« 上海レストランで最後の夜の食事。それが結構大変! | トップページ | 一年目の被災地 ー 在留外国人支援について、 »

2012年3月10日 (土)

レストランで迷子って・・・どういうこと!

Cai_dan_a
  中国のレストランの菜単ツァィ・ダン(メニュー)も

  最近では写真付が多く、ありがたいです。

  以前は、ただただひたすら、漢字が並ぶそれを眺めて、

    さて、どうしたものか・・・と迷う、というより戸惑ってましたが、それが

    この写真のおかげで、もっぱら先にこの画の方を先に見て、それから

    料理名を見て、なるほどその字面から材料が分かったり、料理法が

    多少は分かりますので、この上なく便利。

      それでも、注文の際に、その料理名を中国語で言って、発音を

    直されたりはしますけど・・・ね。

     また、普段使われない漢字が読めなかったりはします。

        昨日の続きです。

     さて、その上海料理レストラン。美味しすぎでしょ。大満足。

    デザートまでたっぷり食べたら、店からのサービスと、甘いものまで

    最後についていて、もうこれ以上は勘弁してください・・・となった。

       私が先に席を立って一回トイレに行った。その時の私の感想

    も、広い店だなぁ~というのと、ほぼ満席なんで繁盛してるんだぁ・・

    とは思った。

       連れが、トイレに立った。店は広いが簡単。真っ直ぐ行って

    突き当り左に曲がって、右中ほど。曲がるのは一回だけ、簡単。

 Dian_li
 このお店、個室ではないのですが、それぞれのテーブル

 とテーブルの間には仕切りがあります。それぞれが

 壁を背にして配置されていて、その前の通路の部分が

    解放されてますが、三方向は壁に囲まれてまして、私たちの席から

    も通路を隔てて、真向かいの席と、はす向かいの席は様子が覗け

    ますが、その外の席は様子が窺えないないような造りになってます。

      それが、このビルのワンフロアーごと、細かに仕切られてますので

    一体どこくらいのこの仕切り部屋があるのでしょう・・・凄い数です。

    このビルほぼ四角い形でデカイです。またどうも厨房の面積がどれ

    位取られてるのか分かりませんが、なんせ広い!

      思いましたが、まさか、こんな所で連れが迷子になるとは!!

    それが考えてもみなかった。想定外。ほんと油断。

     戻ってこないのです。最初ちょっと変だな・・・と思ったのが、どれ

    くらい時間が経ったのか分かりません。普通トイレの時間ですから

    これはちょっと変だぞ・・・と思い始めて、何か物を売ってるような

    ところがレストランの中に有ったかな?と考えた。そうした場所が

    あって、何か気になるものがあると時間がかかる。そのせいか?

    或いはこのレストランで偶然誰か知り合いと会ったとか・・んん~

    考えにくい・・・、何か途中アクシデント、例えば店の飾り物を壊し

    ちゃっとか、・・・そんならそれで店の人と一緒に現れそうなものだ・・

    トイレに閉じ込められちゃった・・・でも・・中国のトイレおおよそ鍵が

    かかりませんし、掛かったところで中からなら何とでもできるし・・・

      遅い! 遅すぎる!!

    さては外に出たか・・?このビルのどっかに服屋さんでも入ってたか?

    或いは近くにそんな店があったか・・?でも、それならそれで此処を

    出てから立ち寄ればいいだけの話だ・・、

      食べ過ぎて、トイレで具合が悪くなった・・・?んん~そうなら厄介。

    女子トイレに誰かお願いして入って見て貰わなくては・・・、

    行くときは全くそんな感じはなかったのに・・・

     考えられるだけのあらゆる仮想状況を設定して、どうしたものか・・・

    と、考えているところへ、

      ニコニコ笑いながらヽ(*≧ε≦*)φ「ここです、ここです!!」と

    戻ってきましたよ。それも女性服務員さんを伴って。

      レストランのトイレが多少混んではいたが、出て、さて戻ろうと

    歩きだしたら、同じ様な席ばかりが行けども行けども続き、分からなく

    なったんだという。もともと彼女にはそういうところがあって、地理音痴。

     でも路ならまだしも、レストランで迷うって!!どういうことよ!

     トイレを出て違う方へ曲がった彼女は、最初のうちこそ、同じ風景の

    店内なので、そのまま進めばすぐに辿り着けるとおもったのが・・・

    行けども行けども違う人たちの席で、この時点で慌てる。

     多分、同じ通路を行きつ戻りを何度もしてるはずだ。

     不審者?と思った服務員が声をかける。迷った(≧∇≦)

    と聞いて、「貴女の席は丸テーブル、それとも四角?」と訊かれた。

    それくらいの中国語はできるよかったよかった。

     丸テーブルなら大人数席、四角は最大4人席の小人数席。

     更にテーブルの色で区分けされて、たまたま自分の席の色を

    覚えたいたし、それくらいの中国語はできる。よかったよかった。

    で、その服務員の案内付きで無事ご帰還。

      ということで、この日の教訓は

     「緊急時は言葉がその成否を左右する」です。

      いいのかなぁ~、こんな締めくくりで。(*´v゚*)ゞ


|

« 上海レストランで最後の夜の食事。それが結構大変! | トップページ | 一年目の被災地 ー 在留外国人支援について、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レストランで迷子って・・・どういうこと!:

« 上海レストランで最後の夜の食事。それが結構大変! | トップページ | 一年目の被災地 ー 在留外国人支援について、 »