« 人民元為替改革は、日本にとってプラス? | トップページ | 老師!シュワッチ!!の証明写真 - これが、シュワッチ挙手だ! »

2012年6月21日 (木)

中国人民銀行、金利下げについてー一難去ってまた一難

   一難去ってまた一難、は私のことで、中国人民銀行のこと

 ではありません。

   私が、一難去ってまた一難、と言っているのは、もうこの手の?

 経済の話から離れたいと思っているのに、許してくれないからです。

  別に拘束?されてるわけではないが、毎日此処に書いたものに

 関するご質問を受けたりすると、気の弱い?私はそれに応えなくては

 ならないのかと思い、ここ数日先に進めないでいる。

   もう十分にお分かりかと思いますが、私に“経済”を語らせたところで

 全く的を得たようなことは言えませんので、余りお役にたたないと思い

 ますが、それでも尚、からかいなのか、私に言わせておいて自分の方が

 よく知っているという安心感を得たいのか、またまた、先の中国人民銀行

 の利下げについて、知ってることを書けとのご用命ですが、

   沢尻エリカ式に「ベツニ・・・」と言いたいところです。が、乗り掛かった船、

  どうせ新聞報道のようなことは期待してないでしょうから、書きますね。

Yinhang1 日本の新聞報道ではこのニュースあっさりしてました。

「中国3年半ぶり利下げ」がタイトルで、「0・25%景気減速

を阻止」がサブタイトルでした。

 そこで、まず基本中の基本ですが、

   中国の銀行、知ってますか。まず、五大国有銀行があります。

   中国工商銀行・中国農業銀行・中国銀行・中国建設銀行・中国交通銀行

   がそれです。

     これが国有大手銀行。

Yinhang3この他にもここ数年で中国は小規模銀行が乱立、地方へ

行くと失礼ですが?私などは目にしたことも聞いたこともない

名の銀行が今は沢山あります。もっとも、日本だって地方銀行

   は沢山あるんですから、同じで、中国の人が知らない日本の地方銀行

   なんて幾らでもあるでしょうから、その点では同じでしょうが、懐疑的な

   私はこうした中国の地方銀行はどうも・・・敬遠します。

Yinhang2
それで、何といってもやはり「中国銀行」ですよね。

でその、中国人民銀行はその親分ですが、6月8日に発表

    したのは、金融機関の預金金利の変動幅の上限と、貸出金利の

    変動幅の下限をいじった?ということなのであります。

      これを受けて、所謂市中銀行がそれぞれの預金・貸出金利を

    微調整に入ったというとろです。

       それで、お尋ねの件は、多分どういう影響があるか?

     という趣旨だろうと思いますが。

      結論を言えば全く我々には影響ありません。  でしょう!

       中国の景気について日本の新聞は言及しえていますが、

     まぁ金利をいじればそりゃぁ多少景気に影響はします。

     ですが、この度の金利下げは、そこに狙いがあるのではなく、

     中国の銀行のこれまでは、貸出金利と預金金利のバランスから

     言えば、銀行が余りに好い思い?をし過ぎていた、というところに

     あって、ちょっと、あんたら暴利?だろうと。

       もう一つは、中国の銀行はよく言われる日本の銀行が

    護送船団方式と呼ばれるその横並び、とは違って、多少縦並び

    なんですが、それに更に拍車がかかるということにはなるでしょう。

     ですので、この問題、中国国内の銀行温存がちょっとだけとれて

    各行で少し力をつけなさい、とのお達し利下げ、と理解してます

    けど、私は。

Yinhang4_2早い話、他所んちの銀行のことです、

 そうそう関わる必要もないでしょう。

 それよりも日本の銀行を・・・。

 と思いますが、

     これ以上書くと愚痴になるので

    お終いです。

     どうです、何の参考にもならなかったでしょ、

     だから言わんこっちゃない。













|

« 人民元為替改革は、日本にとってプラス? | トップページ | 老師!シュワッチ!!の証明写真 - これが、シュワッチ挙手だ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国人民銀行、金利下げについてー一難去ってまた一難:

« 人民元為替改革は、日本にとってプラス? | トップページ | 老師!シュワッチ!!の証明写真 - これが、シュワッチ挙手だ! »