« 3・11以后ー中国の報道が変わった | トップページ | 3・11以后ー携帯電話(手機ショウ・ジィ)と東日本大震災 »

2011年6月17日 (金)

3・11以后ー心配される日本産業の海外移転

  東日本大震災が日本産業とりわけ製造業へもたらした大きな被害は、

  今なお続いているし、痛手はかなり大きい。

    そんな日本。更にはこの夏予定されている節電。消費の冷え込み。

  そこに目をつけた?中国は盛んに日本企業の誘致をし、歓迎の意を

  表している。

   上海の近く、地図でいうと少し上の所に無錫ウーシィ(むしゃく)という町が

  あります。無錫旅情なんてな歌が流行ったことがあるのですが・・。

  ここの経済区では、もうすでに相当数の日本企業が行ってます。

   ブリヂストン、シャープ、クボタなどありますが、

   ここへ、震災後のリスク分散ということでしょうか、更に中国工場に

  増資や増産を見込んで、これまで以上に重点をそちらに移す傾向が

  見られます。無錫市は喜んでいるようだ。

     ブリヂストンは、約5000億元を投じてここに拠点を置く、

    シャープは携帯電話の事業の半分をここへ移すとしている。

     中国は日本にとって市場との意味合いもあるし、生産拠点として

   としても意味合いもあり、この震災を機に中国移転の動きが見られる

   という。それを受けて中国側もそうした動きをさらに助ける為、この

   無錫市もそうですが、いち早く支援策を打ち出している。

    専門家は、震災後の日本の産業移転は、研究・開発・設計・製造

   の分野でこのあと増えるだろうと予測している。

    私はこの予測にあまり賛同していない、

   確かに一部あの大震災を目の前にして、生産拠点の分散、リスク分散は

   どの企業も考えたでしょうが、

    それがすぐに中国へ、海外へとなるかどうかは、少し違うと見ている。

   見ているし、中国へすぐに移すことがそのままリスク回避策になるかというと

   そうした面もあるにはあるでしょうが、そのことで違うリスクを背負うことになる

   のでこれは一概に言えない、と思っている。

    現に、そうした企業は皆さんキチンと調査もしてるし情報も集めてられる

   でしょうから私が言わずともごぞんじでしょうが、

     例えば電力事情について言うならば、

   中国の電力問題は日本よりある意味深刻です。

    中国国家電力監督委員会は5月末に、電力試用のピークにはいる夏場に

   かけて、電力不足が予測されるともう発表している。

     さらに政府そのものが、今年の夏場の電力不足は最悪になるだろう、

   と認めています。

     ですので、日本が駄目だからすぐに海外へ、はそうそう上手くいかない

    ようですよ。そんなことは企業人は当にご存知でしょうが。

      ということで、今年の中国への日本産業の移転は勢いを増す、との

    予測が大方ですが、私はそうはならないだろう、と思っています。

    これまでの勢いでの海外移転はそのままの勢いで続くでしょうし、

    多少はその勢いも増そうというものですが、

    3・11後、急激にそれに加速度がつくとの予測には賛成できませんし、

   そうなって欲しくはないと思ってます。

|

« 3・11以后ー中国の報道が変わった | トップページ | 3・11以后ー携帯電話(手機ショウ・ジィ)と東日本大震災 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3・11以后ー心配される日本産業の海外移転:

« 3・11以后ー中国の報道が変わった | トップページ | 3・11以后ー携帯電話(手機ショウ・ジィ)と東日本大震災 »