« 学習漢語ー「真不頼!ヂェン・ブ・ラィ」なかなかいいね! | トップページ | 鍋の季節、お薦めの中国・火鍋フォ・グォ »

2011年10月11日 (火)

「火鍋フォ・グォ」-今月号、「わたしの見た中国」は鍋のお話

   10月号、茶館『隗かい』ホームページ上での ウェブ版・

  「わたしの見た中国」は、この季節ですから?“鍋”のお話です。

   中国語では、最近日本でもかなり知られるようになってきました、

  「火鍋フォ・グォ」、と言います。

    この看板中国を歩いていると結構あちこちで目にします。

  それだけ「火鍋」屋?さんが多いということです。

    ということで、今月号のテーマは、

   「火鍋フォ・グォ」中国お薦めの寄せ鍋書きました。

   いつものように、上 ↑ ↑ ↑ をクリックしていただけますと、

   『隗かい』ホームページの、トップページに飛びますのでご覧下さい。

Huo_guo_4e すでにご存知の方も多くいらっしゃると思います。

また、中国で食べたことがあるという方もおいででしょう。

 こんな感じの鍋です。

 左上の真ん中を仕切ってあの陰陽イン・ヤンの

マークのようになってる鍋は、右の赤いのが唐辛子

   ドッサリのカライカライ味で、左の白っぽいのはバイタン(タンは“湯”

   の字でスープの意味)の、辛くない味。デザインとして見た目にもいいし、

   一度に二種類の味が楽しめれるという、お徳感からも人気のようです。

     下の具材は、鍋ですから何を入れてもそこそこイケマス。大概のものは

    大丈夫なんでも合います。

    野菜やら、肉やら、豆腐やらもど~と入れて食べる、それだけの話です。

     まぁこの、辛いのはちょっと中国の人には人気ですが、辛さの程度は

    かなりのものがあり、日本人にはちょっと耐えられないかも知れません。

    でも、一般に中国の人は辛さに強いです。

    更に、中国のある地域の人たち、有名なのは辛さで有名な四川料理、

    麻婆豆腐なんかでも有名ですが、そのお隣に貴州省というのがあるので

   すが、私なんかはこっちの人のほうが更に辛いものを食べてると思います。

    半端じゃない辛さです。スープが既にあんなに赤いのは、唐辛子だけの

   赤さではないのですが、スープがもう既に辛いのに、鍋からとってつける

   タレにも唐辛子タップリじゃないと満足しないという凄い人たちです。

         もう一つ、日本人が中国を旅して食べた鍋で、

Shuangyangrou こちらの真ん中にド~トこうエントツが鎮座ましているのは

このエントツの周りに水がはってあり、それを熱してそこで

羊肉(マトン)をこう洗い流すがごとく、シャブシャブして食べる

    こちらはスゥアンヤンロウ、という料理です。

    羊肉がヤン・ロウでして、スゥァンは字が文字化けしそうな、すすぐ、ゆすぐ

   の意味の動作を指してまして、その様子がシャブシャブなわけです。

     こちらも美味しいです。タレがまたちょっと独特だったり、しますが

    これからは鍋の季節。

  

     毎回この話題書いてるうちに、“鍋”したくなりますが、

   北国はもうそんな季節です。日が暮れるのが早まり、寒さが増し、

   街路樹の葉が落ち始め、セーターを着たり、ストーブの話題が出始めると

   もう“鍋”の季節です。

     ということで、今月号は、中国の鍋のお話をどうぞお楽しみ下さい。

|

« 学習漢語ー「真不頼!ヂェン・ブ・ラィ」なかなかいいね! | トップページ | 鍋の季節、お薦めの中国・火鍋フォ・グォ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「火鍋フォ・グォ」-今月号、「わたしの見た中国」は鍋のお話:

« 学習漢語ー「真不頼!ヂェン・ブ・ラィ」なかなかいいね! | トップページ | 鍋の季節、お薦めの中国・火鍋フォ・グォ »