帰宅の

途中なんでしょう、その時間すらおしいのか、

時間利用の達人といえる。家に帰ってから

やったんでは間に合わないのでしょうか。

    それとも家に帰ればまた別のお仕事?が彼にはあるのでしょうか。

      いずれにしてもこれらの少年少女たちの勉強の場が概ね

    公共の場であったり、人目の多い場所であったり、要するにそれらを

    考慮するだけの時間的余裕がないのか、一心不乱に宿題を片付ける

    姿をよく目にする。

      時折新聞記事の特集で、そうした宿題の多さ?なのかそれに伴い、

    子供たちが教科書意外にも持ち歩かなくてはいけない副読本や宿題

    の類が多すぎて、何でもカバンの重さが異常なほどの重量になり、

    これって子供の成育を妨げることになるでしょう、特集を読んだ。

      なにやらその重さをあの小さな子供の背に背負わせるのは、背骨

    の正常な生育を妨げ、歪曲した背骨は様々な病気の要因にもなる、

    といったようなおどろおどろした記事だった。

      一部社会問題にも発展している様相を呈している。

      で、その問題の宿題なにがどうしてそんなに多いのか、の

    根本問題を探らなくては、単にカバンの重さがどうの、自由な時間

    がどうの、といってるだけでは西洋医学的治療に過ぎず、ここは是非、

    その原因と大元がどこにあり、何故にそうなってるかの根本から治療

    する漢方医学的切り口で臨んで欲しいものと思っているが、どうも・・・

    子供の事となると、いま中国は一人っ子の可愛さもあって平静では

    いられないようだ。

      そこでわたしの分析は。

     まずこの宿題のその多くは何が・・・というところから見ていくと、

     小学校低学年はこれは圧倒的に昨日も言いました、漢字の問題です。

     字を早くにある程度習得して貰わないと、漢字しか持たない中国語

     世界では、他の授業すらできない。ですので、最初はこの字に充てる

     労力というか時間が相当程度必要です。これは、表意の文字、漢字

     しかもたない中国語の宿命といえます。

      学校に上がったと同時に次々に字を覚えなくてはいけません。

      それも漢字はかなり複雑な図形?をしてますし、数も多いので

      どの程度まで覚えれば一応?のところかも含めて、相当急がせ

      られます。このウエイトが大きいんだと思います。

      これを全て授業中に片付けようとすると、どうでしょう授業時間内

     では、間に合わないし、個別の問題もありますし、何度も書いて

     習熟して覚えるところまでを授業中にやるのは時間が勿体ないので

     勢い宿題となり、書いてきなさい!となるのは想像に難くない。

      では、この問題の解決策はあるか。

       ないです。ありませんね。字を覚えるには時間が必要です。

       アルファベットやひらがなにように、限られた字数を覚えて終えば

     それで事足りるのと違って、漢字は意味の数だけどんどん新しい

     のが出てくるので、それに時間をかけるよりないですね。

      考えてもみて下さい、その幾つもないひらがなだって我々が小学校

     で習い、正しく書けるようになるまではそこそこ時間がかかりますよ。

     未だに正しく書けてない人もいるくらいだし・・・。

       これが最大の問題かな?字、漢字を覚え、使えて、書けるように

     なるまでに要する時間と労力に費やす時間が授業だけでは足りない。

      ではでは、漢字さえ?覚えちゃえばもう宿題はなくなって

     良さそうなもんですよね、でも中学校でもあるし高校でもある、

     中国は大学に入っても宿題?といっていいのかなぁ、あるんですね

     それは上の説明では説明がつかない、それはではどうしてか?

       その辺のことはまた明日に。










|

« 宿題が多すぎる - ウェブ版「わたしの見た中国」9月号 | トップページ | 宿題は何故減らないか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 何故、宿題がそんなに多いのかー何処でも宿題に追われる中国の子供たち:

« 宿題が多すぎる - ウェブ版「わたしの見た中国」9月号 | トップページ | 宿題は何故減らないか »