« ゴミを拾い続けて17年間 - その前に直そうよその習慣 | トップページ | 市立函館高等学校での中国語授業 »

2011年11月29日 (火)

校車安全 抓緊完善換車標準 - スクールバスの規準化へ

    先週来、取り上げております中国でのスクールバス事故について、

 相変わらず日本のマスコミは事件が起きた当初は騒ぐが、その後は余り

 関心もないし、その後どうなったかなどは報じられることが少ないようなの

 で、あの事件のその後をお伝えしましょう。

    勿論まだ解決などしてませんし、これからも動きはあるでしょう。

    その前に、ちょっと関係ないようですが、実は関係あるので、

Tumisugi1←こちらの画をご覧下さい。コレって

明らかに積みすぎですよね、

こんな光景を中国ではよく眼にしますね

その辺のことを「隗」ウェブ版、わたしの見た

中国でも書きました。

  「超過装載量、積みすぎでしょ ・・」←こちらをクリックしてご覧下さい。

    それで、前にも書きましたように、誤解を恐れずに言えばこうした

   風景は亜細亜的?で私自身は割と好きなんですね、どこかあまり

   きゅうきゅうとしていない大らかさと、ここまでやっちゃうの!という呆れ

   加減がどこか、何か人間的、と思わせる。

     問題はこの写真もそうですが、人力で自分の力でそれも品物を

   このダンボールの中は何か知りませんが、案外カラかも知れません、

   こんなに積んでるんですから、それなら畳んで積めばよさそうなもの

   なので矢張り何か物は入ってるんですかね・・。

     この自転車を漕いでる方、後ろは勿論見えないし、右左も見づらい

   のを通り越して見えてないと思いますから、右左折はどうするんですかね、

   でも、このレベルならいいんです。

     ずっと向うには上海のランドマーク的ビルも見えてますし、テレビ塔も

   見えますから、上海ですよこの写真。大都会上海にしてこれですから。

    これが出来るのどかさも守りたい。

     問題はそれをそのまま、車社会になっても持ち込んでるとことにある。

   更に、今回の場合は運んでいるものが、ものじゃない。

Xaioche1 これは駄目でしょう、流石に駄目です。

実はあの事故(16日)のあとにも、学校の

送迎バスというか自動車の事故は続いて

いて、日本では報道されていないと思い

ますが、遼寧省でも27日でしたかバスが

    横転する事故などが続いております。

     上の写真は三輪魔托車サン・ルゥン・ムゥォ・トゥォ・チュゥという

    やつで、バイク三輪車これはスピードは出ません。この写真の道は

    田舎道のようですが、この車がスピードの出しすぎなどで事故になる

    危険性は少ないと思います。ですが公道を走りますから他の車との

    事故になる可能性はありますよね、そうしたことは考えなくてはいけ

    ません。

     27日第5次全国婦女ル童工作会議というのがあったんですが、席上

    温家宝国家主席は、このスクールバスの問題を取り上げ、国家として

    早急にその基準作りに取り組むと発表。

      国のトップがそう言ったものですから、今日あたりも、

    中国外交部、直接の教育部どこも大変です、その対策に。

      教育部はもし全国にこの手のバスを見直し国がそれに関わるなら

    財政的に莫大な予算を必要とし、困難との泣き言を言ってますが、

    どんな規準を作るのかはこれからですが、

   何としても子ども達の命と安全が守れる基準作りをして貰いたいものです。

      今日のニュースではまた、病院での注射器の使い回しで、小さな

    子ども達が肝炎に感染する被害にあってます。

      経済発展のその歪みが、何の罪もない小さな子ども達に降りかかる

    そんな傷ましい事故が続いています。

|

« ゴミを拾い続けて17年間 - その前に直そうよその習慣 | トップページ | 市立函館高等学校での中国語授業 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 校車安全 抓緊完善換車標準 - スクールバスの規準化へ:

« ゴミを拾い続けて17年間 - その前に直そうよその習慣 | トップページ | 市立函館高等学校での中国語授業 »