« 駐札幌中国総領事ご夫妻来函 | トップページ | 観光復興へ、「安全確認とビザ緩和を最優先」 »

2011年7月 4日 (月)

日中共済で、日本の観光復興へ

   東日本大震災からはや、4ヶ月になろうとしています。

  この間、福島原発事故などの影響をもろに受けたのが観光業。

  徐々に伸び始めていた中国人観光客の来日数も今年は更なる

  増加を見込んでいたものが、激減。

   昨年は、過去最高の141万人が訪日した中国人観光客は、

  北海道にも沢山の人が足を伸ばしてくれ、この勢いをかって今年は

  更なる飛躍をと、どこも期待しておりましたが、例の映画で急増した

  道東の観光地でもめっきり少なくなりました。

    震災発生後、数ヶ月を超えて、このままではイカンと、日中間でも

  観光交流に回復の手段はないものかと、互いに模索し始めています。

    そこで、5月末の中国観光代表団の来日活動の報告が、

  日中友好協会機関紙『日本と中国』第2095号、6月25日号に掲載

  されておりましたので、それを紹介し今後の観光復興は果たしてどうなる

  かを見てみたいと思います。

    先ずは新聞記事を以下、掲載いたします(一度に前文は無理でした)

         -----『日本と中国』よりーーーー

   「共同努力で相互往来をすすめよう」

    5月21日に来日した温家宝中国首相は宮城県と福島県の被災地、

   避難所を訪問。翌日、東京の日中首脳会談で震災後の復興支援と

   観光促進を日中間で協力していく具体策を発表した。

    その一つが大型観光ミッション(使節代表団)を派遣して、東京と大阪

   で日中政府の共催の「日中観光交流フォーラム(集い)」を開くことだった。

     5月31日、東京都内のホテルで開催された同フォーラムには、

   邵琪偉シャォ・チィ・ウェイ中国国家観光局長が率いる四川、広東、雲南

   上海、天津など20省・自治区・直轄市の観光局長と、49の企業代表ら

   約100人の中国観光代表団と駐日中国大使・大使館員、日本の国会議員

   地方自治体首長、観光関連団体、観光業者、メディアなど約500人が参加

   した。

    福島県いわき市のスパリゾートハワイアン(前・常磐ハワイアンセンター)

   のダンサーによるフラダンスに続いて、邵琪偉中国国家観光局長が

   基調スピーチをした。

     「中国双方の観光業への打撃は大きいが、両国の協力関係で推進して

   この困難を乗り越えよう。中国は過去3年間で観光を国の先導産業を位置

   付けて四川大震災から復興を果たした。我々の経験を紹介しながら、日本

   の観光復興支援を進める。そのためにはまず安全性に関わる情報を共有

   することが重要。来年は国交正常化40周年。これを国民同士の理解を

   深める絶好のチャンスととらえ、訪日観光プロモーションを行うなどして

   2015年までに昨年の570万人の往来を超える相互の行き来を、

    “共同努力”で実現しましょう」と挨拶

    -------以下、明日続きを掲載予定ーー

    この邵琪偉中国国家観光局長、の発言から分かるように、

   最初に「中日双方の・・・」と言ってますように、実は中国観光産業にとっても

   今回の日本の震災後の旅行客落ち込みは予想外に痛手だった、ということ、

   もう一つは、

   中ほどに「・・・中国は・・観光を国の先導産業と位置づけ・・・」

   とあるように、この方の立場が国家観光局長ですから、当然といえば当然

   ですが、だが一方で観光は国を支える産業に成り得るんだ、という認識が

   中国側にも見え始めています。

 Baozhi   (邵琪偉中国国家観光局長と大畠章宏国土交通相が握手をしている

  5月31日開催された

  「日中観光交流の集い」を

  紹介した写真。)

      この続きあと少しあります、明日また掲載予定です。

|

« 駐札幌中国総領事ご夫妻来函 | トップページ | 観光復興へ、「安全確認とビザ緩和を最優先」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日中共済で、日本の観光復興へ:

» 連休・夏休みの国内格安航空券、格安ツアー [国内格安航空券【T]
連休・夏休みの国内格安航空券、格安ツアー毎日2,000便、国内線すべての割引航空券の最安値を一発検索&比較! JAL・ANA・SKY・ADO・SNA・SFJ・FDAの航空券が同時に予約できます。 [続きを読む]

受信: 2011年7月 5日 (火) 09時30分

« 駐札幌中国総領事ご夫妻来函 | トップページ | 観光復興へ、「安全確認とビザ緩和を最優先」 »