« 日本のラーメンが、中国へ進出 | トップページ | 増える、大陸から台湾への旅行者 »

2011年8月12日 (金)

男はつらいよ!の日が中国では8月3日

1一週間ほど前になりますが、

中国には「男性の日」という

記念日があるんですね、

    知ってました?大概の方はご存じないですね。

    中国の婦人の日は、時折ネットでも話題になっていますし、

   「婦女節 フー・ニィゥ・ジェ」を知っている人は少なくないと思います。

   こちらは、此処にも書きましたが、国選婦人デーを記念して設けられた

   記念の日でして、職業をお持ちのご婦人はこの日職場にもよるでしょうが

   半日のお休みになったり、何か職場で記念の催しをやったり、記念の品を

   出したりなんかもしているようで、それなりに賑わってます。

      そんなお話を「婦女節」の日、3月8日にあわせて書きました。

    でも、それに対比するように「男性の日」があるというのは、あまり

   知られていません。「男人節 ナン・レン・ジェ」といいます。

   ちょうど日本の「母の日」の盛り上がり具合に比べて「父の日」の

   存在がちょっと小さいように、こちらも「婦女節」に大きく水をあけ

   られている感があります。

     それに、この「男人節」は、まるで特別の何かがあるわけでもなく

   どうやら、ついでにしょうがなくて創ったようなところがあります。

     まぁ片方だけであるのは不公平だから、ついでに制定して

   おきましょう、くらいのやる気なさがでています。

     で、その「男人節」は8月3日だったわけです。

      何で8月3日かというと、もう上の説明でもわかるように

   「婦女節」が3月8日の、サン・バー、フーニィゥジェ と、数字を

    入れて呼ばれているように、3サン8バーは定着してます。

    それで、ついでのほうの「男人節」は婦人の反対だから、

    8-3でいいだろう、ということで8月3日になっているようです。

     別段なんの催しもありませんし、世間的にもあまり騒がれることも

   なく、この日、私が目にしたのはせいぜいが最初の写真にあるような

   「男はつらいよ」的なネット上のコメントでした。

    あの映画のほうが中国でも上映されてまして、寅さんの

   男はつらいよは、中国版では「男人辛苦ナン・レン・シン・ク」と

   なっています。

     中国ですらこの扱いですから、

    日本で話題になることなどなさそうなのであえて此処で

    今日は中国にある「男人節」を話題にしてみましたが、何もお伝えする

    ほどの内容がないので、その日の説明に終始しておりますが、でも

    あることだけでもお伝えしておかないと、その存在さえ知らずにいる

    ことになりますので、まずはお知らせを。

|

« 日本のラーメンが、中国へ進出 | トップページ | 増える、大陸から台湾への旅行者 »

コメント

傷跡を治療する際に最も重要なこと
どのような状況で現在の傷跡になったか考えて診察
「何でも切って縫い合わせる」という治療はおこないません。
ケガ等で傷が出来た治療を行った際
もう少しきちんと治療・縫合等したら傷跡
http://www.pscliahn-j.com/

投稿: 明日華 | 2011年8月17日 (水) 11時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/90348/41181338

この記事へのトラックバック一覧です: 男はつらいよ!の日が中国では8月3日:

« 日本のラーメンが、中国へ進出 | トップページ | 増える、大陸から台湾への旅行者 »