« 放寒假了!今日が今年最後の授業です。-函館日中中国語教室 | トップページ | 近づく、第29回中国語スピーチコンテスト全国大会。1月8日開催 »

2011年12月20日 (火)

中国のメイドカフェ

Meido_caffe1 世界中が今日は「金正日 逝世」のニュースで

 一色のなか、何故か全く関係ない話題です。

 しかもそれとは全くお門違いの「メイドカフェ」

 の話題です。

   現代では、日本にあるものはたちどころに中国にもできます。

  とりわけ、余りできなくとも良いようなもに限って、人間というのは

  しょうがないもので、直ぐにできちゃうんですね。

    加えていつも言っている経済論理(儲かるとなれば)が働いて、一層

  拍車がかかります。

    「メイドカフェ」は無論のこと、「ネコカフェ」もすでにあるようです。

   まぁ、人口1000万人以上を抱える大都市ともなればどんな変わった

  商売もそれなりには成り立つのでしょう。

    日本だって私のように小さな地方都市に住んでいる限りでは、こんな

  業種が成り立つこと自体が少し不思議ではありますが。

Meidokafe31当初の予測?を裏切って意外や中国でも

やっていけるところを見ると、その手の需要と

供給のバランスも上手く取れてるのか、ちょっと

不思議な感じはしていますが、多分そうした

   お店の店舗数が増えるということではなく、やっていけるというだけで

   話題になり、それをマスコミが取り上げ、その取り上げられたのを見て

   また人が集まるという循環型の維持体制が出来上がっているようです。

Meidokafei11  そして、今日見たのがこちらの記事

です。「お金があれば、他人の尊厳を

  踏みにじってもいいのか?」との

   見出しです。

   その下には「社会にはまだお金の為に自分の尊厳をも売ってしまう人が

   いる」と嘆いてます。

    こちらは実はネットカフェではありませんで、武漢だったかどこかの都市

   で、こうした格好「女仆ニュゥ・プゥ」をして、雇い主を「主人ズゥ・レン」(ご

   主人様)と呼ぶ女性をネットで募ったら、思いの外沢山の横暴があった

   ということで、この記事を書いている人は密かに怒ってますよね、

    かなり押えてますが、ひしひしとそれが伝わってきます。

    つまり、「他人の尊厳を踏みにじる」そうした雇い主を攻め、

    返す刀で「金の為に自分の尊厳を売る」と雇われる方をも攻め、

   つまりどっちもイカン!と怒ってるわけですが、

     こうしたものは先に書いたように「イカン!」といったからといって

   無くなったりはしないんですね。

     中国での「ネットカフェ」の重みは、日本のそれの遊びの感覚とは

   ちょっと違っているので、私はそうもたないと思ってますが、さて、

   どうでしょうか。

     お金至上主義への警鐘がこうした「メイドカフェ」から火が点くか

   どうかは今後もう少し見てみないと判りません。

|

« 放寒假了!今日が今年最後の授業です。-函館日中中国語教室 | トップページ | 近づく、第29回中国語スピーチコンテスト全国大会。1月8日開催 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国のメイドカフェ:

« 放寒假了!今日が今年最後の授業です。-函館日中中国語教室 | トップページ | 近づく、第29回中国語スピーチコンテスト全国大会。1月8日開催 »