« 「秋天万里浄、日暮澄江空」-王維(中国・唐) | トップページ | 重慶で火鍋の辛さを“度数”で表示、サービス »

2011年11月 9日 (水)

郵便局で、本の注文・配送 サービス始まる

  「本の注文・発送 郵便局で」は日本の話です。新聞にこのニュースが

 載っていました。

    記事の内容を要約して少しだけ紹介しますと、

  郵便局会社がほんの注文を受けて配達するサービス「ゆうブックス」を

 12月16日まで期限限定ですでに行っている。

   地域で本屋さんが閉店に追いやられ本の購入が不便な地域があり、

  どんな地方にもある郵便局のネットワークを利用することで手元に本が

  郵送されるよう、出版社と郵便局の協力が出来たというもの。

     とりあえずはカタログがあるそうで、その中から選んで申し込める

  というサービスを試行する。

   ネットでの書籍販売もありますが、その環境にない人もいれば、

  パソコンが苦手、という人もいるので、このサービスは有用だと思う、

   という内容のものです。

Youju1 このサービス。中国郵便局では相当早くから扱われ

ておりますから、今回は日本の郵便局が中国郵便局の

後追い?という形になりました。

    というのも、先日の「地球まつり」で中国の年賀状を展示してましたら、

   数年前から中国も「年賀はがき」の発売を手がけ、それもあたり籤付き

   「年賀はがき」ですので、こちらは完全に中国の郵便局が日本郵便局

   の後追い?形ですが、何でも一方的にそういう形になるわけではないん

   だな、というのが今回の感想です。

    勿論日本の郵便局がそんな後追い?を意識して始めたわけでは

   ないでしょうが、結果はそんな形になってます。

     ということで双方同じようなことはやってるわけですが、

   先の話に戻りますと、中国の郵便局では雑誌の定期購読や、新聞の

   定期購読などが主な扱いですが、本も扱っています。

     それは、以前ですと日本と逆で、現在はどんどん本屋さんが充実

   してますし、ネット社会ですのでネットでの購入などもされているようですが、

   以前は郵便局の中に入るとこの雑誌・新聞郵送コーナーが専門にあって

   かなり大きく取ってましたから、それだけ利用されていたのでしょう。

    それが、今度は立場を逆にして、日本でそういうサービスを始めたら、

   中国ではそのサービスが余り必要なくなってきているのを見ていると、

    ちょっと不思議というか、時代とは面白いものだな、と

    その新聞報道を見て感じ、紹介しました。

|

« 「秋天万里浄、日暮澄江空」-王維(中国・唐) | トップページ | 重慶で火鍋の辛さを“度数”で表示、サービス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 郵便局で、本の注文・配送 サービス始まる:

« 「秋天万里浄、日暮澄江空」-王維(中国・唐) | トップページ | 重慶で火鍋の辛さを“度数”で表示、サービス »