« 増え続けるマイカー、中国自動車保有台数 | トップページ | 函館日中・中国語教室、今天有課!請留意。 »

2012年4月28日 (土)

日系自動車メーカーの賃上げ、その後

    中国の人の平均月収のお話から、こうなってますが、

   昨日書いた、中国の自動車問題から今日は思い出して、

   中国の日系自動車メーカーで相次ぐ賃上げ問題が発生

   したのは一昨年。大分経ちましたので、その辺をちょっと。

Photo 一昨年がピークだったと思いますが、日系自動車メーカー

 で相次いで賃上げ闘争が持ち上がり、各工場でも多少

 の違いはあれストライキなどにより生産がストップしたのは

 日本のニュースでも取り上げられていたと思います。

    記憶では、確か広州あたりの工場が一番過激だったようで、

   トヨタもホンダもあの地域の工場から火の手が上がり、長引いた

   工場では数か月の争議の激しい攻防となった。

     トヨタで800元くらいの当時の賃上げ要求、

     ホンダでは最低賃金のアップ、住宅手当の上乗せ、毎月の給与

     を400元ぐらのアップ、ということで全体ではトヨタとほぼ同等の

     賃上げをして決着した、というのが私の記憶。

    細かい数字を別にすればこれで合ってると思います。

    数字もそう離れてないとは思いますが、違っていたら教えてください。

Photo_2 それで、この点で私の言いたいのは、このスト、

 中国の以前のストとはその本質を異にしている

 という点を指摘しておきます。

     日本のマスコミはどうも相も変わらずの賃上げ要求をされて

    中国の安い労働力の時代の終焉を叫んでましたが、

     この労働争議の発端そのものが、違います。

     単純な低賃金への抗議ではなくですね、この外資のところに

     いる人たちは地元でも割と給与が好い方なんですね。

    つまりこれは、日系企業だけに何故起こったかを考えなくては

    いけません。争議に火がついて大きくなったのは、誰もが言って

    ますように携帯や電脳による情報の伝達スピードにありました。

      でもその本当のスタートは、日本から派遣されているメーカー

    社員の日本円建ての給与を知ったことにあります。それだけなら

    まだ好かったのですが、その時のその某メーカーの通訳をしてた

    人の訳と、ちょっと誤った伝わり方などもあり、また個的な問題も

    あったのでしょう。その本社社員、後から及び腰で日本・本社から

    やってきた上司の給与も中国の一般工員の彼ら・彼女らを驚かす

    に十分な額だった。

      早い話が、あの対して働いてない日本人の給与が××で、

    こんなに時間に追われて働いている自分たちの給与がこれでは

    余りの違い・・・と騒ぎ出した。

      全く日本の給与制度や、物価などを知らない。

      でも単に人民元に換算した日本人社員の給与は確かに高額。

    会社はあの対して仕事もしない人たちにこんなに払えるだけ

    儲かっているなら、賃上げを要求して当然。との論理立て。

       これが、ちょっと自動車産業だけにとどまらない、日本から

     中国へ乗り出したすべての産業に波及しそうだったのに、

     そうはならなかったのも、先のスタートの部分の無理解と、

     通訳の問題があったからです。

      問題の本質はここにあったと私は思います。

    ほぼ同じような条件で例えば自動車産業を支えている部品

    メーカーで同じような賃金体系をとっている台湾の企業に何故

    この手の問題が起きないかを考えてください。

      それは、台湾企業は言葉の面で困らないからです。

      言語・考え方・習慣の面で行き違いないなら、

      一昨年のストは避けて通れた、というのが私の判断。

      労働者にとっては給与が上がって好かったね、という

     話なんですが、これまた経済とは面白いもので、そうそう

     単純ではないという点が一つ。

      もう一つは、すでにこの自動車メーカーという業種そのもの

     が矢面に立っていることでもお判りでしょうが、生産した自動車

     の最大の消費地が昨日も書きました、その自国・中国にある

     という点との二つで、あの賃上げ問題は悩ましかった、

     ということです。




|

« 増え続けるマイカー、中国自動車保有台数 | トップページ | 函館日中・中国語教室、今天有課!請留意。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日系自動車メーカーの賃上げ、その後:

« 増え続けるマイカー、中国自動車保有台数 | トップページ | 函館日中・中国語教室、今天有課!請留意。 »