« ドラマが映し出す中国社会、-「家庭暴力」DVについて | トップページ | 減り続ける地方都市の人口と、増え続ける外国人労働者 »

2012年7月 4日 (水)

中国でも集中豪雨による被害が・・・

    九州での記録的な大雨による被害が報じられています。

  梅雨前線による影響もあって、局地的・記録的な大雨となっている

  のだそうです。

     この雨、まだ注意が必要だとか。雨による土砂崩れの心配など

  もあって、今日現在避難されておられる方もおありのようです。

    映像でもちょっと見ましたが、何といっても驚くのは、現地の人たちが

  異口同音に、これまで経験したことのない雨の降り方、というのが

  印象に残ります。

    雨の降り方も違ってきているのでは・・・というこの声はどうとらえ

  今後どうすれないいのか、専門の方のご意見も聞いてみたいもの

  ですが、そういう観点での報道は少なく、概ねその被害の大きさを

  報じているにすぎません。

     前にもちょっとこの手の話題をしました。どうも世界中で所謂起こって

  いる異常気象ですが、その雨だったり雪だったり、逆には日照りだったり

  なんか今までとは違うぞ!と誰も感じている。

    だからこそ、異常気象だと、言っている。

    で、その根本的なところを探って、いま人類は何をしなくてはいけない

  のか、等と言う話はどこかの専門家の会議ではされているのでしょうか?

    どうも甚だこころもとない。

    中国でも先月くらいからですが、四川省などを中心に激しい雨が。

Haoyu こちらは、中国ニュースが報じた、

 写真です。

  中国国内の人たちが行きたがる

 古鎮グゥ・ヂェン 古い田舎町の

    様子です。

     もともと川沿いに、高床式のようにして家屋が並んでいるのですが、

    そのいつもはずっと下の方で流れている川面が、もう家のすぐの

    ところに来ていますから、多分個々の人もみな避難してると思い

    ますが、山間のこの辺の村は実は非難するにも非難する場所がない

    くらい狭い土地を利用して住んでいますので、大変です。

      中国でもこの時期こうした豪雨の被害はやはり同じようにある

   のですが、それでも聞こえてくるのは、記録的・・とかこれまでにない

   とかの言い方です。

     いたずらに不安をあおる必要はありませんが、

     一体、こうした異常といわれる現象は、何が大きな原因で

    異常になるのか、その気象現象を防ぐことはできなくとも、

    予知はかなりできるようになったのですから、それに基づく

    防災は可能になってるはずで、そうした面にも力を注いで

    欲しい政府は今それどころではなく、自分の足元が危うい

    状態ですので、無理でしょうね・・・こうした防災を期待するのは。

       注意してご覧になっているひとは、何らかのかたちで情報を

     取って、ご存知なのかも知れませんが、

      最近では、日本ばかりではなく、インド・フィリピン・台湾など

    アジア一帯がモンスーンの影響もあるのでしょうか、あちらこちらか

    その豪雨による被害出ています。

      時代は一国だけを、その地域だけを見ているだけでは駄目な

    時代に入ったということではないでしょうか。

 

       これ以上被害が広がらないといいですが、

     なにせ、天候まかせですから。

       

|

« ドラマが映し出す中国社会、-「家庭暴力」DVについて | トップページ | 減り続ける地方都市の人口と、増え続ける外国人労働者 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90348/46187615

この記事へのトラックバック一覧です: 中国でも集中豪雨による被害が・・・:

« ドラマが映し出す中国社会、-「家庭暴力」DVについて | トップページ | 減り続ける地方都市の人口と、増え続ける外国人労働者 »