« 中国の新人類たち ー 90后を語る | トップページ | 人民元と日本円の直接取引が可能にー6月1日からの新制度について »

2012年6月16日 (土)

「90年后」的留学生 ー 中国人留学生の変化

Imagecaxsicma  今日もまた、話題は、中国の1990年後に生まれた

  若者たちのお話です。

   1990年生まれの人だと、今年22歳。

   全てのこの後ろの人を「90年后」は指すが、

    まぁ、概ねこの90年以降数年間に生まれた人達がその対象と

    なっている。

       それで、昨日も書いたが、1989年の天安門事件が一つの

    ここを分けるメルクマールとなっているのは確かに分かる。

      この年、1989年の翌年から、中国のGNP成長率が一桁に

    落ち込み、改革開放路線にちょっと黄色信号が灯もり始めた。

      さらに、91年には旧ソ連解体となり、いよいよ中国の黄色

    信号も赤に変わりそうな雰囲気があった。

       これを教訓に中国は大きく舵取りを、経済に変えてくる。

    1992年の第14回党大会での「社会主義市場経済論」という

    鄧小平の分かったような分からんような理論を持ち出す。

    人々が分かったのはこれからは経済(お金だ!)ということに

    気づいた。お金が全てだ。これまではお金があったところで自由に

    ならない、手に入らないモノが多くあったが、これからはお金さえ

    あれば、あらゆるモノが手に入る、ということを知った。

      それまでは、お金持ちは罪悪だったが、お金持ちがヒーロー

    になれることを知った。

      その知った世代が、この「90年后」の親たちだ。

 

    そして、この頃生まれた人たちがいま社会へでしょうとしている。

          今日は日本へ来ている中国人留学生のお話ですが、

Imageca7qpmlc その今日本にいるこの「90年后」留学生が

 以前の留学生と何処が変わっているだろうと、

     考えると、思い浮かぶのは、誰もがおっしゃっていますが、

     「以前の留学生のようなハングリー精神は見られない」と

     いう。私もそれは感じる。でも必ずしもそれはいけないこと

      ではない。気負いがない分、良い面もあると思う。

      学生の本分が、勉学にあるとするなら、そこにも以前の

    ようなギラギラした意欲を感じさせる留学生はもういない。

    フラットやってきて、フラット帰る、というのが私の印象だ。

    多分、何が何でも日本でなくともよかったのだろう。

    たまたま来れたから、来ました。といった感じは、ある意味

    肩に力が入らず、普通に色々な面が見えることにもなり、

    もしそうなら、それはそれで、とても良いことだ。

       独生子ドゥ・ション・ズ(一人っ子)が多いこの世代は

    そればかりではないでしょうが、矢張りその特性から免れる

    ことは出来ず、どうしてもちょっと甘えがあります。

      私には以前であれば我慢したであろうことも我慢できず、

    最近気付くのは、この留学生同士の関係が、以前であれば

    異国にあって多少の意にそわないことも中国人同士で何とか

    仲良く、または自分たちの間で解決、が基本でしたが、それが

    できず、中国人留学生同士で諍いがあったりは、以前は考え

    られないことでした。

      これも、実は一つには数の問題もあるのです。以前は喧嘩

    しようにも、そんな人数が私の住むような地方都市にはいなかった

    ので、その問題自体が発生することはありえなかったのですが、

    いまや数も増えました、増えれば性格もあって、合う人もいれば、

    合わない人だっているでしょう。

      そこで我慢ができればいいが、それも自分の育った環境の

     中で培ってこなかったので、持ち合わせていない。

       それが「90年后」だ。

      中国の高度成長はこの「90年后」世代の父母の代が原動力

     となって、此処まで引っ張ってきた。今や中国自身も自国の経済

     を「小康を得た」と評しているように、やっと少し落ち着けるところ

     まで来たんだと、分析。

         そしてこの先をバトンタッチしようとしているのですが、

       私にはやっぱり昨日お話したように、

      そのバトンは、いきなり「90年后」に来るのではなく、

      一回「80年后」が受けるんだと思うんですね、

      で、この「80年后」の方が、「90年后」より中国にあっては

      その変革の波を、それも大波を被ってきた世代といますので、

      先ずはこっちに注目です。

    




|

« 中国の新人類たち ー 90后を語る | トップページ | 人民元と日本円の直接取引が可能にー6月1日からの新制度について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「90年后」的留学生 ー 中国人留学生の変化:

« 中国の新人類たち ー 90后を語る | トップページ | 人民元と日本円の直接取引が可能にー6月1日からの新制度について »