« 中国のメイドカフェ | トップページ | 中国古鎮遊ー中国の古い町を訪ねる旅 »

2011年12月21日 (水)

近づく、第29回中国語スピーチコンテスト全国大会。1月8日開催

  日中友好協会主催、第29回全日本中国語スピーチコンテスト全国大会の

 開催が近づいています。(2012年1月8日も東京で開催)。

    日中友好新聞12月15日第2111号より抜粋

    その関係の記事を紹介します。

   :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

  毎年開催されているこのスピーチコンテストは、今年は来年協会が行う

 日中国交正常化40周年記念行事のスタートを飾ることになる。

  第29回中国語スピーチコンテスト出場者は、大学生部門画9人、高校生・

 一般部門が10人、朗読部門入賞者による発表会が9人の合計28人。

  全国予選を勝ち抜き、次の出場者が決まった。

   大学生部門では、

   北海道代表  川崎  順也さんの    「色メガネをはずそう!」

   宮城代表    田畑  光佑さん     「私の中国語学習」

   東京都代表  薬袋  友花里さん    「好奇心」

   神奈川代表  伊藤  大介さん     「同じ世界、同じ夢」

   愛知代表    鷹野 かおりさん     「樹が静まろうとも風は止まず」

   大阪府代表  田中  結衣さん     「四十年の歳月を超えて」

   奈良県代表  濱松  優香さん     「私と書道と中国語」

   山口県代表  山本  美久さん     「わたしが選んだ道」

   徳島県代表  松田  美咲さん     「ある暖かな記憶」

   とそれぞれの地域の予選を勝ち抜いてこられた9名の方がこうした演題

  を掲げてスピーチされます。

   高校生・一般の部では

   一番若いのが 長野県代表の13歳、中学校1年生が

   最年長は、神奈川県代表の62歳の主婦の方が出場されます。

   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

   それぞれの演題を拝見しているだけで、とても興味がもてます。

   その幅広い年齢構成や、演題からもスピーチコンテストの変わりようが

   窺えます。

    みなさん、どうぞご自分のもっている力を出し切って発表してください。

   北海道代表の川崎君は大学4年生のようです。

   この大会がご自身の学校生活の締めくくりとして思いで深い会になることを

  祈っています。

     こちらの大会は

   1月8日(日曜)東京都文京区後楽の日中友好会館地下大ホールで

   開催されます。入場は無料です。

     お近くの方はどうぞ!

    できれば、この様子動画配信なんかしてくれると勉強になるのですが

   ・・・・。

Biqnlundahui発表者の中には高校生が5人も入ってます。

これも時代を感じます。

若い人には特に頑張ってほしいです。

    出場者の皆さんにとって良い記念になることを願っております。

    また、全国の中国語学習者にとってとても良い刺激になると

    思います。

     加油!!


|

« 中国のメイドカフェ | トップページ | 中国古鎮遊ー中国の古い町を訪ねる旅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 近づく、第29回中国語スピーチコンテスト全国大会。1月8日開催:

« 中国のメイドカフェ | トップページ | 中国古鎮遊ー中国の古い町を訪ねる旅 »