« 卡札菲倒台 カダフィ終わった | トップページ | 2000万人、巨大都市出現・北京ー人類の挑戦 »

2011年8月24日 (水)

中国・シンセン、ユニバーシアード閉幕ー大運正式落幕

0823021 中国・シンセンで開催されていた

第26回ユニバーシアードが昨日

終わりました。

 こちらはその開幕式の様子。

 此処でスポーツ話題を取り上げる

ことは余り多くないのですが、開催地が

中国ということ、また、日本のマスコミの

   扱いがあまりに小さいのであえてここで取り上げておきましょう。

     大運正式落幕、第二十六届大学生夏季運動会

   と中国語ではなります。

     それでこの大会の日本での報道が先ほども言いましたようにどうも

   大きくありませんが、これはユニバーシアードっていつもこんなもん

   なんでしょうか。余りスポーツ欄に興味もありませんので気をつけて

   見ていなかったのですが、大会規模から言ってもその扱いは少し

   小さいように思えますが・・・どうなんでしょう。

     中国は、08年ご存知北京オリンピック開催を手にしてからですね、

   09年には北のハルビンという所でで、冬季ユニバーシアードを開催。

   10ね昨年は広州という所でアジア競技大会を開催、とこう見て判る

   ように毎年どっかで何かしらのスポーツ世界大会の開催地として

   きているわけです。

      それで、今回のシンセンという町は香港から近い町なんですが、

   広州もそう離れてませんし、こう大会を続けたらそろそろその運営にも

   なれて上手く行ってるのかと思ったら、どうしてなかなか大変なようです。

      一つはその警備がかなりものものしく、軍がわりと前面にそのまま

   の格好で会場付近の警備にあたったりしますので、学生の大会というのにも

   ちょっと相応しくないというか、もうちょっと影での警備なら判りますが、これ

   見よがしのものものしい警備にちょっと驚いたとの、日本んから見に出かけた

   人からの報告が。

      もう一つは、この大会で私が中国側のニュースを見ていて、一度だけ

    それを目にして覚えているのは、女子サッカーで中国が日本チームを

    くだして優勝した日の写真入ニュースを覚えてますが、ナデシコジャパンの

    あの興奮冷めやらぬ中、その日本チームを破ったとことさらに大きく報じて

    ましたが、結局あれもどうやら選手構成に相当無理な点があったらしく、

    日本を始め各国は純粋に大学生を中心に選手構成をしていたのに、

    中国側がそうでなかった、との話を後で日本側の情報で見ましたが、

    相変わらずのなりふり構わぬスポーツを利用しての国威発揚だった

    とするとちょっとガッカリです。

     で、終わってみれば、

     中国の金メダルは75個と圧倒的、次にロシア、韓国ときて

    4位に日本。金メダル23個銅メダル26個銀メダル37個ぐらいの

    ことは伝えてくださいよ、マスコミも。

      それで私の注目はその下5位にアメリカがいるんですが、

    アメリカ、金17銅22銀11

     この成績が私は先にも書きましたようにスポーツは殆ど見てませんし

    知らないので、教えていただきたいのですが、

      学生のスポーツ祭典でアメリカがこうなのは、

      例えばオリンピックではアメリカはもっとメダルを取りますよね、

    それって、学生は余り大したことない、学生の時期はスポーツを重視しない

    その後、スポーツに力を入れる国だということなんでしょうか??

|

« 卡札菲倒台 カダフィ終わった | トップページ | 2000万人、巨大都市出現・北京ー人類の挑戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国・シンセン、ユニバーシアード閉幕ー大運正式落幕:

« 卡札菲倒台 カダフィ終わった | トップページ | 2000万人、巨大都市出現・北京ー人類の挑戦 »