« 上海日本人学校に 高等部新設 | トップページ | 中国人とお弁当 の考察 »

2012年5月 5日 (土)

中国人とお弁当ー行楽シーズン、お弁当を持って・・・

   5月5日、今は雨も上がりましたが、残念ながらここ数日の雨、

 その雨の中、道南・函館は桜が満開の時期を迎えております。

   このまま雨が上がれば、どっとお花見にみなさんお出かけに

なるでしょうか。朝、散歩してた時の五稜郭公園の桜は丁度満開

でした。小雨に煙ってそれはそれで綺麗でしたが、矢張り雨は厄介

です。雨の後のサクラも綺麗です。どうぞハコダテへ。

  ということで、行楽の季節、ここはお弁当でも持って、屋外へ。

そんな話題を、今月号 隗ホームページの「わたしの見た中国」

5月号のアップ致しました。どうぞお楽しみください。

Benntou 中国のお弁当のお話です。

台湾で列車に乗っていると、「便当ビェン・ダン~」

と言って、ワゴンにお弁当を乗せて売りに来ます

   けど、あれ注意して聞いていないと完全に「ベントウ~!」と

   聞こえますよね。え~!!何で日本語なの?と思いますが、

   まぁまぁ台湾はこうした日本語に限らず、日本が台湾に残した

   ものが数多くありますから、それに気づけばそうそう驚くこと

   もないのですが、突然の「ベントウ~!」にはちょっと驚かされ

   た記憶があります。

    これが、弁当と言えば思い出す思い出の一つ。

    一方、大陸のお弁当はどうかというと、以前とは相当これまた

   変わってきています。

    何せ、日本のあのお弁当店「ホットモット」も店を出してる位です

   から、その変わり様は大変なものがありますが、そうした最新事情

   ではなく、中国人のスタンダードお弁当というか、一般的なお弁当

   事情を書きました。

    (中国ほっともっと進出話題はこのブログにも以前書きました)

   中国お弁当は、私の言い方だと、ぶっかけご飯的お弁当です。

   つまりその、ご飯の上に直接おかずが、それも基本野菜と肉の

   取り合わせの炒め物が乗っかっただけの、そんなお弁当です。

   シンプル・イズ・ベスト。いまはどこもそれ専用なのかあの白い、

   発泡スチロールに入れられて出てきます。

Benntou_2_8
 味はもちろんそのお店によるのですが、基本美味しい

   のです。美味しければいいじゃない、が中国の人の考え。

    日本人はこれにまたこちょこちょ工夫?というやつをこらし、

   更に見栄えだの、色どりだの、を考えますが、そうしたことを

   一切?考えずに淡々とやってしまうところが中国らしく?て

   好いといえばいいのですが・・・なんだかなぁ~みたいな。

     まぁ、ホットモットや外資系のお弁当屋さんも乗り出してます

   ので、このあとは変わってはくるでしょうが、

     それにしても日本のお弁当は綺麗すぎ?でしょう、

    中国の某サイトに暫くこれでもかぁ~というくらい、日本の

    幕の内の弁当の綺麗な写真が載っていて、注目を集めてました

    けど、これまたむべなるかな、あんなのないもんなぁ~中国に。

     それで、

     じゃぁ何故に中国ではお弁当が私の言い方では、発達?

    しなかったというところの考察からはじまります。

     そんなお弁当話題見てみて下さい。

     隗かい ホームページは 、登録していただけるとありがたい

    ですが、 下をクリックしていただけますと、いつものように、

    トップページに飛びますので、そのすぐ下に、今月号

       帯盒飯 ダィ・フゥ・ファンをお読みください。

     http://www10.plala.or.jp/hakodatekai/index.html

 

      歓迎Ni来!!

|

« 上海日本人学校に 高等部新設 | トップページ | 中国人とお弁当 の考察 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国人とお弁当ー行楽シーズン、お弁当を持って・・・:

« 上海日本人学校に 高等部新設 | トップページ | 中国人とお弁当 の考察 »