« 決死の結婚記念写真撮影隊ー中国結婚事情、その費用は? | トップページ | またまた移動だぁ~、嘉興がいいの?嘉善がいいの? »

2012年2月18日 (土)

ホテル小姐たちのお薦めレストランへーさて、次は何処へ・・

Pc310105 ようやく、一日観光バスはホテルに戻ってきました。

  結局、またこの日も屯渓泊まりとなった。

  このホテル、気に入ってるので、今日もまたここに。

   ホテルフロントの小姐三人組も喜んでくれる。

    この三人でどうやらこのホテルのフロントは回ってるらしい。

   着いたその日は夜遅かったので三人揃ってなかったが、あとはいつみても

   三人仲よさそうに服務台の中に並んでいる。

     「老街ラォ・ジェ」はほぼ見終わったし、今日はもうこれからの予定を

   じっくり検討しようと思う。

     またもこの街でも二泊だ。このペースだと流石にちょっとのんびりしすぎ。

   まだ見たい個所は沢山あるのに。ここからは多少効率化も考えなくては。

    ということで、今日はこれから外で食事をして、戻ってから部屋でゆっくり

    この先の行き先を考えようという、急いでんだかのんびりしてんだか、

    分からん状況。

    先ずは、いつも通り情報収集。フロント小姐三人組にこの近くで、お薦め

    の美味しいレストランを紹介してもらうことに。

     三人の意見は割とあっさり決まっていて、お薦めは二店。

     私は中身も聞かず単にそのレストランの名前を比較して、

     私がカッコいいと思う方のレストランに一方的に決めたので

     この用事は簡単にすんだ。

    次は、この後の予定に必要な情報収集にコンピューターを使いたいので

    ホテルにレンタルの電脳ある?と尋ねたら、「個人貸しのはないので、

    私のを使っていいよ、」というがそれじゃあんまり悪いでしょ。

      それにネットに入るにはここで(服務台横)で使うよりないらしい。

    そりゃちょっと迷惑すぎる、それにこれから食事に行ってそのあとでは

    時間も遅くなる。お断りしようと思ったら、「没問題!現在用口巴!」と

    言い、さっさと席を替わられちゃった。

      45分くらいの電脳との格闘の結果、私が分かったのは、どうやら

    私が見たい幾つかの個所の拠点となるべきところが、「嘉興ジァ・シン」

    という町にあることが何となくだが分かった。

     「嘉興」なんてな町が日本のガイドブックに載ってのを見たこともない。

     中国の本だってないだろうと思う、ここが観光地というわけではない。

     ここは単に移動の為の拠点となる町で、ここを目指すわけではない。

        でも・・・とりあえず、目指すは「嘉興」。

 

      そうと決まったら腹減った~

      ホテルからそう遠くないというお薦めレストランへ歩いて移動。

      なるほどそんな大きくはないが混んでましてね、このレストラン。

      それで、いろいろ注文して料金も安くて、愛想もよくて、感じも・・

      み~んな良かったのだが・・・・

       いかんせん、すべての料理の味が濃い。濃すぎる。塩からい。

      んん~、材料も新鮮、料理の手際も、熱の加え様もこれでいいのだが、

      味が濃い、喉が渇きそう、どれを食べても塩味がきつい、

        それでもお腹が空いてたので、ほぼたいらげて、満腹になって

      気づいたのは。

       そういえば、あのホテル三小姐たちはみな田舎の出身らしいから、

      彼女らにとってはこういう味が美味しんだよきっと。

        それに我々の料理の頼み方はちょっと偏ってたのかも・・・

      多分選ばれなかったもう一店の方も同じようなものだろう、と納得。

        さらに彼女らお薦めの、明日朝のパンをホテル部屋でとり、

      朝食代わりにしたいので、近くのパン屋も訊いておいた。レストラン

Pc310112に向かう途中立ち寄って買ったパンは正解!!

  美味しかった。なかなかよく出来ていた。

  これは味が好い。彼女らは「あそこのパンは

  高いから~・・」と言ってた。

      でも、こちらは、彼女らの推薦通りにして良かった。

       ということで、今日のところは、一勝一敗。

        でも昨日もお世話になったし、電脳も借りちゃったりして

       明日もお世話になりそうだし、得点の方が多いもんね。

       彼女らには感謝。

       明日、「嘉興」までのバスをどうしようと思ってたら、

     はいはい!と何処かへ電話して、明日朝10時頃に此処に迎えが

     くるから、それに乗って行けますよ、という。

      まさか?その「嘉興」行のバスがここまで迎えにくるの?と

    訊いたら、違うという。迎えの車に乗ってバスが来るところへ運んで

    くれる、という。その迎えの車は「嘉興」までのバス会社の車と人で

    安心していい、というが、そんなんでは安心はできないし、

    言ってることが今一つ私には分かってないんですけど、中国は

    分からんことが多すぎて、あんたら三人が声を揃えて安心して良い、

    というのなら安心しましょう。

       晩安ワン・アン!(おやすみなさい~!)

 

   




|

« 決死の結婚記念写真撮影隊ー中国結婚事情、その費用は? | トップページ | またまた移動だぁ~、嘉興がいいの?嘉善がいいの? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホテル小姐たちのお薦めレストランへーさて、次は何処へ・・:

« 決死の結婚記念写真撮影隊ー中国結婚事情、その費用は? | トップページ | またまた移動だぁ~、嘉興がいいの?嘉善がいいの? »