« 現象傾向にある地方都市人口と、増加しつづける外国人労働者数 | トップページ | 青空のもと、留学生との野外交流会ー函館日中・野外交流会報告 »

2012年7月 7日 (土)

減り続ける地方都市人口と、増え続けるのか外国人労働者

     先日来のお話は、まもなく道内の外国人労働者が1万人越え!

   の新聞記事を手掛かりに、外国人労働者(技能実習生)と呼ばれいる

   人たちのお話をしました。

     実はこのお話、昨日の画像にある新聞記事ともう一つ、こちらは

   いま手元にないのですが、同じころの新聞記事で

    「小樽市人口13万人割る」

   の記事があった。

     この二つの記事を目にしてこの話題を取り上げようと思った。

   小樽がたまたま切りの?いい数字で、13万を割るから話題になった

   ものの、私が住む函館市もまた人口減少に歯止めはかからず、

   懸命に市町村合併までしても、30万はとうに割り込んだし、毎月

   の統計でも減少傾向が続いている。そう遠くない時期に、

    「函館市人口25万人割る」

    という新聞記事を目にすることになるだろう。

     国の人口そのものが減ってるのだから別に驚くに足らないし、

    増えりゃいいのか、って問題でもないので一向に構わないのですが、

    二つの記事を見ていて面白かった?のが、

    片や、減ったぞ~!!記事で、片や、増えたぞ~!!を

    日を置かずして目にしたので、ちょっと気になった。

Waiguorenbiao 増える外国人労働者の話題の方は終えたい。

 道内に限らず増えている外国人労働者の実態は

 その年代別、地域別、労働者の国別、働く場の

    産業別、雇用形態別、様々な統計がとられているので、ちょっと

    調べようと思えばいくらでもその手の資料はあるようです。

      但し、これも更にその先一歩進んで、例えば、中国人がその

    割合でダントツなのは分かるが、ではそうした人たちが一体

    中国のどの地域から来ている人が多いのか?とか踏み込んだ

    疑問を持つと極端に資料がなくなる。

      これはどの問題にも言えて、そんなに深く考えなくてもいい

    ですよ、と教えてくれているのかも知れない。

       それで、話を戻すと、

     小樽に限らず、道内の各地方は人口の減少が続いている。

    一方で、外国人労働者は増えていて、それも昨日見たように

    思いもよらぬ地方にそうした傾向がある。これはその受け入れ

    産業の形態(水産加工や農業)にあるからだ。

     もう一つ、この記事では触れられていない、外国の方が日本へ

    の形態として、留学というのがあります。

      こちらもまた?増えてます。道内ですと2000人を超えました。

    ですので、これを足すと道内1万2000人。

      これだけの数があれば小さな町になりますけど。

      更に、短期であれば違う形での滞在や、

      逆にず~と居ることになるのでカウントできない国際結婚組

    などまでをいれちゃうと、どうなんでしょ早い話がそっちは・・・

    外国人は増え続けている、ということを言いたい。

      で、

     この話、結論なんてなくて、

     単に私が面白い?と思ったから取り上げてだけですが、

     実はあの二つの新聞記事を見て、この二つの問題の対比が

     つまり片や日本の地方都市人口はこの先もどんどん減り

     続けるだろうということ、

     でも、この先どうもまだ外国人の居住者数は多分増え続け

     るのではないか、との予測が当たっているなら、

     何時かは分かりませんよ、何時かどこかの町では、この

     数がかなり緊迫するようなことにはならないのか?

     とボンヤリ考えている。まさかぁ~とは思うがそのまさかが

     存外起きるのだ。

       さらに極小の部分的なところではそれはもう始まっている。

     別に脅すわけじゃありません。

       例えばですね、明日の函館日中友好協会が予定している

    中国人留学生との野外交流会では、

       なんと、留学生の参加人員数が、私ども協会関係者の

    日本人の数よりも多いという逆転の現象が見られるのです。

       そんな、遊びの集まりと一緒にするな!というお話ですが

    これがどうして、油断ならないのです。

       意外や意外、こんなところからも未来は見えるのです。

 

     上の話は終わりにします。話しは変わって明日のことです。

     ということで、明日の交流会参加ご希望のみなさん、

     凄いですよ、中国人留学生だけで33名も来ちゃいますから、

    一気にこんだけの人と会うと私も一度には覚えきれないんです

    よね・・・。天気もどうやら雨の心配はないようです。

    では、明日お会いしましょう!!

     明日一日、青空?のもと、大いに交流を愉しみましょう!!

     どうぞよろしく。

|

« 現象傾向にある地方都市人口と、増加しつづける外国人労働者数 | トップページ | 青空のもと、留学生との野外交流会ー函館日中・野外交流会報告 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 減り続ける地方都市人口と、増え続けるのか外国人労働者:

« 現象傾向にある地方都市人口と、増加しつづける外国人労働者数 | トップページ | 青空のもと、留学生との野外交流会ー函館日中・野外交流会報告 »