« 康師傳が百事可楽を飲み込む?-世界で進む寡占化 | トップページ | 校車安全 抓緊完善換車標準 - スクールバスの規準化へ »

2011年11月28日 (月)

ゴミを拾い続けて17年間 - その前に直そうよその習慣

Laji1 画面、右側、中腰でゴミを拾っている

方が、劉玉珍リュゥ・ユゥ・ヂェンさん、

 この方、1994年に始めたこの

 天安門広場でのゴミ拾いを、一日も

 かかさず17年間続けているという。

   雨の日も、風の日も休ます、天安門広場の前には彼女の姿があって、

   観光客や道行く人が、ポィッと捨てた煙草の吸殻や、ゴミ、地面にこびり

   ついた吐き捨てられたチューインガムを取り除いているそうだ。

    「天安門広場のボランティア美容師」との称号をさずけて絶賛している。

    ボランティアを続けている理由を尋ねられた劉さんは、インタビューに

   答えて、

    「大きな視野で言えば、世界中の人は、中国と言えば北京、北京と言えば

   天安門を思い浮かべます。天安門広場がゴミで汚れていれば、ひとりの

   中国人として私は恥ずかしさでいっぱいになります。個人的に言えば、

   天安門は私にとって、自分自身の家のような存在です。自分の家なら、

   綺麗に掃除するのは当たり前でしょう」と語ったという。

     まぁ、あの広い天安門広場ですからひとりの人がゴミ拾いをしたところで

   追いついてはいないと思いますが、これを発表してる意図が“美談”にある

   とするなら、そんなことより、明日から劉さんに苦労をさせないように全体

   がゴミを歩きながらポィポィ捨てないようにしましょうよ。

     というのも、私の店の前も、煙草の吸殻投げ捨てが多い。

    歩きながら煙草を吸ってる方、止めましょ。せめて携帯灰皿持ちましょうよ。

     歩きながら自販機かなんかでジュースを買うんでしょうが、

    飲み終わったカンをかならず同じところに捨ててる人がいる、

    決まったように何度片付けてもそこに捨てる、

     コンビニの食べ終わった包装紙をそこらに捨てる、

     日本も行儀が悪い人が増えてきてるように思う。

     歩きながら物を食べる、車での移動で食べて、窓から捨てる、

     なんでこんなに行儀が悪くなってきたんだろう、と思う。

     そう言えば、劉さんじゃないが、

    日本といえば象徴は富士山、その富士山もゴミで汚されているというから

    同じなんでしょう。

  

|

« 康師傳が百事可楽を飲み込む?-世界で進む寡占化 | トップページ | 校車安全 抓緊完善換車標準 - スクールバスの規準化へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゴミを拾い続けて17年間 - その前に直そうよその習慣:

« 康師傳が百事可楽を飲み込む?-世界で進む寡占化 | トップページ | 校車安全 抓緊完善換車標準 - スクールバスの規準化へ »