« 『中国レポート』浜輝夫さんー中国・宣昌での日本語教育 | トップページ | 中国冷菓事情 -中国的冰棍ル・冰激凌 »

2012年8月30日 (木)

中国のアイスキャンデー   中国的冰棍ル

    哈哈哈(≧∇≦)連日暑い日が続いてます。

   函館でこんなに暑い日が続くのは珍しいというか、いままで無かった

   というか、記録的暑さだそうです。

     たまたま、この『隗報』92号に書きましたわたしの文章は、

    こんな暑い日にぴったりの話題となりました。

     「難忘的冰棍ル ナン・ワン・ダ・ビィン・グァ~ル」

     「忘れがたきアイスキャンデー」となっております。

Imageca1k6fu2 中国アイスは、えぇ~!こんなんもあるの!!

 というのから、これ日本のアレとおなじじゃない!

 パクリ?か・・というのまでいろいろあります。

        あのスイカバーを模したモノとか、ガリガリ君似の

        坊主頭が描かれたのもありました。で、


      また少し、そこには書けなかったことを補完しておきましょう。

    今回の話題もちょっと「忘れがたき・・・」と言ってる位ですから、

    古い話です。昔のことです。わたしにとって古い話しは、若い人に

    とっては全くしらない、そんな時代の話です。

     このことは、当たり前ですが、中国の若者にとっても同じこと

    でして、中国人だからといって知ってるわけではなく、中国の若者

    にとっても、へぇ~そんなだったんだぁ~・・という話しです。

      だいたい、というかもともとというか

    中国の人はその頃、冷たいものを食べたり飲んだりの習慣?が

    ありませんでしたね。

      この点で有名?なのが例の、常温ビール。ビールを冷やして飲む

    という考えもなかった、というか常温が当然だと思われていた。

      だから、冷たい~ビールを求めて、レストランに入っても出てくる

    のはいつも、ひどくヌル~イビールでした。

       何年くらいまでですかね、まだそんなところもありますが。

      飲料水でいうと、これまた冷やすといってもビンを水につけてる

     レベルの冷えた飲み物でしたが、これを飛躍的?に変えたのは、

     可口可楽クゥ・コゥ・クゥ・ルゥ、 コカコーラですね。

      やはり国外のからの変革です。このコカコーラのあの何というん

    ですかね、専用機械で冷やされたコーラが衝撃的だったと思います。

        さて、その夏の定番?アイスキャンデーもまた、古くは、

     それを売っているお店というのが限られていて、この時期になると

     どこからかそれを、それだけを売りに来る人が現れる、というのが

     わたしの印象ですね。

       一番は、今でもいますかね・・・天安門広場の何処からとも現れる

     キャンデー売りオバサン。

       アイスキャンデーが、段ボールの小さめの箱のビッシリ入って

     まして、その箱を冷たいもんで抱えてるのも大変なんですが、その

     冷気が漂う箱を持ってきて、売り歩くんですね。当然暑い盛りですから

     そうしてるうちにも溶けだしはするんですが、なぁ~に心配ご無用、

     これが流石天安門広場人が多いので、アットいう目に完売。

       めでたく、溶けないうちに売り切って、オバサンはいなくなりまた、

     どこからか同じように箱を持ち出してくる。

       どっかに冷凍庫があるんでしょう。

       同じように今回わたしが書いたのは、

     時期になると大学正門前に突然あらわれるアイスキャンデー売り

     オバサンですが、この方が私にとっては「難忘的人」。

        なにせ炎天下微動だにせず、じ~とただただ、

      アイスキャンデーを入れた手作りとおぼしき専用ボックスの前で

      客を待つ姿は、修行僧を思わせる。

        そして、このオバサンのお取り扱いのアイスキャンデーの

      品質がまた酷かった。

        当時のことですからね、しょうがないのかも・・・・

      と言ったお話を書かせていただきました。

      そして、今回は書けなかった、現代中国アイス事情は

    また、明日。

 

 

|

« 『中国レポート』浜輝夫さんー中国・宣昌での日本語教育 | トップページ | 中国冷菓事情 -中国的冰棍ル・冰激凌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国のアイスキャンデー   中国的冰棍ル:

« 『中国レポート』浜輝夫さんー中国・宣昌での日本語教育 | トップページ | 中国冷菓事情 -中国的冰棍ル・冰激凌 »