« 日本で働く外国人、もちろん中国人がダントツ | トップページ | 3・11以后ー日本の企業は、 »

2011年6月13日 (月)

3・11以后ー震災後何がどう変わったか、日本で働く人々

   震災後、3ヶ月を経過したので、こぞってその特集とそうした観点での

  報道が、11日を前後にここ数日一斉に報じられております。

   可能な限り見るようにしましたが、これまた先にもお話した様に、

  日本のマスコミもどこも横並び、余り違わない切り口と、違わない論調で

  終始しております。

    特集として時間枠を拡大して、かつその話題に特化しているのに、

  何処も大概は今の被災地を映像として移して、被災地直後と比較して

  どうこう・・・という話題でした。

   海外では(中国で)余りこの三ヶ月というのに重きをおかないのか、特別な

  この期間を捉えての別枠での報道などはされておりません。

   日本の「3ヶ月後報道」を紹介するという形に留めています。私が見た中では

   これは、という記事も報道も特にはありませんでした。もし、皆さんの方で

   これは見ておくべきでした、という内容の報道がございましたら、お教え下さい。

     三ヶ月という期限は別にして、あの3月11日の以前と、以後では実に

   様々な点で日本は多く変わった、変わらざるを得なかった。

     そうした記録をそれぞれの業界、世界、分野で、以前と以後を比較

   され、そこから導き出される問題なり、今後の予測などを、されておられる

   のでしょうか?されておられると思いますが、一体それってどこが主体と

   なって、きちんと整理し持っていなくてはならないでしょう。

     やはり政府ですかね。政府の各省は持たなくてはいけません。

    先週末に「日本で働く外国人」に触れて書き、途中になってます。

   この問題も、実はというか当然、3・11後大きく変わっております。

    その点を、日本で働く外国人という面で見てみると。

    ちょうど、その3・11のほんの少し前に、

   2010年度の数字が漸く集計されて発表されたばかりでした、

   「2010年外国人労働者雇用情況統計」という相変わらず硬い名の報告

   ですが、その発表では、

   日本で働く外国人の総数は09年に比べ15・5%の増、64万9982人

   まもなく65万人に届こう、という数字です。

    うち、産業別には、製造業が25万9362人、全体の4割を占め

    次に多いのがサービス業の8万3764人。

  

    出身国別では中国が一番で、28万7105人、前年比15.2%増

   次がブラジルで11万6363人、フィリピンの6万1710人と続く。

    何処で働いているかは、東京都で働くが最も多く15万4610人

   次は愛知県の7面8723人、静岡県の3万8802人となってます。

    これらは、日本政府・厚生労働省の報告の数字で、これが震災前に

   発表され、

    政府は「外国人雇用状況報告制度」の実施をスタートさせた。これは、

    外国人の労働者数の実態や留学生の立場がより明確になることを

    目的としている。

     その矢先にこの東日本大震災が。

    そこで、その数も実態も大きく変わることになる。

    その数字はまだ発表されてませんし、まだ流動的なところもあります。

    ですが、早晩おおまかな数字は出てくるでしょうし、

    それに対して打つ手、というのも政府は考えるのでしょう。

    

    一方、上場企業に外国人採用・労働実態調査、といったものもしている。

     近年、海外業務開発とますますボーダレスになりつつある、海外との

   商取引備え、そうそうたる日本の大きな企業や名の知れた会社では、

   新規採用を留学生や外国人に占める割合が急増しているというもの。

    文科省はまた別に、留学生の数とか、

    経産省は、違う割り方で、この手の数字をそれぞれ持ってると思います。

     これまたよく指摘されるお役所の縦割りの弊害で、とてもよくそうした

    数字を掴もうとする努力というか、実態調査には勢力を傾けるのだが

    それを取った上で何がしたいのか、

    また、おのおのの数字を互いに交換し合って、そこからより発展した

    情況なり、展望を見出すという方へは行かない。

     これらは、日本人が良く陥る、手段が目的化され、

    本来はそれらは、一手段であって、それを使ってその後に何をするか

    こそが大切なはずなんですが、その前段の手段を完璧にやって

    満足しているところにあります。

     日本のお役所こそこの震災を機に大きく変わって貰いたいものですが、

    今のところそのような兆候は見えません。

|

« 日本で働く外国人、もちろん中国人がダントツ | トップページ | 3・11以后ー日本の企業は、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3・11以后ー震災後何がどう変わったか、日本で働く人々:

» お悩み相談・無料で解決します、離婚浮気生活トラブル [総合救済センター NPO法人]
総合救済センターは、日々絶えることなく起こる悩み・トラブルを解決し、安心して暮らせる社会や環境 を作り出すことを目標に活動を行っています。あらゆる分野の問題に対応するため、専門的な知識を持ったスタッフを揃え、安心して総合救済センターを無料相談としてご利用戴ける態勢が整っております。 ... [続きを読む]

受信: 2011年6月13日 (月) 13時30分

» 探偵・調査の大阪府興信所 (全国対応) [大阪府興信所]
企業信用調査、個人信用調査、人事の雇用調査、浮気調査、離婚調査、結婚詐欺等の不安を一掃する為の交際相手の調査など企業から個人の調査に至るまで探偵業務は日本全国に対応する大阪の興信所にお任せ下さい。 [続きを読む]

受信: 2011年6月13日 (月) 16時02分

» 防災用品 [防災用品]
「防災用品」非常持ち出し袋の通販専門店。 [続きを読む]

受信: 2011年6月19日 (日) 21時08分

» 防災用品 [防災用品]
「防災用品」非常持ち出し袋の通販専門店。 [続きを読む]

受信: 2011年6月20日 (月) 10時47分

« 日本で働く外国人、もちろん中国人がダントツ | トップページ | 3・11以后ー日本の企業は、 »