« 濃霧による高速道路事故 - 中国 | トップページ | 「ICTで変える学び」国際文化フォーラム通信ーお礼 »

2012年4月18日 (水)

お礼・『北京師範大学弓道部・訪日交流活動紀念冊』-函館日中

001
  内藤敬 老師:

  冊子

  『 友情  連帯 』

  2011年北京師範大学弓道部

  聯合国際学院弓道部

  訪日交流活動紀念冊

     お贈りいただきありがとうございます。

     もうかなり前にお送りいただき、日にちが経ってしまい

    お礼が遅くなりましたことお詫び申し上げます。

     先生には先に個人的にはお手紙でお礼を申し上げては

   おりますが、函館日中としてのお礼が遅くなりました。

     この場を借りてお礼を申し上げます。

   年ごとのこの交流の記録誌を毎回お送りいただいております。

   毎回ほぼ50ページ程度のつくりになっております。

   そして毎回感心するのは、

   先ず何よりもそのページ数を埋めるだけの、というかそれ以上の

   活動があっての、それらの活動を纏めるかたちでの冊子作りです

   ので、この間の活動の広範さと力に敬意を表します。

     内藤先生はお忙しいのに冊子を贈る際、私だけではないと

   思いますが、自筆のお手紙も添えられておられまして、そのお手紙

   によりますと、中国での生活が17年に渡るそうです。

     これは凄いです。どんなに凄いことなのかが私にはよく分かります。

    この17年の間の中国の変わり様、17年の間に先生が育てられ

    た生徒さんたちの数、交流の数、・・・凄いとしか言いようがあり

    ません。

     毎回この紀念誌はそうですが、中は日本各地での交流の様子が

    写真をさえられてびっしり紹介されています。

      更に交流にいらした中国の学生の感想がそのまま中国語と

    それを日本語に訳した二つの文が添えられております。

      写真もふんだんに使われている贅沢な造りです。

      あとは、こう言っては失礼ですが、何といっても内藤先生ご高齢

    ですので、どうぞ健康維持に留意され、お元気で、先生が育てた

    次の世代の生徒たちが活躍するのをやさしく見守ってやって下さい。

     もう、すでに今年の交流の計画に入っているようですが、

     先生くれぐれもお体をお大事になさって、下さい。

       内藤敬先生、冊子ありがとうございました。

     また、函館で交流の機会が持てることを願っております。

       遅くなりましたが、お礼まで。

                             函館日中友好協会

|

« 濃霧による高速道路事故 - 中国 | トップページ | 「ICTで変える学び」国際文化フォーラム通信ーお礼 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お礼・『北京師範大学弓道部・訪日交流活動紀念冊』-函館日中:

« 濃霧による高速道路事故 - 中国 | トップページ | 「ICTで変える学び」国際文化フォーラム通信ーお礼 »