« 黄金周ー中国のゴールデンウィーク | トップページ | 「超過装載量口巴!」-5月号ウェブ版「わたしの見た中国」更新 »

2011年5月 4日 (水)

中国の祝日-中国的節日

05034301601  祝節日快楽!

  今日、中国は

  青年節チン・ネン・ジェ

   という、日でして、祝日 節日ジェ・リィ です。

   ですが、祝日ではありますがお休みではありません。

   中国の祝祭日、節暇日ジェ・ジァ・リィ は、

   毎年、調整がありますので、休みの日が少し変わりますが、

   その年のはじめに、国務院というところが発表します。

    この機会に、中国の祝祭日を紹介しておきましょう。

   

   順に、紹介しますと、

    まず、年が明けてすぐ 元旦ユァン・ダンがお休みとなります。

    元旦を含めて3連休。

    次が中国一番の最大で賑やかな春節がやって来ます。

    春節ツゥン・ジェは暦で毎年ずれますので、この日旧正月から

     一週間がお休みとなります。

    次が、ついこの間終わったばかり清明節チン・ミィン・ジェが

     4月初旬にあって3連休。

     黄金周ホァン・ジン・ゾゥは昨日書いたように5月1日から

     3日までの3連休。

     端午節ドゥァン・ウ・ジェは日本の端午の節句が旧暦ですので

     一月遅れでやってきて、大概、土日の休みを調整してくっつけて

     3連休に。

     中秋節ヂォン・チィゥ・ジェも調整はしますが、中秋の名月を

     愛でるこの日も、3連休。

      そのすぐ後ろに、

      国慶節グォ・チン・ジェがあります。

      中国のお誕生日は10月1日ですので、こっっからここは長い

     休みがとれまして、7日間、一週間の大型連休となります。

      これらが国民がお休みをとれる祝日。

     これ以外にも記念日は幾つかあって、

     3月8日は3・8婦女節 フゥ・ニィゥ・ジェ 婦人の日ですので、

      ご婦人のみが半日お休みとなります。

      国際ル童節アー・ル・トン・ジェ 6月1日

      中国共産党成立記念日ジェン・ダン・ジィ・ニィェン・リィ 7月1日

      中国人民解放軍建軍記念日 8月1日

      教師節ジィァォ・シィ・ジェ 先生の日 9月10日   

     などは対応する職業の人たちのみがお休みや活動の中心となる

     年齢別・職業別の記念の日があります。

     これとは別に更に

     少数民族の人たちの祝日、お祭りの日があります。

      那達墓ナァ・ダ・ムゥ モンゴル族の人たちの、

      撥水ボォ・スィ節 タイ族のひとたちの水かけまつり、

      歌節 グゥ・ジェ チワン族のひとたちの歌うおまつり、

     などなどが、あって、

     更に更に、祝日は違いますが、

     日本と同じように最近、西洋の風習がどっと入り込み、

     情人節チン・レン・ジェ バレンタインデーだの

     聖誕節 ション・タン・ジェ クリスマス だのが

     加わって、大変です。

     ということで、今日は祝日ではありますが、

     お仕事がお休み、という日ではないので、

     中国の人たちの黄金周ホァン・ジン・ゾォゥ ゴールデンウィーク

     も終わってしまいました。

    日本へ来る旅行者が激減して経済に大打撃を与えているようですが、

    上の説明で分るように次に狙えるのは、というか

    次に中国の人たちが大挙して国外へお出になるのは

    国慶節グォ・チン・ジェ、建国記念日を挟んでの10月の一週間

    のお休みがポイントとなります。

      ということは、ですよ、

      逆算してですね、福島のあの問題がこの夏頃には片付かないと

    またここを逃してしまうということですね。

      日本が安心だと、思ってもらうためにはもう日本もゴールデン

    ウィークが終わりますが、あと2ヶ月か3ヶ月です、

    2・3ヶ月と言わず、

    まぁ一日も早く片付いては欲しいのですが・・・。

|

« 黄金周ー中国のゴールデンウィーク | トップページ | 「超過装載量口巴!」-5月号ウェブ版「わたしの見た中国」更新 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国の祝日-中国的節日:

« 黄金周ー中国のゴールデンウィーク | トップページ | 「超過装載量口巴!」-5月号ウェブ版「わたしの見た中国」更新 »