« 揺らぐ 観光立国としての日本 | トップページ | 医療滞在査証ビザでの観光 »

2011年8月19日 (金)

日本政府の更なる緩和策は功を奏するか

  今週はずっとこの話題なんですが、中国人観光客誘致の為に

  日本政府は更なる緩和策を打ち出すこととしたらしい。

    9月から実施の予定です。9月1日実施予定となってます。

   これまでの制限をまたも緩め、これによって遠のいている中国人

  観光客の来日を増やそう、との目論見です。

    この間さまざまな手を打ってはいますが、それではまだ実績が

  上がっていないとの判断がそうさせているのか、今後のことを考え

  いまから手を打っているのか、の判断はつかない。

    こちらから見える分は、そうした政策が打ち出されてその事実

   が漏れ伝わるだけで、そこへ到る経緯が説明されるわけではあり

   ませんので、その目に見えた部分だかで判断するなら

     これほど、今回の災害にともなう観光産業への打撃というか

   影響が大きかったということの証明でもあります。

     沖縄を一旦訪れて日本へ入った場合のマルチビザ発給の

   話題は先日書きました。

     それで、9月からの改訂部分はこれまでの所得制限というか

   所得証明の義務付けの部分での改正が主な柱になるらしい。

     こちらは、まだ発表されていないので、9月までにまだ更なる

   新しい手が打ち出されるのかどうかは判らない。

     いずれにしてもこうした一連の動きを見ていて私がわかるのは

   日本側の対応では、中国人観光客が潮が引けたようないいなくなる

   のは日本経済にとって相当な痛手だということ。

     今さかんに中国人観光客誘致の為に、日本が手がけようとしているのは

    ただの観光ではなく、医療付き観光。

      医療滞在査証ビザというのまで持ち出して、誘致をしている。

      これが何処かの地方で始めたら、あちらでもこちらでも、雨後竹の子

    のように我も我もここに入ってきている。

     どうして、皆が皆同じことをしなくてはならないのだろう、と思うが

     取り組みやすさからいっても、魅力があるのでしょう。

     

      こちらの医療ツアーはどの国もこれだとばかりに急に火が付いて

    そうなると面白いもので日本でも何処も医療ツアーコースを打ち出し

    躍起になっている。

      そんな中、北海道でもこの観光誘致に乗り出し、先週その第1陣

    が北海道を訪れた。

      そのニュース、明日またこの話題の続きで紹介します。

|

« 揺らぐ 観光立国としての日本 | トップページ | 医療滞在査証ビザでの観光 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本政府の更なる緩和策は功を奏するか:

« 揺らぐ 観光立国としての日本 | トップページ | 医療滞在査証ビザでの観光 »