« 中国はいま・・8月半ばを過ぎました | トップページ | 宅男 ザィ・ナン が認知される土壌 »

2012年8月17日 (金)

尖閣列島をめぐる 昨日

   この話題も大して気乗りのしない話題で、最初は触れずにおこう

 と思ったのですが、意外?に周りが関心あるのか、日本の報道の勢い

 に押されてるのか、何人の方からかこの話題でふられたので、ここは

 お付き合いで?ちょっとだけ。

    先ずこの話題、一端こうした問題が派生するとちょっと恐ろしい位

  の情報が飛び交って、その量たるや凄い。ですので、私なんぞが

  何もわざわざ書かなくともその辺を調べていただければ、事態の

  大よそはお分かり頂けると思います。

    その上で、私にできるのはちょっと違った視点でのお話を。

  まず、昨日の新聞を広げますと各紙大きく「香港の団体尖閣上陸」

  ってな大文字が踊り、その下の写真もカラーで大きく写ってますが

  これがイケません。

     なんで?こんなに大きく扱うか?です。

     この怪しげな団体が単に島に上陸する為にやってきて、

   目出度く?上陸出来た!!というだけの話にこんなに熱心になる

   必要はないのです。出来れば、3面の下の方にベタ記事で昨日

   こんな人たちが無理やり上陸して捕まりましたよ・・・の2段くらいの

   小さな記事扱いで済ませた方がいいんですよ。

     何故って?この人たち、この団体、この活動家たちの目的は

   こうして騒がれることにあるわけでして、この人たちが上陸した

   ところであの島がどうなるもんでもないのです。

Diaoyutai あらゆる団体はその目的の追行の為に、

 どうあれば効果的かを考え行動するわけ

 でして、その行動理念?にこの人たちの

 行動は合ってます。だからといってそれに

   こちらもお付き合いする必要は全くありません。

     この時期、この夏、この辺り、この人たちは燃えるんです。

   それは毎年の事です。今に始まったことではありません。また、

   日本は同じ様にこの時期を迎え、反米を唱えて何か事を起こす

   かといえば、日本人はその逆です、被爆国として鎮魂に入る。

   おとなしくなっちゃう。み~んなコウベヲ垂れてる。

    そんな時に逆に元気になる国が日本の周辺にはある、

   ということを見てとらなくてはいけません。

     だから元気でしょ、逮捕された人たちも逮捕されてなお、

   何か叫んでる映像や写真などをご覧になってると思います。

    つまり彼らはそれをしに尖閣列島へやってきたわけで、それで

   目的が達せられてます。多分あれも日本の警察の方なんかは

   人権を考慮し、顔をかくすように何か覆うように本人たちに勧め

   てると思いますが捕まえられた本人たちが自ら顔を晒し、大声で

    主張してます。

    それを日本のマスコミが取り上げてくれれば彼らにとっては

   成功といえます。

     だから、もし彼らの目論見を砕くとするなら、騒がんことです。

   ちゃんとやることはやっといて・・・・粛々と騒がん。

     これがマスコミの対応に対するもの。

     これで政府はまたまた「弱腰外交」と言われてます。

   テレビを見ていたら、某自民党幹部の方は今の政府の「弱腰外交」

   を厳しく叱責されておられましたけど、全く同じことをつい先日

   まで言われる側でしたよね。また今自民党諸先生が言われていること

   と全く同じことを野党民主党は声を荒げて言ってましたよね。

     ホントに同じことが立場が変わっただけで、どうも日本の政治世界

   には「政権与党ライン」という線があって、それを跨ぐと今までは全く

   立場が逆になり発言も逆になるらしい。これはこの事に限らずさんざん

   見せつけられてる。

     で、何が言いたいか?「弱腰外交」は日本政府がそうなんではなく、

   日本人ってそうなんですよ。別にあの国会の先生方の問題ではなく、

   日本人の気質としてそうであり、これからもそうでしょう。

     日本人離れ?した政治家もおるのでしょうが、それはそれで全体

   のものとなるかどうかは別です。

    また「強腰外交」ってな言葉があるとすれば、それが必ずしも勝つか

   或いはいい結果を生むかどうかはまた別問題でして、「弱腰」なら

   それなりの対処の仕方があるでしょうから、ただただ「弱腰」を詰る

   のではなく、その上での対処があるはずなんですよ。

     でも、これくらいの話はどっかで誰かがしてるでしょうし、

   お偉い先生方にはもっといいアイディアもあるでしょうから、この話題

   この辺で・・・。

     新聞記事の大きさ占める割合がそのニュースの重要性と比例

   するとするなら、昨日の記事の扱いはちょっと大きすぎるという

   感想です。




|

« 中国はいま・・8月半ばを過ぎました | トップページ | 宅男 ザィ・ナン が認知される土壌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 尖閣列島をめぐる 昨日:

« 中国はいま・・8月半ばを過ぎました | トップページ | 宅男 ザィ・ナン が認知される土壌 »