« 朱家角ー街の様子 | トップページ | 明るくなった上海の夜、電力問題を考える »

2012年3月 2日 (金)

上海へ戻りました! - 道を尋ねる、教えるについて。

P1050232  この旅は、だいたい十日かけて、安徽省、江西省、

  浙江省のあたりの古鎮を訪ね歩き、今日は上海へ

  戻ろうとしております。

   で、無事戻りました!!

      でもちょっと大変でした。戻るその日の様子。

     ホテルフロントお姐さんには毎回必ず何らかの事でお世話になりますし、

    必ず何か尋ねてますね。何せ私の場合、まるで分ってません。

     ガイドブックなし。事前の予定とはまるで違う場所にいる。分かってる

    のは、自分の行きたい先だけ。上海のホテルに戻るぞぉ~、と。で、

      この日、朝食がこのホテルは付いてましたが、宿泊客も少なく、相当

    おざなりの朝食で、これでは外でパンでも買ってきて部屋で食べた方が

    ずっとましだったわい、と思いますが、まあまあ行って食べてみない事には

    この反省もあり得ませんから、これは致し方ない。

      退房は遅くて構いませんよ、とのフロントお姐さんのサービス?も、

    できれば午後早くに上海入りしたいので、上海までの行き方を尋ねる。

      バスが数路線あるのは分かる。また、上海の街中まで入らずに多分

    ここからだと、虹橋飛行場あたりが近いようだから、そこで乗り換えて

    地下鉄という手があるのも大体だが想像できる。

      ところが、この彼女の説明は一向に要領を得ない。

      自分は上海にはめったに出ない、という。それはいい、でも他人に

    教えるときはそれでは困る。で、選手交代。男性を呼んできました。

      今度の彼は詳しい、だが詳しいが故の難点もある。

P1050233 自分は分かってるのだが、他人への説明は下手な

人。自分にとっては簡単だから、ぞうさもなく、あそこへ

行ってアレして・・のあそこの説明がはっきりせず、アレ

は何のことを指しているか不明。

      こういう人の説明はいちいち相手の発言を止めて、或いは戻って

    確認する必要がある。

      私のように毎日尋ね歩いて、尋ね慣れてる?者には彼の話の

    欠落してる部分は補えるが、普通はあのまま聞いとったのでは無理

    でしょう。

       彼の説明ではこのホテルを出て、上海までのバスに乗るその

    バス停はあたかも自明の理のように存在していそうだが、案の定

    「これを出て左にまがり馬路に出たら対面に・・・」の説明は、不親切。

      みなさん、道を教えるときはちゃんと教えてください。

      尋ねる方にも教える方にも道に関する感覚があって、それって

    同じじゃないわけでして、分かってる者にとっては得てして簡単で、

    分からない者にとってはその感覚も、対面(向かい側)もどこを指して

    の向かい側で、向かい側は永遠に続きますから何の向かい側に

    なるかを確かめないといけませんよ。

      ということで、ホテルへ出て、まずその目指したバス停が・・

    路行く人に改めて尋ね、ここより、違う場所からのバスが始発だから

    座っていけるんじゃないとの新情報もあって、再び軌道修正。

      そのバス停は何とかバス停の形をしてたので分かりましたが、

    今度は直接、上海の町の中心、人民広場(終点)まで行くのと、

    町をかすめて戻るタイプの路線があることが発覚。バスで人民広場

    まで入るのは交通渋滞もあって時間がとられそう・・・危険か・・・

      その点(時間)を尋ねても確かな答えはなし。

      え~いままよ、交通渋滞になるその手前でバスを下車すれば

    いいだろう、ということで人民広場行バスに乗車。

P1070260それがこのバスどこをどう走ってるのか、またまた

 とても安い乗車料金なんですが、やたらに乗り

 ごたえがありましたが、無事人民広場到着!!

      やれやれ、ここからまた地下鉄駅へ降りると、相も変わらずの

    人の洪水です。そんな中をこの旅行中に買い物をして増えた手荷物

    を抱え、上海のホテルにゴールイン。

      ホテルドアマンが覚えていてくれて、「回来了!(お帰りなさい)」

    と、言ってくれる。

P1070305
 あぁ~この一言って何にも勝るサービスに

 値するかな・・・ と思えましたね。

  こんな何気ない一言が、このホテルの

印象を一番に形作ることになる。

      次の旅もここに泊まってもいいなぁ・・と。

      あと明日一日また上海で時間をつぶして、明後日の帰国となる。





|

« 朱家角ー街の様子 | トップページ | 明るくなった上海の夜、電力問題を考える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 上海へ戻りました! - 道を尋ねる、教えるについて。:

« 朱家角ー街の様子 | トップページ | 明るくなった上海の夜、電力問題を考える »