« “和”から“絆”へー北海道華僑華人聯合会第9期総会 | トップページ | ビザ新政策は効を奏するか »

2011年7月14日 (木)

星巴克シン・バァ・クゥースターバックス中国重視へ

  星巴克シン・バァ・クゥの、あの緑の丸い看板を中国でもよく

  目にするようになった。

   正確な数字を掴めてませんが、恐らく、日本の出店数を中国が

  上回るのは時間の問題か、ひょっとしてもう抜いてるんですかね。

    相当以前に、新聞で覚えているだけの記憶を頼りなんで、

   正確かどうかは自身がないのだが、

    今年に入ってからのニュースだったというのは覚えてます。

   星巴克・主席、霍華徳・舒爾茨 フォ・ファ・ドゥ  スゥ・アール・ツゥ

            ハワード・シュワルツ 氏自らも語ってるように

    これからは中国重視だと、狙いを中国に定めてるらしい。

   星巴克の店が始めて中国にお目見えしたのは、上海だと思いますが、

   その前に、台湾の駅構内だったか地下だったかで見た記憶があります。

    その上海で目にしたときも、ホォ~上海なら外国人?も多いし

   やっていけんじゃない、くらいの感じで見ていた。

     その後有名な?北京・故宮内のあの星巴克も見ましたが、こちらは

   確か北京オリンピック前に撤退したはずですから、あれが07年ですかね。

     ということは、今はもう相当増えてますね。

     地方都市でも見ますしね。

 

     出店もさることながら、雲南省の中国でのコーヒー栽培に乗り出したり、

   何かと話題の多い、星巴克です。

     これに限らず、ある企業がその国に乗り出し、ブームを創るには、

   その製品だけでなしに、“文化”そのままを持ち込まなくては駄目です。

     その新しい“文化”が根付くかどうかが、その製品がその国受け入れ

   られかどうかの目安になると思います。

     それは日本でも同じです。

   あのスターバックの売り方が日本に定着するには、スターバックス“文化”

   を根付かせなくてはならないわけでして、その意味では今のところスタバ

   の狙いは成功しているのでしょう。

     それで、先の新聞記事に戻りますが、

    記憶があいまいなのと、その時の新聞(中国語新聞)の言いたい意味が

    中国語難しかったのか内容が難しかったのか今ひとつ分からないので、

    誰かそんな話題を知ってたら教えてもらいたかったのですが、

      なんでも、星巴克では、今後店内でのインターネットを使った

    サービスの充実に力を入れるとかの話題で、

      注文がネットでどうとか、店内には紙のメニューその他を置かずに

    ネットで検索して注文したり、店内で音楽をダウンロードしたり・・・

    てな内容だったと記憶していて、

      某氏(スタバファンの彼)と話していてそのことを教えようと思って

    切り出したのはいいのが、その話題案外正確さに欠け自分でも自信が

    ないので、これはイカン!と

     早速、ネットで中国星巴克のページを覗いたりしたんですが、

     そんなことは何も触れられてませんでした。

    これって、私の見間違いか記憶違いですか?

|

« “和”から“絆”へー北海道華僑華人聯合会第9期総会 | トップページ | ビザ新政策は効を奏するか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 星巴克シン・バァ・クゥースターバックス中国重視へ:

« “和”から“絆”へー北海道華僑華人聯合会第9期総会 | トップページ | ビザ新政策は効を奏するか »