« 「地球まつり」(第7回) | トップページ | 郵便局で、本の注文・配送 サービス始まる »

2011年11月 8日 (火)

「秋天万里浄、日暮澄江空」-王維(中国・唐)

  中国・王維の有名な秋を詠った、

  「秋天万里浄、日暮澄江空」がぴったりの季節となりました。

  みなさんの地方は如何でしょうか?

  函館はここ数日穏やかな天候の日が続いてまして、

  家から店まで出てくる途中に銀杏が街路樹の通りが

  あるのですが、そこの紅葉が見事です。

    あまりの見事さに暫し立ち止まり、眺めてから

  来て、その感動が冷めやらぬまま、書いてますので

  全く何の関係もなく、繋がりもないのですが、

  紅葉のお話です。

    銀杏並木。きっと各地にあるでしょうが、今頃は

  どこも金色に輝くその葉が陽の光を受けてより一層

  黄金の輝くを増し美しいことでしょう。

Yingxiang1 ←こちらは、北京の銀杏並木。

 どのあたりにあるのでしょうか?

 多分北大ベィ・ダァ(北京大学)の

 ある地域にでもあるんだと思います。

 見事です。

   銀杏はよく街路樹として道端に植えられることが

   多いので、こうした並木道になって一層綺麗です。

64_001 ←こちらは家の近くの公園にある、

 銀杏の紅葉。

 少し大きな樹で、一本立ちの樹。

 でも矢張り綺麗です。

 秋が来たことを、もうすぐ冬になることを

   実感させられます。

   秋は古来より詩人の詩に詠われ、

   誰もが心に残る秋がありそうです。

     闾庭多落叶、急慨然知已秋        陶 渊明

     むらの小道に落ち葉が積もり、もう秋になったのだなぁと感慨もひとしおだ。

   と 陶 淵明は詠い、

     长风万里送秋雁、对此可以甜高楼    李  白

     と  詩仙 李 白 が読み

     万壑树声满、千崖秋高爽       杜  甫

   詩聖 杜甫は、谷間に樹々の葉の音が聞こえ、秋の空気が一層澄んでいる

   と詠った、秋を満喫しています。

    まもなく北国は冬を迎えます。

    厳しく長い冬。

    その前のひと時の、美しい季節を愉しんでいます。

|

« 「地球まつり」(第7回) | トップページ | 郵便局で、本の注文・配送 サービス始まる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「秋天万里浄、日暮澄江空」-王維(中国・唐):

« 「地球まつり」(第7回) | トップページ | 郵便局で、本の注文・配送 サービス始まる »